« 【ラグビー】 シックスネイションズ2012 スコットランド×フランス | Main | »

2012.02.29

【ラグビー】 ポワトルノー華麗に帰還

ブリタニックのスタジアムは、芝が深めで一見すると状態が良く見えるんだけど、案外そうでもないのかな、と思うことは時々ある。表面がゆるくて、ずるっといく感じ。
足に負担がかからないんだろうかと、シロウトとしては心配になるんだけど、どうなんだろう。

ともかくメダールは、えっここで?と思うような場面で不運にも膝を痛めてしまって、最初の話の様子では、最悪前十字完全断裂かと思われました。ちょっと変な足の着き方をした拍子に十字靱帯を切ったスポーツ選手は何人か見たけれど、同じような感じ。
実際、負傷の一報を聞いたばかりのギィ・ノヴェスは、もしそうなら完全復調には1年かかる、と危惧していたのだけれど、幸いメダールの靱帯は、ダメージを受けながらもつながっていた。


さてそれではメダールの代わりに誰を呼ぶのかということで、サンタンドレはアイルランドと対戦するのに、このポジションには本職のFBを置きたかった。
それがパリソンを選ばなかった理由。パリソンはトゥーロンではほとんどこのポジションでプレーしていないから。サンタンドレの最終決断は、ポワトルノーの実に1年ぶりの復帰でありました。

思い起こせば昨季シックスネイションズ、ポさまはスタメン出場したアイルランド戦でポロリをやらかし、イングランド戦ではベンチに回り、対イタリアの歴史的敗戦ではプレーしなかったにもかかわらず、どさくさまぎれにシャバルやジョジオンらと一緒にウェールズ戦のリストを外される…という、彼のプライドに抵触するであろう体験をした。雪辱の意志は強かろうと思うし、ポさま本人は「あの時と同じことをくり返したくはないね」、と言っている。

今季は好調。彼はアイルランドとの対戦のたび、ジャーナリストから相手のハイパントについて質問される、という事実については…(∩゚д゚)アーアーきこえなーい


ポさま招集を決めたサンタンドレはまず、ギィ・ノヴェスに「あなたの選手が怪我したので、代わりの選手を貸してくださいね」という、私などは想像しただけで胃にキリキリくるような電話をしなければいけなかった。
ところがサンタンドレによれば、ノヴェっさんは"いつものように"彼の選手の招集を喜び、スタッド・トゥールザンにとって誇らしいことである、と言ったらしい。たとえクラブは苦しくとも。
ノヴェっさんが丸くなってきたのか、サンタンドレがイヤミに気づかないふりをしてるのか…は知らない。

代表スタッフは一時、FBではクレルモンの若手ビュタンの抜擢も考えたらしい。実のところ、アイルランド戦のメンバーには1、2の変更を加えることも検討された。3列ニヤンガの招集も含めて。
そして最終的に、サンタンドレは前2戦のグループを継続しています。

|

« 【ラグビー】 シックスネイションズ2012 スコットランド×フランス | Main | »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/54098483

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 ポワトルノー華麗に帰還:

« 【ラグビー】 シックスネイションズ2012 スコットランド×フランス | Main | »