« 海外厨が恥ずかしながら(円球日本代表戦のお話) | Main | »

2015.09.04

そして私はここで、負け試合やしょっぱい試合であれ、極力楽しんで観戦しようという努力は人を成長させるかもしれない、ということを主張したい。趣味は心を豊かにするためにあり、私は決して殺伐と誰かを罵るためにスポーツを見ているわけではないのです。(カンボジア戦は結局、横で観ている家族のウケを取ることに焦点をしぼった)

私も最近はPSGが安定しすぎていて、アイデンティティを取り戻すにはスパーズの試合が必要だ。

|

« 海外厨が恥ずかしながら(円球日本代表戦のお話) | Main | »