« July 2014 | Main | September 2014 »

2014.08.29

nowplaying

Deerhunter - Memory Boy
http://www.youtube.com/watch?v=uwtDm06jRs4

_| ̄|○ ...

|

_| ̄|○ ラビオ君…

|

2014.08.18

数多ある言語表現の可能性の中で、なぜよりによってその言葉を選択してしまったのだろう、と思わせるような酷い言説はある。それは確信的ケースを除けば心性によるところが大であるだろうとしても、単に言葉の感覚が極端に繊細でないか語彙の問題であるケースが、実は少なくない気がする。

|

2014.08.17

ポチェッティーノ、スパーズ監督として今季開幕戦初勝利おめでとう。彼は現役時代プレミアリーグでプレーしたことはなかったと思うし、サウサンプトンとは勝手も違うだろうけど、彼自身に限ればあまり心配はしてない。選手時代(パリで主将だったんすよ)も読みに優れたインテリジェントなCBだった。

ポチェッティーノと英国のエピソードというと、最初に頭に浮かぶのは2002年W杯のイングランド×アルゼンチンのことで、彼はエリア内でオーウェンを倒した(?)という判定でPKを取られたのだけど、結果この0–1の敗戦が大きく響き、まさかのグループリーグ敗退。彼がブルゴスに抱き抱えられるようにして顔を覆いグラウンドを去る姿をまだ覚えてる。彼にはあそこで成功してほしいのよね。

Im

そもそもプレミアを見始めたのはジノラがプレーしていたからで、それでスパーズやニューカッスルといったクラブにはいまだに親しみがある。ほぼその頃ウェストハムではディカニオが君臨し、そして今思えば当時のハマーズは、その後ビッグクラブで英代表にまで上りつめる綺羅星のごとき若手が揃ってた。なんだかんだで尊敬を受けるのは、育成をちゃんとやってるクラブだと思いますね私は。

|

2014.08.03

7月16日のエントリをまだ引っぱっていますが

アルゼンチンDFのあの手この手というと、たとえばセットプレーのどさくさに相手選手の股間を握るとか、実に多彩な手口があるようですが詳しくは知りません。まあえぐいんですけど、落としどころはちゃんと分かってる感じなのはやはり南米と言えましょうか。

さてここで、周到な挑発かそれとも趣味と実益か、元ニースのアルゼンチン人DFがスウェーデンのカンフーマスター相手に、パルク・デ・プランスを一気にハッテン場化した2012-13リーグアンを振り返ってみましょう。ラプラタを挟んだお隣の国のエースにはぜひ今後の参考にしていただきたいところですが(黄紙程度ですむので)、世間的にはこっちの方が、違う方向でさらに騒然となりそうな気もします。

Le bisou de Civelli à Zlatan Ibrahimovic ! / 2012-13(リーグアン公式)
http://www.youtube.com/watch?v=Z7YO9oIynyk

|

2014.08.01

nowplaying

B.Fleischmann: I'm Not Ready For The Grave Yet
http://vimeo.com/50135926

Bflei_2

|

« July 2014 | Main | September 2014 »