« 【ラグビー】 騒動の後 | Main | »

2012.02.22

【ラグビー】 スコットランド戦スタメンと、マルクシの会見のこと

スコットランド戦のスタメンは、アイルランド戦でプレーするはずだったメンバーがそのまま継続されました。
「誰も悪い試合はしなかったからね(笑)」、とサンタンドレは冗談を言い、決断に関して「迷いはなかった。このチームが見たい」と話してる。

会見でジャーナリスト達は、ベンチの3人の30代、ボネール(33歳)、ナレ(35歳)、セルヴァ(34歳)についても質問した…というのは、彼らは3人ともこれが最後のシックスネイションズになるだろうから。
ボネールとナレはすでに、自らそのことを伝えている。セルヴァは公には話していないけれど、来季はトゥールーズでFW陣をコーチする。
サンタンドレは彼らを夏のテストマッチには連れて行かない、と明言しました。それでもサンタンドレは、彼らが若い選手達にバトンを渡してほしいと期待している。


ボネールが開幕の前に伝えた、大会後の代表引退の表明。

「このシックスネイションズが終ったら、代表のキャリアを終えることにした。理由はいろいろある。よく考えた上での決断だ。悔いの残らないように、最大限に楽しみ、全力を尽くしたい。そして仕事はやり遂げたと思いたいものだね。
ああ、ハイレベルでプレーし続けるのは疲れるんだよ。家族と離れるのもつらい。ストップと言えなければいけない時がある。後で止めざるをえなくなるより、自分で決める方がいい。キャップをかき集めることには興味がないんだ」

                        Laceg_2

さて翌日、水曜の会見。ジャーナリスト達の注目は何と言っても、週末セルヴァに代わって2番を背負うザルゼウスキ師匠だった。というのは、その日のレキップが、彼の来季のラシン加入をスクープしたから。

しかしレキップのサイトの方には、いかんせん具体的なことは何も書かれてないので(紙面はどうなってるのか知らない)、昨今の移籍報道に鍛えられたコメント欄のユーザーの間には、そこはかとない不信感が漂ってて笑った。セルヴァだってトゥーロンで決まりと思われてたもんね。

師匠自身はこの話題にはことさら触れたがらず、肯定も否定もしなかった。
「ここはそういう話をするところじゃない。何も言うことはない」。彼は笑顔でノーコメントを貫いたらしい。

彼公式サイト持ってるので(dimitriszarzewski.com)、週末までにはそこで何らかの発表はするつもりみたい。セルヴァの後任候補としてトゥールーズと交渉中とか、報道はいろいろあったけれど、南西部まで奥さんの馬を運ぶのは大変だろうなぁと思ってた。

|

« 【ラグビー】 騒動の後 | Main | »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/54051513

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 スコットランド戦スタメンと、マルクシの会見のこと:

« 【ラグビー】 騒動の後 | Main | »