« | Main | 再掲(2004年5月) »

2015.03.16

折しもズラタンがリーグアンの審判の判定に不満をぶちまけたとのことで、私はまだ詳しい事情を知らないのだけど、まあ言いたくなる気持ちは分かる。でもそういうことをはっきり言っちゃうと、後々追い込まれることもある。まさにヴァヒドがそうだったみたいに。

2004-05シーズン半ばに立て続けに起こった、いわゆる「アンチ首都の笛」は、ハリルホジッチ解任に至る大きな要因の1つでもあったと思う。オセール戦、OM戦、ナント戦、リヨン戦、ニース戦…いくつもの不可解な退場やPKの判定が論争を引き起こし、選手達は「PSGは審判団から嫌われているのではないか?」と疑念を抱いた。リーグ戦の5試合中4試合で退場者を出すなんてマジで驚き。

|

« | Main | 再掲(2004年5月) »