« | Main | 豪仏夏テストの話(2) »

2014.06.08

豪仏夏テストの話(1)

フランスがかろうじて対抗していたとおぼしき最初の15分間をまるまる見逃して、後半のカタストロフしか目にしていない、ということを前置きしてからの話になるんですが、
私のような素人には正直、ゲームをどう組み立てたいのかのイメージさえつかめなかった。蹴れるということでミシャラクを31人のリストに入れたわりには、戦術的キックを効果的に使うわけでもないし…

パラのトライは私の目にもボールがラインを越えてるようには見えなかったけど、それがはたしてレフ陣の憐憫思いやり半分と受け止めていいものかどうかは見方の分かれそうなところ。
というのは、最後の2トライがなければもうちょっと効率的にPSAを追いこめたかも、と悔やむフランスのファンが…必ずしも少なくなさそうな感じなので。

試合後のPSAのコメント。「いいレッスンでした。何も言うことはありません」。ちょっと待ってワールドカップは来年、というのはひとまずおいて、
まあ、チームにはTop14のレギュラーシーズン終了時点からプレーしてない選手もいれば、先週決勝を戦ったばかりの選手もいて、コンディションがまちまちなのは本当。代表監督によれば、これはファイナリストや怪我人を考慮した上で現時点最良のコンポジションであり、来週にはいくつか変更があるだろう。それはまあそうでしょう、けれども、いやそもそも…

|

« | Main | 豪仏夏テストの話(2) »