« September 2014 | Main | November 2014 »

2014.10.29

ゲームは生き物ですね!(トッテナム×ニューカッスルのお話)

ポチェッティーノがチームのメンタルを嘆いているようだ。スパーズは監督選手は入れ替わっても、不変のチームカラーがあるよね…


ミッドウィークのヨーロッパリーグでラメラが挙げた、ゴラッソなラボーナの興奮いまだ冷めやらぬらしきホワイト・ハート・レーン。
前半は、実況中村アナの呑気なラボーナ蘊蓄に対し、解説戸田サンが「遊びの中からでしか産まれないプレーの1つですよね!」とキメを繰り出すなど、ホームのスパーズ余裕めの展開。1ー0とリードするけれど、私はというと、「選手達ひょっとして隙あらばラボーナとか余計なこと考えてないよね」というような、そこはかとないあやうさを感知していた。
フランス楕円ファンは、こういう試合の後半がどうなるかはうすうす予想がつくのだった。

案の定スパーズがハーフタイムを漫然と勝った気で過ごしている間に、新城は秘策を練っていた。不振で退任が噂され敵将ポチェッティーノから同情までされたらしいパーデューは、後半開始から一気に2枚替えを決断。直後、正確には7秒後、間隙を突きキックオフのボールをそのまま同点ゴールに結びつけたのは、交代したばかりのアメオビだった。
これでニューカッスルは完全に息を吹き返し、対するスパーズは焦りをつのらせる一方。ポチェッティーノはヨーロッパリーグの勝利の立役者ケインを投入するも実らず、試合は結局ニューカッスルのまさかの逆転勝利に終わった。

中継の締めくくりは、(前半終了時点で「ニューカッスルは0ー1ですんでよかったですよね」と余裕をぶちかましていた)戸田サンの、「勉強になります」の一言であった。
負けてなおかつ「いいネタ試合だった…」と思えるのは、スパーズさすがの風格(何の)というべきだろうか。

ところでスパーズの試合は、GKロリス君目線で見るとしみじみと味わいが深いよと、どうでもいい観戦アドバイスを1つ。まあスパーズのあのポジションは、変態かニヒリストでないと務まらない気がする。

|

2014.10.26

期待を裏切らない試合だwww

|

今節の円球ビッグカードの数々を差し置いて、
さあスパーズvsニューカッスルの時間ですよwww

|

2014.10.21

ところで昨今、SNSなどの普及で、ネットにあふれる膨大な分量の一個人の言葉…が可視化するものを見て分かったのは、「案外他人は読解してくれない」という容赦ない現実であります。

|

2014.10.20

PSAと代表スタッフが、テストマッチの最初の2試合の準備合宿に招集する30選手を発表したわけなんだけど、タレスの招集に批判的な楕円ファンの声が多い感じなのは気の毒ではある。何かのバランス感覚のようにベルナールも呼ばれているけど。
新人3人と前回の合宿にも呼ばれた外国人2人、あとの話題はメダールの復帰あたりだろうか。私個人はまあ、はなから期待してないんだから失望しようがないっていうか。外国人選手の話は面倒だからしまセン。

La liste des trente

Les avants (16) : Xavier Chiocci (Toulon), Alexandre Menini (Toulon), Guilhem Guirado (Toulon), Benjamin Kayser (Clermont), Uini Atonio (La Rochelle), Nicolas Mas (Montpellier), Alexandre Flanquart (Stade Français), Yoann Maestri (Toulouse), Pascal Papé (Stade Français), Romain Taofifenua (Toulon), Thierry Dusautoir (Toulouse), Bernard Leroux (Racing Metro), Yacouba Camara (Toulouse), Virgile Bruni (Toulon), Damien Chouly (Clermont), Charles Ollivon (Bayonne).

Les arrières (14) : Rory Kockott(Castres), Sébastien Tillous-Borde (Toulon), Camille Lopez (Clermont), Rémi Talès (Castres), Pierre Bernard (Bordeaux-Bègles), Mathieu Bastareaud (Toulon), Wesley Fofana (Clermont), Alexandre Dumoulin (Racing Metro), Maxime Mermoz (Toulon), Yoann Huget (Toulouse), Maxime Médard (Toulouse), Teddy Thomas (Racing Metro), Benjamin Fall (Montpellier), Brice Dulin (Racing Metro)

|

2014.10.15

久々の代表復帰かと思いきや、トラン=デュックが先週末のオヨナ戦ですねを骨折して(時を同じくして中央山塊ではパラもラ・ロシェル戦で怪我をしたというのは余談)、少なくとも3ヶ月の離脱…ということは、秋のテストマッチ棄権はもちろん、シックスネイションズ開幕までに完全復調できるかどうかも不確かな状況で、どこまでもツキがない。
すでにミシャラクが長期の負傷離脱中ということで、レキップはサイト利用者を対象に「11月のテストマッチでフランス代表の10番は誰?」というアンケートをしたらしいのだけど、その結果がそこそこ興味深いのだった。↓

So

35%が現クレルモンのカミーユ・ロペズ(2キャップ)を待望している。彼はもともと先日の代表合宿に呼ばれた3人のSOの1人だった。次いで目下ホームで絶好調ボルドー=ベグル(3位)から、ノンキャップのピエール・ベルナールと、クラブを変えて心機一転のボクシスが評価されているみたいだ。
私は「ロペズ君出しちゃったらもう切るカードがないんじゃないの」なんて思っていたのだけど、そこでダークホース、ベルナール。もちろん彼がよりハイレベルのチームで同じようなパフォーマンスができるのか?という疑問は伴うにせよ。
夏のテストマッチの時点でPSAの構想の一番手だったタレスを予想する票は7%にとどまった。

プリソンはスタッド・フランセでのいいパフォーマンスにもかかわらず、この重要なポジションを務めるには「テンダーすぎる」ということで、今のところPSAの構想からは外れているらしい。
Bジェームス招集については過去たびたび話題に上り、実際彼は招集の可能性がある外国人選手のリストの中にいるけれど、ここに挙ったフランス人候補の前では難しいのではないかと見られている。他の6人全員が撃沈といった事態にでもならなければ…(しかし「ないことじゃないかも」と思ってしまう代表の今)

移籍で心機一転というと、グルノーブルに移ったヴィズネスキもいる。彼は噂には上れどなかなか招集されず、ようようチャンスが巡ってきたと思ったら怪我といった調子で、長らく代表の話題からは遠ざかっている。というか、代表と彼の関係や報道には、なんとなくだけれど、ちょっと妙な感じがつきまとっているような気がしていた。

|

2014.10.07

まあスタッド・フランセカレンダー表紙のパラを横目で見ながらですね。
私ももういいかげんオッパイとかケツとか言ってていい歳ではないので分別を持って自重しようと思ったら、案外書くことがなかったという当ブログの現在なわけですが。

|

2014.10.02

UEFAチャンピオンズリーグPSG×バルセロナ。バルセロナの胸のスポンサーロゴも含め、とりあえずパルク・デ・プランスはとってもカタール的空間だった。

アルジャジーラ系列のbeIN Sportsはラグビー放映にも進出しつつあるけど、昨今のTop14の状況だと、名門クラブがQIAあたりにお買い上げされちゃうなんてことも遠からずほんとに起こりそうな…
(まあかつてカナルプリュスからPSGに出向してきた会長が無能すぎたから余計に、ということもあるのだけれど、)ケライフィらカタール人の幹部は経営において、予想したよりも洗練されていたと思う。そしてさしあたりFFPは遵守しているみたいだ。

|

« September 2014 | Main | November 2014 »