« 【音楽】 0.5 Orcas | Main | 【ラグビー】 中の人などいない »

2012.11.01

【音楽、世のなか】 ダークネス

「俺達暗いよな」というイリサリの見方に対してトムさんが言ってるのは、音楽は自分にとってのカタルシスで、悲しい歌を書いた後は本当にハッピーになる(自分はむしろオプティミストだよ)ってこと。
トムさんが抵抗を試みる一方イリサリは、誰しもダークサイドがあるしそれは悪い意味じゃない。単に”自分が何者か”ということさ…と言ってちょっと双方の論旨の食い違いを修正するんだけど、もちろん本来、自分の存在や生を真剣に見つめることが陽気な行為であるはずない。

話はそれるけれど、この国のバブルの狂騒を支配したのは実は好景気のお祭り気分ではなくて、個々の考える行為を根が暗いとかノリが悪いといった言葉で抑圧した、ある種極度に強迫的な空気だったのではないかという気もするのね。
日本人をコントロールするには、実際有効な方法。それは戦後の資本主義の最もシンプルなプロパガンダだった…つまり、幸福という名の「恐怖」のイメージ。

|

« 【音楽】 0.5 Orcas | Main | 【ラグビー】 中の人などいない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/56017522

Listed below are links to weblogs that reference 【音楽、世のなか】 ダークネス:

« 【音楽】 0.5 Orcas | Main | 【ラグビー】 中の人などいない »