« | Main | 【ラグビー、サッカー】 14節もう少し »

2012.01.04

【ラグビー】 Top14第14節

Pereetfils【ボクシス・デイ】

大晦日の第14節で、Top14もシーズン折り返し。トゥールーズ×バイヨンヌ(30-15)では、こんなめずらしい光景も。敵味方のベンチにエリサルド親子です。試合後は互いに肩を組んでグラウンドを去った。

トゥールーズの得点はボクシスのキック10発、ザッツオール。今季の記録らしい。「ボクシスはウチのスタイルに合わないから要らない」と言ってた現地フォーラムのトゥールーズサポの方、その後いかがでしょうか。あんまりライバルチームのキッカーをこっぴどくブーイングしちゃいかんよ。
フランス代表の選考委員会は明日(5日)だったと思うけど、ボクシスくるだろうな、PSA好みそうだもの。

今季バイヨンヌに加入したエマンスは、エルネスト・ワロンの観客から拍手を贈られた。試合中はただ元のチームメイトと目を合わせないようにしてたよ…そんなちょっとセンチメンタルな瞬間もありつつ。


【首都の鬼門】

まあそのボクシスの古巣スタッド・フランセが魔のシャバン=デルマスで一敗地にまみれた件ですが(39-6。やっぱりね…)、結果もさることながら、特筆すべきは今季昇格のボルドー=ベグルがこの一戦に17,546人を集客していることで、今季開幕以来、平均観客数は15,000人の線を超えたらしい。

もちろん現段階でボルドーが一部残留を果たせるかは分からないし、シーズン後のスタッフの離脱なども伝えられているけど、ラグビーは確実にこの地で人気を得つつあるという話。

しかしこの快挙の2日後に、ボルドーのFWコーチが脳…溢血か梗塞か分からないのだけど、倒れて現在昏睡状態にあるという非常に心配なニュースが報道されている。


【ローナルプのオオカミと、オーヴェルニュのキツネ】

私がこの日メインに観ていたのはリヨンOU×クレルモン。まあしょっぱかったです。(6-6)
実は前節、あのマイヨールでトゥーロンと結構な接戦を演じたLOUのモチベーションは高い。降格圏のチームにとっては、ここから最後まで死闘(と乱闘)の連続であります。

雨の中クレルモンは、ブリーヴで勝ったゲームと同じ展開に持ち込むには、ちょっとばかりパラのキックが不正確でした。


【ガスコーニュ湾海戦】

船の汽笛(?)が鳴り響くアギレラ。ビアリッツはトゥーロン湾から来襲した軍艦を25-6で撃沈、いまだ最下位は抜け出せないものの、2011年最後の試合を快勝で飾って後半戦に希望をつないでます。

スタメンに復帰(今季初かな)したヤシュヴィリのプレーは、まるで視界が360度あるかのよう。「ヤシュヴィリはビアリッツの主力選手の1人なだけではない、彼こそがビアリッツ」、という評にも思わずうなずかされてしまう。
彼がグラウンドの頭脳を担い、他の選手達は彼らの戦いに集中できる。久々にビアリッツに戦士のスピリットを見ました。

ところでトゥーロンといえば移籍の噂ですが、まあビアリッツのラカフィアとかバルセラとかいう話もありますよね。
そして今度は、シーズン末にトゥールーズとの契約が満了するセルヴァが、どうやらトゥーロンと3季契約で合意したらしい。彼は2015年ワールドカップを視野に入れている。
ということは、噂のあったザルゼウスキ師匠は?

|

« | Main | 【ラグビー、サッカー】 14節もう少し »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/53654402

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 Top14第14節:

« | Main | 【ラグビー、サッカー】 14節もう少し »