« June 2013 | Main | August 2013 »

2013.07.26

【自転車】

この100回記念節目のツール・ド・フランスで、個人的に最も印象深かったのは、風の中の第13ステージ。
もしかしたらあまり「モダンな」レースではないのかもしれない…自然現象とアクシデントとそれぞれのチーム・選手の思惑がレースの管理を凌駕した、スリリングでスペクタクルなステージだったように思う。

まず残り110キロほどの地点で、横風の吹きつける中を一気にスピードアップしたOPQSと、なんとなく利害が一致したベルキンの引きが、プロトンをずたずたに分断した。
さらに残り30キロで、今度はコンタドール擁するサクソ・ティンコフが突如リスク覚悟の猛アタックを仕掛けた。

ことの急展開に、無線に向かって叫び続けるマイヨジョーヌの姿はみるみる後方に遠ざかった。
一瞬の判断で、このハイスピードの逃げ集団に乗ったOPQSは3人。TT得意のシャヴァネルがエーススプリンターを引っぱり、テルプストラがサガンのキャノンデールに牽制をかけた。仕上げにカヴは、この豪華なケーキのてっぺんに赤い敢闘のサクランボをのせた。

サクソ・ティンコフのアタックの瞬間、逃げる選手達の後ろに、ちぎられかけたカヴを引っぱり上げてまた戻っていくクヴィアトコウスキーの白いマイヨが見えた。
もしかすると私は、カヴがシャンゼリゼの連勝を逃したことより、アシスト陣の努力が報われなかったことに胸が痛んだかも。大会の間、ゴールスプリントのために自分の貴重なチャンスを犠牲にしたかもしれない選手達。


その日のSport24のテキストライブは、「チームメイトのシャヴァネルの働きをたたえるカヴェンディッシュの、このイメージでお別れです」、と記して画像を掲載し、実況を締めくくった。
その写真。

Chavacav1

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【自転車】

(前の続きね)

だからレポートには陽性反応の選手のリストが直接でーんと載ってるのではなくて、参考資料の検査結果と採取記録のサンプル番号をつきあわせないと、名前は特定できないんじゃないかな。よく分からないけれど。そういえば公開の日、各紙速報がもたついてるなぁとは思った。サンプル採取記録はスポーツ相の協力で、上院議員達が今回新たに入手したものだという。
委員会側は一応、このレポートは自転車競技だけに的を絞ったものではなく、名前の挙がった選手達には何らの処罰のリスクもないことを強調してはいる。まあ丸投げとも言…


陽性反応の1人ジャッキー・デュランは、「自分のしたことを引き受ける」と言ってドーピングの事実を認めた。彼はユーロスポーツの解説をやっているのね。ドーピングの話題に言及せざるをえないことも多々あっただろうし、彼は「いずれにせよ誰もだまされていないと思う」とは言っているけど、まあ普通の感覚の人なら、追い込まれそうな状況じゃないのかな。
彼は多くを失っただろうけど、もしかしたらある意味で重荷を下ろすことができたかも…

デュランは今は自分のことでなく、若い世代のことを考えていると話した。ピノやバルデといった若手達のこと。自分達の世代が愚行を犯したという口実で彼らを悪く言ってほしくない、とデュランは言う。
「ニュー・ジェネレーションが我々の過去の愚行の代償を払うことになってはならない。我々のスポーツは今ではずっとクリーンになった。私は人々にそれを理解してもらいたい」

Sans surprise. 今回の公開に対するリアクションはおおむねそんな感じだった。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

【自転車】

水曜に公開された元老院ドーピング対策調査委員会のレポートは、内容自体は“ドーピング対策をよりよくするための60の提言”といったもののよう。対象は全主要スポーツ。

そして例の1998・1999年ツールに出場したEPO陽性反応の選手名というのは、実際は長大なレポートの本文の一部でさえなくて、付録の参考資料として別に掲載されたもの。
2000年に導入されたEPO検査法を用いた2004・2005年の再分析結果(匿名)のようだけど、それと一緒にサンプル採取の記録(そこに選手名も記載されている)をコピーした画像が、そのまま載せてあるみたい。

ジャーナリズムの関心がこの一点に集中したのは当然とはいえ、少なくとも私がこの参考資料にたどりつくまでに、元老院公式サイトのpdfを開く時間も含めて(くっそ重かった…)1時間近くかかったのはホント。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.07.25

【自転車】 だがそこがいい

まあOPQS列車が早漏気味だということは否定しない。でも私がよりによってOPQSに完璧最強トレインとかそういうものを期待しているかというと、そうでもない気がする…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.07.24

【自転車】

今回が自転車ロードレース最大の大会の、節目になる回だったのは偶然なのかどうか…また1つのサイクルの始まりを印象づけるような、100回記念のツール・ド・フランスだった。
何かもう、ほとんど「過去のことは過去のこと!!」とぶっちぎろうとする勢いで。


シャンゼリゼで連勝を逃したカヴはというと、「普通1,500ワットでスプリントしたら勝てるんだけど、マルセル(キッテル)はもっと速かったんだよー」、と笑顔で取材に答えたそうだ。
彼とキッテルは関係良好のようで、お互いすごくリスペクトしあってるよ、とキッテルは言ってる。いやシャレじゃない。カヴは最終ステージの朝、キッテルのところにグッドラックを言いに行ったりしたらしい。

ジロの疲労も敗因なんじゃない?とも訊かれたようで、
「かもね。でもマリア・ロッソが取れたから。1人の選手が毎回4、5ステージ勝てるなんて考えるのは、ツールに対して失礼だよ」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.07.22

【自転車】 もう1つの超級ステージ

アルプス連戦の間、ほとんど最初(シャヴァネルの逃げ確認)と最後(グルペット安否情報)しかちゃんと見てなかった…

山岳ステージ好きとスプリントステージ好きは、同じレースを見ているようで、実際は少しずつ違うレースが見えてるんじゃないかという気がする。私はスプリント好きだけど、ラグビーで言うならFW戦みたいなものかな、自分にとっては。ちょっと違うか。
ともかく選手インタビューをいくつか読んで了解したのは、スプリントとは殺し合いだということだね…

Im

超級2つを含む5つの山岳を登って降りてまた登る、長く厳しい第19ステージをグルペットがどう切り抜けたか…というのが、レキップのなかなかドラマティックな記事になっていた。

メイン集団はとっくに通過した、マドレーヌ峠の登り口手前。もう上空を飛ぶヘリの音も聞こえず、パラソルやアイスボックスを片付けて「まだ選手は残ってると思う?」などと言い交わす観客達の前に、ヨロヨロと近づいて来た最後尾の選手の影。(フィーラースである)
観客から憐憫の「ブラーヴォ」(熱烈な「アレ」ではなく)の声を送られながら、歯を食いしばって棄権選手収容車の前を進むフィーラース、この日1人目のリタイア。
(実際はフィーラースの前に、ガーミンのバウアーがその前の下りで落車して棄権してるみたいだけれど)

ドゥムランによれば、こういった過酷な山岳ステージでは、ついには1人ぼっちになるという強迫観念に襲われるらしい。
遅れた選手達が登りで信頼を寄せるのはもちろん、手厚くアシストされたスプリンター達。カヴやグライペル、キッテルを探し、そこにびみょんな連帯と独自ルールが形成される。役員達が目を離すや車の後ろに付き、何メートルか尻を押してくれるかもしれない観客を待ちわび…
しかしこの日は、なかなかグルペットが形成されなかった。

すでにグランドンの下りで落車したランタン・ルージュ、スヴェイン・タフトは、最高時速90キロで狂人のようにマドレーヌ峠を駆け下り、その姿はいっとき後ろに付いていたファン・ホセ・ロバトを戦慄させたという。タフトはカーブにさしかかり、地面に倒れて鎖骨骨折の痛みに身をよじるシーベルグの脇すれすれを通過した時も、ほとんどスピードを落とさなかった。
下りで猛烈に巻きを入れた後、アルベールヴィルが近づくにつれ、選手達はまたスプリントチームの周りに集まった。アルゴ船に同乗したコフィディスのクライマー、ルメヴェルは、しかしタミエ峠の手前で力尽きた。

この日、メイン集団の戦いから落ちてきてグルペットの面々と走っていたらしい孤高のエース、エヴァンスは、山岳遭難者達のひとときの協調の中で何を思っただろう。
グルペットがどうにかこうにかル・グラン・ボルナンに到着したのは、優勝したコスタのゴールの35分24秒後のことだったそうだ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.07.20

まあほんとのところ、このブログは人名の読みに関して相当いいかげんです。そもそも現地からしてテキトーだもの。
PSGにはかつてドイツ系アルゼンチン人という最高難度の選手がいたけど、カナルプリュスの中継も実況解説が変わるたびに発音が変わった。ドイツ語読み、フランス語読み…
母国ではどう呼ばれてるのか確認したら、どう聞いても、基本スペイン語では発音しないhが聞こえるよーな…。この時点でどうでもよくなった。

コミュニケーションツールとしての言語には、ある程度ハンドルの遊びのような部分が必要だと思ってる。冗談抜きで言えば、きんたなさんを英語読みでも、そういう選択ならそれでいけばいいんじゃないかと思うけど、これってミョーに意識してかえって意識させちゃうケースじゃないかなあという気もしまス(´▽`)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プロトンのケツが帰ってこないままに、レキップのテキストライブが「また明日!」になってしまった件(;´д`)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.07.19

そして私は来るべき放送事故に備えようと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

(;`皿´)ぐだぐだ言っとらんでおとこらしく「きんたな」と言え!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.07.16

【音楽】 提供:農協 (Sufjan Stevens)

Suf1307_2For The Widows In Paradise, For The Fatherless In Ypsilanti
(YouTube)

http://www.youtube.com/watch?v=d4tkiGvV_ek


ツールを見てるうちに、なぜか無性に見たくなったビデオがこれだった。スフィアンまさかの農場弾き語りライブ。特に深い意味はないです。念のために書いとくけれど、これコスプレなので…いやたぶん。

スフィアンのアルバムで一番好きな『ミシガン』収録。かけがえのない存在をなくした人たちに語りかける感動的な曲です。
かける言葉があるなら、できることがあるなら、君のためになんでもするよ、なんだってするから…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もちろんアンチ英国というのは、単純にフランス勢が大不振だからということだけじゃなくて、スポーツに関する両国の考え方の根本的な違いですわね。管理、規律、スペクタクル、プラグマティスム、人間性、最先端科学…
まあスカイもちょっと挑発的なことやりすぎたよね…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【自転車】 ツール・ド・フランス2週め

しかしシャヴァネルがカヴを引いてるなんて極楽特急的状況(個人的に)は、少し前までこんなものが見られるとは思ってなかったです。
自由人シャヴァネルの新境地というか、第13ステージでは、TTTのスピードで逃げるサクソ・ティンコフにかじりついたカヴを引き連れて(脳内BGM矢切の渡し)、リードアウトはさながら花道。ゴールに突っ走るカヴの背に「行けーッ!」とばかり手を振り上げる姿に、ほんの一瞬だけ「あのまま行ってもよかったのよ」と思ったのは本当。

その2日後の革命記念日のステージで、シャヴァネル含む逃げ集団のフランス人達は、自分達が逃げ切れないことは分かっていたそうだ。同国人の山岳賞を逃がし損ねたユーロップカーなどが代わる代わる引っぱるメイン集団に猛追され、彼らはついに6分以上の差をつけることができなかったから。
モン・ヴァントゥのふもとでタイム差は2分足らず。シャヴァネルは少なくとも7、8分のリードを必要としていたけれど、それでも単騎飛び出して伝説の山を登り始めた。

…もっともステージのその後の展開を見れば、逃げの選手達にはどのみち一縷の望みもなかった。
シャヴァネルはゴール後、優勝したフルームに「もっとゆっくり登ってくれたらよかったのに」と冗談を言ったそうだけど…そのフルームの圧倒的走りをまた目の当たりにした後で、ジャーナリスト達はもはや、マイヨジョーヌと英国のチームへの「疑い」をオブラートに包もうともしない。
休養日の会見で質問され、フルームは「ランス・アームストロングはいんちきをしたが、私はしていない」と答えた。

Im

もちろん具体的証拠など示されていない、ふくれ上がるばかりのドーピング疑惑報道の裏には、ここ2シーズンほどのスカイ無双に対するアンチ英国的空気も多少は影響しているのかもしれない。あの両国のやり合いはどっちもどっちではあるけど、第10ステージのフィーラース落車の一件で、カヴがメディアによる吊るし上げムードのあおりをまともにくらった面もなくはなさそうな…
だから、OPQSがカヴと「僕のフランスのチームメイト」との連帯を示そうとしたのには一定の意味があったんじゃないかな。チームにとってもツールにとっても。


もう過ぎたこととはいえ、第11ステージの個人TTまで話を戻すと…コース上でカヴが観客からおしっこかけられた話を真っ先に伝えたのは、ピノーのツィートだった。
「俺のアミ、マーク・カヴェンディッシュから、彼がコースの間中野次られて小便までかけられたと聞いた時は、俺は恥ずかしかった!! 言語道断だ!!」

ルフェーブル氏は、当事者間では解決したことだと主張した。
「マークはコース上で野次られ口笛を吹かれ、ある観客は彼に小便をかけた。私は見ていなかったが、彼のマイヨのにおいをかいだだけで十分だった。みんなマークが怒っていると考えたかもしれないが、彼はむしろ落ち込んでいた。彼はそんなことは予期していなかったんだ。
我々は昨日の出来事は済んだことだと思っていた。マークはツィッターや、彼が謝れるところならどこでも謝った。アルゴスではキッテルとフィーラースもその件は終ったと言った。もし必要なら明日、彼とフィーラースの握手の場を設けてもいい。私はマークを取り巻くこれほどの騒動は理解できない」

TTを最速タイムで走り終えたばかりのトニー・マルティンも、「解決すべきことがあるならマークとフィーラース間でやることであって、部外者が干渉することじゃない」と言い、起きたことについて「信じられなかった。僕にとってそれは自転車のファンじゃない。これが単独の行為で、また同じことが起きなければいいんだけど」、と状況を憂えた。(彼の前で妙なことすると逮捕されるゾ)

自転車競技には選手と観客の距離の近さ、すぐ目の前を通過する選手達を応援する美しい沿道の文化があるはずだった。
100回記念、少なくともそれはメディア(と山頂の客)にとっては祭りの最高潮…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.07.15

サガン君は勝新だよねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【自転車】 Il me dit toujours "Sois calme et ..."

第14ステージでツール初優勝したOPQSのマッテオ・トレンティン君。カヴやボーネン、TTスペシャリストのトニー・マルティンらの傍らで、「僕にはまだまだ学ぶべきことがある」という23歳。


「ルームメイトとしては、マーク(カヴェンディッシュ)はすごく気さくでいつも陽気な人。もちろん問題もあるかもしれないけど、彼は夕飯食ったら全部忘れる。笑顔に戻って、他のことに移る。
コースでは、僕はいつもマークのスプリントをアシストしてる。彼はいつも僕にこう言ってるんだ。“落ち着いて、いい時を待て”って。
それが今日僕のやったこと。僕はその瞬間を待った。風はロングスプリントには強すぎると思った。僕にとって最適な距離は200m。200メートルの標識が見えた時、スプリントを開始した。僕が今日、他の選手に差をつけたのはそこなんだ」
(レキップ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.07.14

クイックステップってあんないちゃいちゃチームだったっけ。
トレンティン君はカヴのルームメイトらしいけど、まあ反面教師としても最高かもしれん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.07.13

【自転車、ラグビー】

長きにわたるランス・アームストロングとのバトルに勝利したフランスの自転車ジャーナリズムが、現在万能感に酔いしれているところなのかどうかは知らないけど、まあ、新ターゲットであるらしいマイヨジョーヌ(英)に対する物言いは、いくらなんでもちょっと行き過ぎ。もしも彼らが何らかの情報をつかんでいるかもしれないとしても。

もちろんここ最近、仏スポーツ界のドーピングに関する状況はナーバスだった。
例の元老院ドーピング対策調査委員会のレポートが24日に出るみたいだけど、これには1998年ツール・ド・フランス間の陽性反応の選手名を含むリストが載ってるという話なのかな…
委員会は当初18日、つまり伝説のラルプ・デュエズのステージの日に発表する予定だったのが、最終的に要望を受け入れて、ツール閉幕後の24日に延期になったというような。


楕円の方では、もう5月末の話になるけど、ベネゼクが調査委員会に呼ばれて、わりとすごいことも言ってたんだけど、私はそれほどの騒動にはならないんじゃないかと思った。というのは、誰しも薮蛇ということを知っているから。
一方、選手組合は結局ベネゼクを名誉毀損で訴えた。ランスが告発者達を黙らせてきたやり方で…


(レースの間に書きあがったものなので、今日この日をこんな感じの悪いエントリで終えなければならないのが残念です)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カヴはいいとしてシャヴァネルの引きにきゅんきゅん来て死にそう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.07.12

【自転車】 マン島の遺伝子

ところで昨日の中継の時、上りでのどをゴロゴロいわせながらちぎれていくカヴの話を聞いた時には「猫みたいだ」と思ったものだけど、有名なマン島のしっぽ無し猫マンクスは、前足より後足が発達して長いため、お尻が持ち上がった独特の体つきをしているのがカヴの前傾フォームに似てる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【自転車】

実際カヴがおしっこかけられた件は、ネタ話どころじゃなく警備上の結構な問題を生じたんじゃないかろうか。レキップだったか、たしかツール開幕の直前くらいに、ボストンマラソン爆発事件の写真を一面に大きく掲載してたのを見かけたけれど、ピリピリした背景はあるんだろうね。

第1ステージ@コルシカのゴール付近は、まあ、遅れて来たバスの誘導どころじゃなかったのかもしれない。運営批判は簡単なのだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【自転車】 フランス人

https://www.youtube.com/watch?v=lDQ4bv4pJlI

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【音楽】

Lloyd Cole - Period Piece (YouTube)

ここ最近のヘビーローテーションは、「フレッド・マー(ドラマー)の参加作品を一から聴き直す」というすさまじくニッチなものだった。NYゴング、マテリアル、マサカーからルー・リード、スクリッティ・ポリッティを経てマシュー・スウィート、etc.

今はそのマーも参加したらしいロイド・コールの新作を待ってる。若かりし日のロイドさんがバンドを解散して単身NYに渡った後、彼と組んでアルバムを作っていたのよね。ただひとつ、ここにロバート・クワインがいないことが悲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.07.10

【自転車】 C'est normal

調子の良くない時のカヴは無理をすることがあるから、昨日のステージはちょっと気がかりだったのよね。自分もなんでこう心配の絶えない選手ばっかり好きになるのか、とは常々思っている。
まあそれでも少しは庇っとこう…


ゴール前のカヴとVeelersの接触、Veelersの落車のシーンは、さあ論争しろというように何度もリプレイされたけれど、結局カヴにおとがめはなかった。
空撮の映像を検討したTDFコースディレクターのJFペシューは、カヴェンディッシュに落車の責任はなく、むしろそもそもの原因を作ったのはVeelersだと判断した。

ショーン・ケリーもカヴに擁護的だった。誰かが自分のコースに入ってくれば軽く肩をぶつけるのは普通の反応だ、とコメントしたらしい。
JFベルナールが言っているのも同じことだと思う。つまり、Veelersは速度を落としすぎたし、カヴのコースにかぶさるように2度軌道を変えた。ベルナールの考えでは、ゴール前フルスピードのカヴは咄嗟に肩をぶつけたようだし、それは普通の反応だと。
カヴェンディッシュに罪はない…ベルナールはレキップでそう分析している。

Veelersがスピードを落とし、振り返りながらいったんセンターラインの左側にそれて、それからまた右側に戻ったところ、彼の脇を追い抜いて左コーナーに入ろうとしたカヴの進路とがっつり重なった感じなのでしょうかね。カヴは行こうとしていた進路は変えてないんじゃないかな…

優勝したキッテルは、カヴェンディッシュの行為は故意とは思えないし、こういったちょっとクレイジーなレースの状況下では起こりうる事故だ、と言った。
そしてとりあえず私の中では、差し当たってのライバルの1人(だいぶんポイント差は開いたものの)を、「スプリントでは普通のこと、それだけ」とクールに擁護したサガン君の株が再び上昇している。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.07.09

【自転車】 おーい!!!

Cav13b

第6ステージ。ゴールまで35kmの付近で、落車したカヴに気づかず通過しようとするOPQSのチームカー…をとらえた1枚らしい。これはまあキレるだろうねー。

ゴール後、カヴの八つ当たり(?)の対象はもっぱら彼の自転車だったようで、このファッキンバイクじゃ全然うまくいかない!等の激怒のコメントが聞かれたそうだ。彼の疳の虫…もといアドレナリン値が下がるまでやりすごすべし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.07.08

【自転車】 アシストの矜持

ジェローム・ピノーが第5ステージの前に、正確にはどういうニュアンスの言い方をしたのかは知らない。まあ、プランは状況に応じて変化するだろうし、そもそも私は、レースや試合は牽制また牽制の情報戦をも楽しむものじゃないかと思ってるんだけど。

ピノーさんのインタビューを載せておきたい。プロフェッショナルに敬意を表して。どうも彼がかつてのアイゼル役っぽいのね。

Im

「俺の役割は、毎日ツールの間ずっとマーク(カヴェンディッシュ)についていること。それは難しい日にはより重要だ。たとえTVには映ってなくても。
俺は彼のばあやじゃない。チームメイト、グレガリオだ。ちょっと古風な言い方をすればね。俺は彼の要求に応える。自転車に乗ってる時は、俺は彼に仕えてる。降りた後であいつの下着の洗濯はしないけどね!

マークは自分のそばに俺がいるのはツイてる、って分かってる。俺はというと、彼のそばにいるのはとてつもないチャンスだ。
今シーズンは毎ステージ、俺には目標がある。逃げに賭けたりはしない。毎ステージ明確な役割がある。

チームの中で、俺は最初に仕事を始める。他のチームと一緒に逃げをコントロールするために、真っ先に走る。そしてスプリントステージでは追走を組織する。トレインはもう組み上がっていても、細かい調整をしなければならない。
俺は自転車上でスポーツディレクター役もする。山岳ではマークにつきっきりで、彼を待たなければならないだろう。ジロの時みたいにね。俺は下りが得意で、やつは俺を信頼してる。
俺達は彼が100%でスプリントするために、できるだけ消耗しないよう大グルペットを作ろうと努めてる。

もちろん、自転車に乗ってる彼はたいしたやつだ。勝つためには人殺しにならなきゃいけない。あいつは走ってる時には君をクサらせるかもしれないし、それから君の部屋に冗談を言いに来るかもしれない。すごくいいギャルソンだよ。俺はチャンピオンを知った。どえらいやつだということが分かった。
俺達が彼のために200%で働くのは、あいつがいいやつだからさ。俺達は合わないやつとはいい働きができない。

彼は感謝を忘れない人間だ。彼は仕事をした俺達に感謝して、俺達の距離は近づく。ゴールで彼が見せる喜びはお芝居なんかじゃない。心底喜んでいるんだ。俺達の気持ちが離れている時は、もうそんなことはできない。
俺達は、最後にダニエル・マンジャスが“カヴェンディッシュ、勝利”をアナウンスするだろうってことが分かってる。偉大なチャンピオンさ」
(レキップ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.07.06

コロンビア人でしょ。なんでわざわざ「クインターナ」なんだろ(すっとぼけ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

よりによってきんたなさんが逃げてしまったか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2013.07.05

【自転車】 ちょっと書いておきたいこと

ツールの中継では、時々カヴとOPQSのチームメイトの関係が話題に上るけれど…
まあ確かにカヴははっきり要求を伝えるタイプではあるらしい。でも彼はチームメイトに対して、本当に無防備に弱さをさらしもするって話をピノーさんがしてますね。

第5ステージの朝、チームバスでミーティングしている時、コンディションが整わないカヴはすっかり自信喪失していて、「俺を引かなくていいよ」なんてことまで言ったと。
で、レースの間ピノーはカヴを「頑張れよ、グライペルも調子よくねぇぞ!」とはげまして、その結果があの勝利。

あいつはスプリントでは自信満々だけど、みんなと同じように迷いの時を経験しているんだ…ピノーはそんな話をしてた。
カヴがまだHTCにいた頃、一度フランス人選手達から態度がアンチフランス的だと批判されて、ピノーは「カヴェンディッシュがフランス人を好きじゃないのは確実」なんて発言したこともあった。だから私はそのへんをちょっと心配してたんだけど、今は誤解が解けたみたいではある。
「俺たちがあいつのために200%で働くのは、あいつがいいヤツだからさ」、とピノーさん。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2013 | Main | August 2013 »