« 【ラグビー】 殺伐としたフランスに(ry | Main | 【ラグビー】 フレディ・マルクリー »

2011.10.06

【ラグビー】 戦術なんて飾りです

「もしイングランドに負けて日曜フランスに帰ったら、俺達本当に去年のサッカー代表みたいに迎えられるの?」、と選手の1人は真剣にジャーナリストに尋ねたらしい。
責任回避もしたくなるだろうね、誰だって戦犯にはなりたくないから。もちろんモダンスポーツの世界では、イメージの問題も避けて通れない。昨年のサッカーワールドカップでは、代表のスポンサーが降りるような話がなかった?

リエヴルモンがバスの話にかけて、暗に選手達をサッカー代表にたとえたのは、(今に始まったことじゃないけど)いささか無神経ではあった。選手達は"そんなこと気にしてないよ"、と言っているとしても。

メダールが打ち明けたところによれば、実際に彼らの家族がからかわれたり、子供達が"おまえの父ちゃん負けた"みたいなことを言われたりはしているらしい。メダールは危惧してる。自分達は名誉を回復できるかもしれないし、難しい時を過ごすことになるかもしれない。何週間か、何ヶ月か、いや何年か…
それが彼らを萎縮させるのか、モチベーションになるのかは、ふたを開けてみないと分からない。フランスのことだからね。パペは2010年のサッカー代表のことよりむしろ、1998年の代表のことを考えている。誰もが信じていなかったワールドカップ優勝杯を掲げた代表のことを。

                        Laceg_2

フレンチフレアーの復権という理想主義から始まったリエヴルモンの代表は、ほどなく現実路線に方向転換して09年秋のテストマッチでボクスに快勝し、イングランド顔負けのプラグマティスムで2010年シックスネイションズのグランドスラムを勝ち取った。
しかしフランスはそこからまた迷走を始めた。夏のテストで頼りのFW陣がボクスに完敗したのは、彼らにとって重大だったと思う。そして秋のテストマッチでワラビーズに歴史的な大敗を喫して、選手とスタッフの不協和音が顕在化。今年のシックスネイションズでも規律と組織を修正できず、イタリアに敗れたのもまったく偶然ではなかった。

ワールドカップが開幕して、選手達はおずおずとパスを回し始めた。しかしムーブメントへの幾分の回帰はやはり脆弱だった。オートマティスムを欠き、貧しいイマジネーション、ミスの連続。パトロンにはキックゲーム向きのSOではなくトラン=デュックを選択したものの、彼もカナダ戦以降ベンチに回された。
レキップが「リエヴルモンの実験室」と呼んだこの4年間、揺らぎ続けた代表監督の"信念"は、ついにチームに共有すべきビジョンを示すことができなかったように見える。

リエヴルモンは今週、「ゲームプランは飾りのようなものだ」、と身も蓋もないことを言ったらしい。それはつまり監督なんて飾…まあいいでしょう。
準々決勝のイングランド戦では、フランスはよりシンプルに戦うものと見られている。マスとアリノルドキが戻ったFW陣のコンバット…最後は白兵戦ということでしょうか。兵士のさだめがどういうものかよく見ておくんだな!…って?

|

« 【ラグビー】 殺伐としたフランスに(ry | Main | 【ラグビー】 フレディ・マルクリー »

Comments

ご無沙汰してます。日本代表のやおい度満点の試合運びに凹んでしまった予選プールが終わり、いよいよ決勝トーナメントですね!

しかしリエブルモン、そこまで言っては・・・
偉い人にはわからんのですよ!ということなのでしょうか。

それとも選手たちは戦いの中で戦いを忘れてしまったのでしょうか。いずれにせよ、「戦いに敗れると言うことはこういう事だ!(劇場版)」というのを見る羽目になりそうな悪寒が・・・

(ガ○ダムネタ濫用上等)

Posted by: ovalfantasy | 2011.10.08 at 08:08

エエエ、日本代表何かありましたっけ??(;´Д`)

まあ選手達がいうことをきいてくれないというのを、あのような言葉で言い換えたのではないかと思います。

選手のパフォーマンスを見るべきだ、コーチングなんてものは勝った時には「トレ・ビアン」程度のものだ…と前任ベルナール・ラポルトも言ったことがありましたが、彼は負けてる時には言わなかったですよね、やっぱり。
リエヴルモンにはそれがわからんのですよ…

ワタクシ今から土下座の準備です。いやー、フランスはフランスでした。
ラル自爆フラグではないかと危惧したのですがね…白兵戦。

というか、ガノタでらっしゃいますね!?
今日はちょっとだけエヴァ(あんまり詳しくないけど)で攻めてみました。

Posted by: つき | 2011.10.08 at 21:35

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/52923082

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 戦術なんて飾りです:

« 【ラグビー】 殺伐としたフランスに(ry | Main | 【ラグビー】 フレディ・マルクリー »