« 【ラグビー】 まあこれを見てやってくださいよ | Main | 【音楽、サッカー】 ついベスト盤聴いちゃったよ »

2011.09.27

【ラグビー】 トンガ戦スタメンざっと読み

さあ誰もが今度こそベストメンバーが来ると信じて疑わなかったトンガ戦スタメンです


Le XV de départ : Médard - Clerc, Rougerie, Mermoz, Palisson - Parra, Yachvili - Bonnaire, Lakafia, Dusautoir - Nallet, Papé - Ducalcon, Servat, Poux

Remplaçants : Barcella, Szarzewski, Pierre, Harinordoquy, Trinh-Duc, Estebanez, Heymans


トラン=デュック復帰が予想されたハーフ団は、引き続きヤシュヴィリ-パラでした。
別に記者にケンカを売ってるわけじゃない…と思う…。リエヴルモンは、トラン=デュックはNZ戦の交代出場でトライを挙げいいプレーをしたかもしれないが、パラのパフォーマンスに満足している、という。

NZ戦でSBWと衝突して脳震盪を起こしたトラン=デュックは、ロッカールームで吐き気に襲われ「国歌の後のことは何も覚えていない」、なんて心配なことを言ってたので、ベンチスタートもそのためかとも思ったんですが、違うっぽい。
リエヴルモンは、彼がさらなる努力を続け、トンガ戦に出ることがあるならNZ戦と同じようにプレーすることを期待している。


怪我から復帰しワールドカップデビュウのパリソンは、ウィングでスタメン。
「このワールドカップで1試合もプレーしなかった最初の選手になりたくなかった("シンボンダ"と言わない優しさ)。もうダメかもと思った時もあったけど、一生懸命トレーニングしたよ」(パリソン談)

パリソンが入ることで、メダールがFBに回ることが可能になった。トライユ、エマンスがこのポジションで試された後、まー結局…
「マキシムが我々の最も才能豊かな選手の1人であるということに、とやかく言う者は誰もいないだろう」(リエヴルモン談)ど、どの口が…

リエヴルモンは、メダールがウィングでちょっと身動きが取れないような気がしたので、彼にスペースと最後尾のパトロンとしての責任を与えることにした、と言っている。まあでも、これももちろんテスト。代表監督本人が「試す」って言ってんだから。プール最終戦にして…。(私勝ち点とか全然数えてないけど、テストのままここで終了っていう可能性はどのくらいなの?)
このウィング・FBのトリオは、リエヴルモン監督就任以来、実に17組目になるらしい。


FWでは、「もう一度見たい」ということでラカフィアが№8に戻る。その脇には、NZ戦で冷静を保った数少ない選手の1人であるボネール。1列は、前半にスクラムで苦戦した並びにセルヴァを入れてみてどうか、というテストのような気もする。

そのパフォーマンスに批判も多く、HTの交代にフラストレーションを隠さなかったトライユは、トンガ戦のメンバーを外れた。
リエヴルモンは、その経験からすればトライユにはもっといいパフォーマンスを期待していたと言っている。パリソンとFBメダールを見たい気持ちが勝っている…だそうだ。


リエヴルモンいわく、これはクオーターファイナルを戦うだろうチームに非常に近いが、同じではないかもしれないコンポジション。
細かいことは後でね。(たぶん)

|

« 【ラグビー】 まあこれを見てやってくださいよ | Main | 【音楽、サッカー】 ついベスト盤聴いちゃったよ »

Comments

いつも楽しく拝見しています。

フランスがプール戦で敗退する条件は次のとおりです。(絶対条件に加えて、いずれかを充たした場合)

絶対条件:トンガ戦で0ポイント負け(7点差以内でもなく、4トライ未満)

1.トンガ5ポイント(4トライ以上)勝ち&カナダNZ戦敗退
→2:トンガ、3:フランス、4:カナダ

2.カナダがNZ戦で5ポイント勝ち
→2:カナダ、3:フランス、4:トンガ
  または
 2:カナダ、3:トンガ、4:フランス
 ※トンガが5ポイント勝ちの場合後者

3.カナダがNZ戦で4ポイント勝ち&トンガ5ポイント勝ち
→この場合トンガ、カナダ、フランスの3すくみで得失点差となり、フランスが進出の可能性が高い
 ※トンガが5ポイント取れなければ、フランスが2位通過

逆に言えば、フランスは勝ち点1ポイントでも取って試合を終えれば2位通過となります。
また、トンガが1ポイントも取れず、カナダがNZに敗れればそれでも決まり。
3.の場合は複雑になりますが、この場合でもほとんどフランスの通過が決まりです。
もちろん、トンガ戦に勝てば2位通過です。

ちなみに、NZの1位通過、日本の5位は決まりです。
この複雑さは日本のカナダ戦結果のせいでもありますね。

ご参考まで。

早く本気のフランスXVを見たいものですね。
イングランド戦(イングランドがスコットランドに勝てば)期待しています。

Posted by: francefan | 2011.09.28 at 13:09

ああ!丁寧なご説明をどうもありがとうございます!
私のザル脳はこういった緻密な想定ができないのです。

よほどのことがなければ抜けられそうということでしょうか。
最低でもディフェンシブボーナスくらいは…しかしフランスの場合、その"よほど"が分からない…

>日本の5位は決まりです
(´;ω;`)
日本と同組ということで、今回のワールドカップは私には本当に難しかったです。

本気のフランス、見たいですね。イングランド苦手意識もこの辺りで払拭してもらいたいです。
グランドスラムの頃でしたか、一時期集中力と規律を保っていたはずのディフェンスが、なんでまた最近めっきりザル化してるのか分からないのですが…

代表の分析やってるギィ・ノヴェスを見かけると、襟首つかんでNZに引きずっていきたくなりますよ。

Posted by: つき | 2011.09.28 at 18:01

フランス敗退の条件、ご参考にしていただき幸いです。

トンガは確かに侮れない相手ですが、実力差から言ってまず負けることは無いと思います。
まぁおっしゃるとおり、そこはフランス、絶対は無いということではありますが・・・。

ディフェンスでの規律面は、これだけ試し試しの試合が続いていますので(それ自体どうなんだという議論はさておき)、ある程度目をつぶらなければならないと思います。
ただ、肝心のイングランド戦で同じなら、試しただけで終わった・・・という悲しい結果になってしまいますね。
それだけはなんとしても避けてもらいたいものです。
イングランドといえば今週末しぶといスコットランドとの対戦があり、そこでもしもがあれば、アルゼンチン戦となる可能性も。
せっかくの2位通過が台無しなので、そこは順当に行ってもらいたい気もしますが、どうなりますか・・・。

トゥールーズファンの私としては、ノヴェスにそこまで悪感情はないのですが、それでもあの毒舌ぶりでは、今の監督とはまた違った軋轢が出てくるやも・・・と危惧してしまいます。
実際、代表に関わることがありそうなんでしょうか?次期監督とかアドバイザーとか何とかマネージャとか・・・?
トゥールーズでも長期政権ですし、ブリュ、エリサルドとたたき上げのコーチも出てきていますから、そろそろという声があってもおかしくは無いと思いますが。

日本は本当に残念でしたが、これが今の実力なんでしょうね。今の日本協会では変わらない、といった話もあり、見ている方はやきもきしてしまいます。
フランス戦は健闘が光ったと思いますし、今大会はそれで良しとせざるを得ないですね。

Posted by: francefan | 2011.09.29 at 09:01

ディフェンスの話は、あの後折良くリュグビラマに記事が載っていたので読んだのですが、本人達もいまだ弱体化の理由が分かってないっぽいのですね。コーチは個人の偶発的ミスだといい、選手は組織の問題だという…
あれだけとっかえひっかえしてれば無理もない気がしますよね。イングランド人のDFコーチももう長いですが、最新の守備戦術に対応できているのでしょうか。

しかし勝ち抜けた先はイングランドかアルゼンチンなのですか…ヒー。
アルゼンチンと聞くと、個人的には対イングランド的なテンションとはまた違って、むしろ膝から力が抜ける…


ノヴェスの襟首つかんで、というのはもちろん悪い意味でなくて、もう今からでもいいからあなたが監督やってくれ、いや、やってくださいお願い!という切実な気持ちです…
自由人のトゥールーザンを使いこなして、あれだけの結果を出し続けているのはスゴイですよね。一部には衝突もあるのかもしれませんが、内向きにはまた違う顔があるのかなと推測します…私はホントに見たかったです、ノヴェスの代表。

少し前に、ノヴェスは協会の方から、リエヴルモンに協力してくれるよう頼まれていたという話を読みました。でもやっぱりうまくいかなかったみたいですね…(;´д`)リエヴルモンもかたくなだけど、ノヴェスも現場は自分でコントロールしたい方ではないでしょうか。
またこれから最低4年後だと、年齢的にもどうでしょう。トゥールーズでの実績が華々しいから、代表監督ってちょっとリスキーな気も。

ブリュが代表アシスタントコーチ候補と言われた時のトゥールーズ会長の激怒を見ても、将来的にはエリサルド・ブリュらの体制でというビジョンがあるのかと想像してます。
それまではノヴェスがプロジェクトを進めて、その後はクラブのフロントにでも入るのかな、と…

エリサルドはノヴェスの横で、彼を見ながらよく勉強してる感じですよね。最近はどんどんノヴェスに似てきてるというか、2人並んで同じポーズで腕組んで、難しい顔してるのを見たりすると、ちょっと吹き出してしまうときもあります(´∀`)


日本代表は、フランス戦の美しい健闘がせめてもう1試合続かないものかと残念でした…。あれに賭けていたのでしょうかね。協会自体はどこの国でも大なり小なりあんなものかな、と思うのですが(違う論理で動いているから…)
国内のシステムが世界的な進歩について行けてないのでしょうが、日本の社会の中で独自にはぐくまれてきた文化を一概に否定しきれないような気もする、複雑な思いです。あれかな、国内では神話的価値を持つ「お米」のような…

Posted by: つき | 2011.09.29 at 12:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/52842516

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 トンガ戦スタメンざっと読み:

« 【ラグビー】 まあこれを見てやってくださいよ | Main | 【音楽、サッカー】 ついベスト盤聴いちゃったよ »