« 【ラグビー】 ちょっと早い反省会 | Main | 【ラグビー】 Allez les petits!! (1) »

2011.10.21

【ラグビー】 Seuls contre tous

Sundayhもちろんワールドカップ決勝の一大イベントを盛り上げるためには、分かりやすい対立の図式も必要なものでしょう。それが少々フェアプレーの域を踏み越えていようとも。
準決勝自体は決勝フェイズではそうめずらしくもなさそうな試合だったように思うけれど、現在かつてない集中砲火的批判を浴びているフランス代表。

そう、NZの"美しい物語"のために、ヒールは必要かもしれない。2002年サッカーワールドカップのことを覚えてる?"ベッカム様"と南米の悪役の試合のことを。でも、当然選手も人間だ。

                        Laceg_2

これは皮肉でも何でもなく本当に、ラグビーを見始めた頃NZヘラルドはタブロイドだと思っていた…という話はともかく。NZのプレスが、レ・ブルーのウェールズ戦の勝利をワールドカップへの侮辱と形容している、という情報をわざわざフランスのメディアが報じてる。

メディアはさらに、南アのフランソワ・ピナールがフランス代表を「ワールドカップ最低のチーム」と言ったとか、イングランドのブライアン・ムーアが「2敗して出来の悪いイングランドと14人のウェールズに勝ったチームがねえ…」と皮肉ったとか、クリス・アシュトンが「ラグビーの価値を失墜させている」とツィートしたとか…仏語になってるのを読んでるので原文とはニュアンスが違うかもしれないけど。

まあ、これはちょっと釣りっぽい。というのは当該記事のコメント欄がまさにその展開になっているように、読者からは「あなたがたが言いなさんな」という反応が来るのは分かりきっているから。
1995年ワールドカップ準決勝で取り消されたフランスのトライは?最近の2回のワールドカップはキッカーのおかげでイングランドと南アが優勝したのではなかった?…etc.

                        Laceg_2

このオール・ブラックの領土で、批判にさらされているフランス代表の選手達は、自分達が孤立無援であるように感じている。

水曜の会見(午前と午後の2回あった)で、ルージュリーは「もちろんブラックスはもう勝ったも同然だ。僕達はここでこの上やることを自問している」、とため息をついた。
ヤシュヴィリにとっては、「そんなことはどうでもいいよ!そうでなければ僕達は何をする?日曜にスタジアムにも行かないで、今からすぐ彼らにカップを渡すかい?僕達は自分達がここにいるに値しないという感じを抱いているけれど、それはあなた達(ジャーナリスト)が与えているものだ」


「質問がいつも当を得ているとは限らない」。メルモズ、ナレと一緒に午前の会見に出ていたルージュリーは、ごく手短に返答した後で、彼に質問したジャーナリスト達に辛辣な皮肉を飛ばしたという。
「僕達はツイてない。僕達がやっていることを批評する人たちがいるから。いや、あまりうまくやってないことを、かな…。でもあなた達は運がいい。あなた達がやってることを批評する人は誰もいないだろ。だから、あなた達がしたいようにすればいい」

よっしゃ。後々のことが心配だけど骨はあたしが拾う。
特に呆気にとられた様子の外国プレスの前で、彼はそう言い放ったらしい。10人ほどのジャーナリストが席を立ってホールを出て行った。横ではメルモズがちょっと驚いた顔をしている。
ルージュリーはそこから少し態度を軟化させ、もっと建設的なやり方で答えに時間をかけた。
「楽しみ、連帯、勇気の観念はある。ゲームの面で、それがあまり美しくないことについてはあなた達と同意見だ。でも、僕達は試合に勝っているんだ」

その傍らで、「批判?もっともな時もあれば、そうでもない時もある。笑える日もあれば、イラつく日もある。でもそのことで俺の生活は変わらないから安心してよ」、とナレ。
一方メルモズは形勢を逆転させたい。
「みんなが僕達を攻撃してるみたいだ。一部には真実もあるけど、誇張されてるよ。でも、僕達がちょっと敏感になっている時に、あちこちでそれを聞くのは本当。時々すごく激しい言葉が使われてるのは分かってる。あれは人を傷つけるかもしれない。でも、僕達はやるべきことに集中している。たくさんの批判がある時には、流れを逆にしたいと思うよ」


午後の会見では、パペがユーモアを交えて会見の険悪な雰囲気を和らげた。メディアに応援を求めながら。
「僕は前にもそう言った。プレスにもっと支えてもらいたいって。でも心配無用、皆さんはイングランド人にはとうてい及ばないから!」

パペはこの四面楚歌の状況を意欲に結びつけたい。
「これだけのイベントの前にモチベーションを探しに行く必要はない。でも、それは僕達をもっとずっと強固にする」


首の傷はワスプス戦で重傷を負った時の痕。

Sct

|

« 【ラグビー】 ちょっと早い反省会 | Main | 【ラグビー】 Allez les petits!! (1) »

Comments

私はこういう逆境の時のフランスの方がが楽しみですけどね。
99年は持ち上げられて浮かれて良い所なかったですから。

Posted by: たつ | 2011.10.21 at 21:16

フランスはレジスタンスをやってる時の方が強い気がしますね。前回の準々決勝もそうでしたが。
ウェールズ戦のように優位に立つと、あまり…

今回はイングランド戦でガソリンをすでに半分ほど使ってると思われるのが心配です。あとは笛ですね…

99年のフランスはそんなふうだったのですかsweat01
リエヴルモンも決勝の前にお祭りやっちゃったと言ってましたね。ラテンらしいといえばらしいけれど、やっぱり予想できない…フランス。

Posted by: つき | 2011.10.22 at 17:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/53042720

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 Seuls contre tous:

« 【ラグビー】 ちょっと早い反省会 | Main | 【ラグビー】 Allez les petits!! (1) »