« 【ラグビー】 | Main | 【音楽】 景気づけ! »

2013.04.24

【ラグビー】

興が乗ったので、ついでにエリ父のフィガロのやつもやっつけとこうと思う。内容には責任持てない。
私は彼が日本代表監督時代にどんな感じだったのかは知らないんだけど、まあ、安定のJPEですよね。何かにつけて「ジャン=ピエールの息子」と形容されてしまうジャン=バ・エリサルドは大変だろうなあと思う。

Im

「なぜ今打ち明けたか?私のFBのアカウントに短い記事を書いて、そこから始まった。ドーピングが話題になっていたから、偽善は止めるべきだと言った。若い頃、いくつかのチームのパフォーマンスには驚いたものだ…。それらのチームはひどく興奮しているように見えたが、それはアンフェタミンだった。筋骨隆々の南アフリカ人には驚いたよ。
私は現役時代に500試合でプレーして、2度アンフェタミンを服用した。たいしたことない試合のためにね。一度はひどいアンギーナにかかっていたから。もう一度は試合の前にあまり調子がよくなかった。我々は残留を祝ったところだったから。

70年代と80年代には、みんながそれをやっていた。要するに、スポーツ界はアンフェタミン漬けだったのさ!当時はよく出回っていたんだ。私は体調が悪かったので、それを与えられた。本当だとも、すごくエキサイトしたよ。10錠のシートをもらって、2錠を飲んで、残りはゴミ箱に捨てた。私のスタッド・ロシェレでの教育は、私にこの種のいかさまを止めさせた。
今私は、私の世代の人々にとって、アンフェタミンはありふれたものだったと確信している。それは彼らの問題だ。もし彼らが「カミングアウト」したければ、彼らはそうするだろう。言いたくなければ黙っているだろう。
私は1000試合をコーチして、それから、選手に「そいつをやれ!」とは一度も言わなかった。私はちょっと、街角の食品店でレモンを2つ盗んだくらいの話をしているような気がする…

プロ化以前のラグビーのイメージを傷つけないかって?サッカー、ラグビー、ハンド、バスケ、柔道のタイトルのすべてがクリーンな人々によって勝ち取られたのかね?そうは言わないだろう。今はレジオンドヌール受章者もいるかもしれない。あるいはスポーツ相だったり、大きな町の市長だったり、ラグビー選手組合の会長だったり…私には分からんがね。
セルジュ・シモンは17歳でアンフェタミンを使ったと言った。問題は2つある。自らそれを取るのか?それとも誰かから与えられるのか?前者ならそれは個人の選択だ。後者ならそれはまた違う…」

|

« 【ラグビー】 | Main | 【音楽】 景気づけ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/57226829

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】:

« 【ラグビー】 | Main | 【音楽】 景気づけ! »