« 【ラグビー】 9番は負けず嫌い | Main | »

2012.04.29

【ラグビー】 斜め読みまことにすまんです

クレルモンはレンスターとは2年前に準々決勝で対戦して、1点差で敗れた。
ジェームスにとっては、やはり思いは複雑らしいのですね。ある取材ではもうあの試合のことは考えない、過ぎたことだといい、ある取材では自分がほぼ12ポイント分のキック(最後のDG含め)を外して敗退したフラストレーションが、ずっと頭のすみを離れなかった、という。

元クレルモンのコーチのシュミットは、自分達のことを知り抜いている。自分の弱点も。でも自分の弱点はみんなが知ってることだから、とジェームス。つまりまあ…ディフェンスですよね。
彼はレンスターが自分の対人ディフェンスの弱さを突いてくると考えてます。

Laceg_2

さてドーバーの向こうでは、レッド・アーミーならぬイエロー・アーミーなんて呼ばれたりしているらしいクレルモンサポ。ERCから割り当てられたチケット争奪に勝った約2万人が、彼らの愛するチームをアツく励ますためボルドーに向かいました。
高速A89号線上には、黄色い潜水艦…じゃなかった、連なる何十台ものバス。

会場のシャバン=デルマスは、実はファーストチョイスではなかった。2番目でさえない。クラブは当初、オーヴェルニュに近いサンテティエンヌでの開催を望んでいたそうなのです。かの"大鍋"ジョフロワ・ギシャールですね。
ところがジョフロワ・ギシャールはユーロ2016に向けて改修工事中。ならばリヨンに43,000人収容のナイスなスタジアムが…しかしオランピック・リヨネがジェルランを貸してくれなかった、という経緯があったらしい。

「ボルドーは遠いけれど、素晴らしい"移牧"、素晴らしいお祭りの機会になるだろう。我々はボルドーにミシュランを運んでいくよ」、とはサポーターの代表氏。

マルセル=ミシュランのキャパ18,000人につき、10,500人のアボネがいるというのはすごいですね。
クレルモンサポは数年前にTop14最高の観客に選ばれたこともあって、まあ比較の問題ではあるけど、その情熱というか騒々しさのわりには敵愾心が少ないサポーターかな、という印象がございます。

試合当日ボルドー市庁舎からスタジアムまで行進するという案は、セキュリティの問題で認めてもらえなかった(路面電車が通っているので)。それでも彼らはスタジアムの近くで行列を組みたいと考えてる。レンスターサポも加わるだろう…
2010年にTop14優勝を果たす前は、ブクリエだけが彼らの関心ごとで、欧州カップにはそれほど情熱がなかったそうで、
「今、ハイネケンカップは我々の新しいニンジンなんだよ」

|

« 【ラグビー】 9番は負けず嫌い | Main | »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/54588236

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 斜め読みまことにすまんです:

« 【ラグビー】 9番は負けず嫌い | Main | »