« @ロッカールーム | Main | 【ラグビー】 斜め読みまことにすまんです »

2012.04.29

【ラグビー】 9番は負けず嫌い

Hcupparra_2(スュッド・ウエストの。試合見ながら読んだのでいいかげんです)

Q: モルガン・パラ、あなたはASM会長と同じように、クレルモンが欧州と国内のダブルを達成できると思う?

「僕達は今1つのことしか頭にない。両方に勝つこと。それがすごく難しいのは確か。僕達の前にはたくさんの障害があるし、試合が終わるたび見直しをしなければならない。でも、僕達にはそれができるチームがある。タイトルなしで終わったらがっかりだろう。受け入れる覚悟をしないとね。でも僕達はダブルを実現するために何でもするよ」


Q: あなたのブルゴワンでの最後の試合は、2009年チャレンジカップ決勝のノーサンプトン戦でしたね。チームは負けて、あなたは怪我で交代した。欧州に対して復讐心はある?

「(笑)いや、復讐なんて考えてないよ!そもそも別のコンペティションだし。ハイネケンカップはもっと上のレベルだ。僕はただ、この試合に勝ちたいというだけ。すごい経験だし、そう毎年こんなチャンスがあるわけじゃないから」


Q: レンスターをどう思う?

「レンスターの危険な選手を挙げろというなら、チームのコンポジションをそのまま暗唱するよ。セクストン、3列、プロップ…全員さ!それに彼らはツーカーの仲で、ビッグマッチに慣れている。彼らは自分達のリーグをそれほど重視していなくて、ハイネケンカップがただ1つの目標だ。でも、僕達には対抗するのに十分モチベーションがある」


Q: あなたが2009年の夏にクレルモンに来てから、ASMは初の国内タイトルを勝ち取って、初めてハイネケンカップの準決勝に進出している。あなたはこのクラブに来る運命だったのかな?

「そう言ったらうぬぼれだよ。反対に、僕はこのチームで成長したいし、このチームとプレーしたい。このマイヨを着てタイトルを勝ち取りたい。僕は準々決勝通過で満足するだけのためにあそこにいるんじゃない」


Q: あなたは勝者のメンタリティの持ち主だとの評判ですが。

「僕は大の負けず嫌いだから。大っ、きらい、だね!グラウンドに入ったら、自分にとって重要なのは勝つことだけ。あんな瞬間、ビッグマッチを経験するために、シーズンの間ずーっと汗水たらしてるんだ。僕は決して1人だけじゃなく、チームメイトと経験を分かち合う。彼らのおかげでね。それが一番大事なこと。僕は何のために戦うのか分かってる」


Q: 準々決勝のサラセンズ戦の最後、ASMは22ー3でリードしていたのに、あれほどのディフェンスを見せたのはそのメンタリティを象徴している?

「僕達は長い時間ラインから5メートルで守って、誰も決してあきらめなかった。あそこでトライを取られたって僕達は準決勝に進んでいただろうけど、それはもうどうでもよかった。重要なのは、1トライも取られないように、1人がみんなのために犠牲になろうという思いだった。あの瞬間はチームのメンタリティを表してたよ」


Q: 4位に終わったシックスネイションズをどうやって消化した?

「はっきり言って、僕達にはグランドスラムができるチームがあった。偉業を成し遂げるだけの力があった。ボネールのために、セルヴァのために、僕達はみんなもっと違った展開にしたかった。でもそんなものさ。もう過ぎたことだ。僕達はそれぞれのクラブで、他の重要な試合に身を投じた」


Q: あのシックスネイションズの失敗で、2011年ワールドカップのフランス代表の道のりは色あせた?

「いや、僕達があの前に経験したことは台無しになったりしない。だって、どれも違う試合だから。僕達は違うチームと、他の目標に向けて再出発した。ワールドカップで僕達に起きたことは決して色あせない。強烈すぎて、自分達の体験がすぐには理解できないんだ。後になって分かるものさ。
もう少しで優勝に手が届くところだったけど、同時に、そこに達するには僕達に対していろんなことがありすぎた。僕は一度も決勝を見直してない。思い出したってちっとも楽しくないだろうしね」


Q: フランス代表の同じポジションのライバルであるヤシュヴィリと接しながら、学んだことがありますか?

「どの9番にもそれぞれ違ったプレースタイルがある。僕がクレルモンに来た時ミニョーニのようにはやれなかったのと同じで、僕にはヤシュヴィリのプレーはできない。でも彼のそばで、特に彼のやり方やトレーニング法からたくさんのことを学んだよ」


Q: あなたのようなロレーヌ地方の人が、どうやってオーヴェルニュになじんだの?

「僕はブルゴワン経由のロレーヌ人。だからベルジャリヤンの文化の影響も受けてる。それから僕はオーヴェルニャになった。なじめたんじゃないかな。初めのうちは結構難しかったけど。僕はこの地方、この町、このクラブで大いに楽しんでる。だから、うん、今では僕はオーヴェルニャだ。
クレルモンでは、ラグビーとASMは信仰みたいなものなんだ。こんな町は他にはあまりないよ。ブルゴワンよりずっとアツい。観客はボルドーに行くだろう。素晴らしい時になるだろうね」

|

« @ロッカールーム | Main | 【ラグビー】 斜め読みまことにすまんです »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/54572071

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 9番は負けず嫌い:

« @ロッカールーム | Main | 【ラグビー】 斜め読みまことにすまんです »