« 【サッカー】 実はJ2を見ています | Main | 【ラグビー】 とりあえず日本戦のフランス代表 »

2011.09.05

【南米闘牛、フランス闘牛】 ニームのコロンビアン

今年ももうそんな季節なんだなぁ、と思った、ニームの闘牛センターのGraines de Toreros。
毎年春から秋まで、センターの生徒達によって争われるこのトーナメントもそろそろ佳境。そして今年は、いつになくインターナショナルな雰囲気…

今回注目されているのは、20歳のコロンビア人留学生、サンティアゴ・サンチェス・メヒア。先週末の最終予選で、準決勝の出場権を獲得した。
メデジン生まれのサンティアゴはごく小さい頃、画家の両親が闘牛場の壁画を制作しているのを見ているうちに、闘牛の虜になった。でもコロンビアには闘牛学校もチャンスも少なく、彼はついに大西洋を渡る決意をした。
目標は、「ニームの闘牛場でマタドールになること」

だけど、ニームの有望な若手はセンターを出て本場スペインに学びに行ったりしているというのに、なぜまたあえてフランスで?
「カリでは、フランスの闘牛術はとても洗練されて、エレガントだと言われているからね」

メールやフェイスブック経由で、1年以上前にニームの闘牛センターとコンタクトするようになってすぐ、フランスが一言も話せないサンティアゴは、センターの代表に1つのメッセージを送り続けたらしい。「マエストロ(になりたい)!」
驚いたセンター側は、実はサンティアゴを思いとどまらせるためにあらゆることをした。家族のもとを離れないよう諭しもした。しかし彼の決意は固かった…

自分の貯金でチケットを買って飛行機に乗り込み、そしてサンティアゴは今、ローマ時代の闘牛場があるこの美しい南仏の町にいる。夢みたいだ、まるで違う星にいるようだ…彼はそう言って、金糸の衣装を着てグランド・ポルトする日を夢見ている。


しかもかわいい!

Santiago

|

« 【サッカー】 実はJ2を見ています | Main | 【ラグビー】 とりあえず日本戦のフランス代表 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/52651201

Listed below are links to weblogs that reference 【南米闘牛、フランス闘牛】 ニームのコロンビアン:

« 【サッカー】 実はJ2を見ています | Main | 【ラグビー】 とりあえず日本戦のフランス代表 »