« nowplaying | Main | »

2015.08.07

どちらかというと私はアート・オリエンテッドな価値観の人間で、言い換えればそれは「無駄なことに命をかける」ということである。
「無駄」は見つけしだい徹底的に殲滅すべしという向きとは必ずしも見方は同じではないし、無駄を排するなら本来、切り分けるにはメスを扱うような繊細さ慎重さがあってしかるべきではないかと思う。自分に見えているものが世界のすべてではないから。


どこぞの国立スタジアムの建設案をめぐる騒動で、私が知りたかったのは「まともな」建築関係者その他の「多方面な」専門的意見であって、ろくな知識もないメディアの迎合的な煽り記事ではなかったのだけれど、現状もはや患部はぐちゃぐちゃの状態と言ってよさそう。
思い出すのはパリ市の新スタッド・ジャン=ブアン建設をめぐる、長いゴタゴタのことである。当時のスタッド・フランセ会長マックスがドラノエ前市長のオトモダチだったこともあり、建設計画は市の財政がどうこうよりもむしろ、分かりやすく政争の具になった感があった。

そんなこんなで、新ジャン=ブアンは当初の計画から1年ほど遅れて2013年に落成したのだけれど、外装を見て、「設計はあのマルセイユの活性炭の建築家かな」と思ったらそうだった。
Rudy Ricciotti は近年アルルの闘牛フェリアのアート・プロデュースを手がけたりして、私にはなじみ深い建築家。

外壁が繊維に覆われたかのような外観。規模が小さい(2万席)こともあるけれど、パルク・デ・プランスの隣に並び立ってもことさらに圧迫感を与えない、周辺に配慮したデザインになっており、ソーラーパネルや雨水の散水利用等々も含め、イマドキのエコとアーティスティックなデザインの融合が重要コンセプトになっているようだ。
(もちろん国を代表するような施設とは規模も性格も違うので、両者を比較するつもりはないですが)


新スタジアム効果なのかどうなのか、2014-15シーズンのTop14は、まさかのスタッド・フランセが8年ぶりの優勝を果たした。ラシン、トゥーロン、クレルモンというリッチクラブを破って。近年は若手を多く起用する方針のスタッド・フランセが結果を出したのは、悪くない話じゃなかろうか。
昨季はサッカーでPSGが国内3冠、ハンドボールでも優勝したそうで、パリのスポーツファンにはいいシーズンだったことと思われる。

Eqp

|

« nowplaying | Main | »