« | Main | 【サッカー】 移籍市場ではお騒がせして申し訳ありませんでした_| ̄|○ »

2012.02.01

【ラグビー】 イタリア戦スタメン

ジャック・ブリュネル率いるイタリア代表をスタッド・ドゥ・フランスに迎えるシックスネイションズ初戦は、いよいよ今週末。特に昨年イタリアに敗れた選手達からは、サンタンドレもちょっとした雪辱の精神を感じたりしているらしい。
発表されたスタメンは、12人のムンディアリストと、新たに3人のクレルモントワ。キーワードはパワー、経験、ベンチのポリバレンス…かな。1人目の名前からすでに、ジャーナリスト達にはサプライズだった様子です。


1列。左プロップは予想されたプクスでなく、Le Belgeことドゥバティ。ドゥバティはむしろインパクトプレーヤーとして評価されているけれど、今季すでにレスター戦で2度カストロジョバンニに対峙した彼を、サンタンドレは信頼することにした。
比較的小兵の多いフランス1列にあって、彼の190センチある体格にもサンタンドレは注目している。レスター戦はスクラム結構キビしかったような気もするんだけども、ともかくドゥバティは代表に残るためにサンタンドレの信頼に応えなければなりません。
ボール争奪はこの試合の重要なポイント。ドゥバティはセルヴァ、マス、パペ、ナレのような経験豊富な選手に支えられるだろう、とサンタンドレ。

ここ2週間あまりプレーしていなかったプクスはベンチに回る。彼はもっぱら左でスクラムを組んでいるけれど、右もできる。


2列には若いマエストリのポリバレンスよりも、ベテランのナレのパワー。3列では、NZから戻って好調を維持しているピカモールが、やはりそのパワーとダイナミズムでチョイスされた。
アリノルドキはここしばらくフィジカルのトラブルが続いていることもあって、№8のポジションは譲った。しかしアリノルドキは3列の全ポジションでプレーでき、いざという時にはチームにそのインテリジェンスをもたらすことができる。より多くのコーチングの解決策、というわけです。


ハーフ団では、ワールドカップ決勝を最後まで戦ったコンビが継続されました。サンタンドレはこのコンビがイタリアのプレースタイルに対応するのに一番適している、と考えています。
サンタンドレはベンチの完璧なハーフ団(パラ、ボクシス)もあてにできる。またボクシスはFBもできるし、トラン=デュックはセンターもできる。


センターにはフォファナ。スピードに優れ、ディフェンス力もある。サンタンドレは彼がチームに情熱とはつらつたる若さをもたらすことを期待しています。
ただフォファナにプレッシャーをかけたくないというサンタンドレは、クラブで彼と共にプレーしているルージュリーを組ませた。サンタンドレによれば、ルージュリーはチームにとってグラウンドの中でも外でも重要な存在。「スリークォーターラインのお父さん」だそうであります。せめて「兄貴」と( ´;ω;`)

ウィングにはマルジューが復帰して、バックスリーはフィニッシャーのクレール、創造性のメダール、パワーのマルジューで構成されます。理論上では相補性のトリオ。うまく機能するかな。

                        Laceg_2

代表監督就任後初のコンペティションとなる今回のシックスネイションズにあたって、サンタンドレはフランス代表のある儀式…慣習を復活させることにした。つまり、ホーム戦のたびに元代表選手によるマイヨの授与が行われるそうなのです。

「トランスミッション(伝達)は重要な概念だ。新しい世代は前の世代をよく知らない。このスポーツの価値について話し、それを保ち続けることは大切だ。」

それを前のお勤め先の会長さんに言ってあげて。授与に訪れる1人目の元代表の名前は、金曜に発表される予定だという。マイヨは22選手全員にではなく、現在元代表と同じポジションでプレーしている選手に手渡されることになります。


この話ですぐに思い出すのは、NZワールドカップの間に行われたサンタンドレとジャン=ピエール・リーヴの対談のことですね。ラグビーは伝達のスポーツだ。我々は若い世代にパスをつなぐためにそこにいる…
PSAは、JPRとの対話からインスパイアされたものがあったのかどうでしょうか。

                        Laceg_2

ニュー・ジェネレーション代表、初キャップのフォファナ。パラやマエストリとはポール・エスポワールで一緒だった仲。

「僕達の世代が代表に到達し始めたのはクールだね。僕達にはオートマティスムがある。グラウンドの中でも外でも」


(この冬節電中の我が家では、PC前の室温は寝たら死ぬレベル。ピンポンダッシュ更新ザツですまそ)

|

« | Main | 【サッカー】 移籍市場ではお騒がせして申し訳ありませんでした_| ̄|○ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/53877153

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 イタリア戦スタメン:

« | Main | 【サッカー】 移籍市場ではお騒がせして申し訳ありませんでした_| ̄|○ »