« 【ラグビー】 代表監督とPTSD | Main | 【ラグビー】 そう考えるのが自然ね »

2011.09.21

【ラグビー】 NZ戦スタメン

シャバルが危惧していたとおり、やはり出たとこ勝負だったNZ戦。しかし私もブッディスト(葬式は仏教式で出るだろうなという程度の)ですから、zenの境地(合理化ともいう)に至るのはそこそこ早い。
そう、こんなビッグマッチでパラ10番なんてめったに見られるものじゃない。何をやってくるか、彼のチャレンジを応援しよう。くれぐれも怪我しないでね…

まあ1つ思ったのは、私、フランスがオールブラックスのような"最強チーム"だったら、たぶんここまで思い入れはなかっただろうな、ということでした。こう、嘆いたりぼやいたり心配したり、「人生そんなもんだよ」なんて言いながら、ファンをやってるのが性に合ってるんだろうね…

私はスポーツの人間的な部分が好き。特にチームスポーツでは。フランス代表は群像劇としては、サイコーにドラマティック(ものは言いよう)で魅力的なチームだと思う。さて…

                        Laceg_2

NZ戦スタメンの最大のサプライズは、やはりハーフ団。朝一、「パラ(O)」を目にした時は、あのやろう(注:代表監督)やりやがったなと正直思った。
この2戦でのパラのパフォーマンスを、いつでもSOができると高く評価していたリエヴルモンでしたが、パラ本人はポリバレント認定はリザーブフラグであると賢く察知して、警戒していた。が、このプール最大の山場で、まさかのスタメン10番。彼が最後にこの背番号を着けたのはブルゴワン時代、2年半前。

「プレーし慣れてないけど、興味をそそられるポジションなのは本当。僕は、このポジションを引き受けるなんてツイてる、と思う方がいい。今、この種の試合でプレーして、失うものは何もないって分かってるしね。楽しもうと努めるつもりだよ。これはキャリア最大のチャレンジかもしれない。でも、それに応じる準備はできてる」
(パラ談)

キッカーは、パラが自分のゲームに集中できるよう、ヤシュヴィリが務める。

                        Laceg_2

不本意な試合が続いたトラン=デュックはベンチスタート。リエヴルモンはトラン=デュックからのリアクションに期待している。

「フランソワがこのコンポジションをどう受け止めるか見るために、この試合に大いに期待している。彼は競争者であることを私に示すから。私は彼のこの2試合のパフォーマンスにがっかりしている。フランソワは再び奮起しなければならない。しかしこれは彼への有罪判決ではない」
(リエヴルモン談)


「来るものが来たと思った。僕自身、自分のパフォーマンスに落ち込んでいたから。ワールドカップではそれは許されない…。僕は競争者だ。最初の2試合で自分が本来のレベルじゃなかったことは分かってる。だから、それはもっともだ。すごくがっかりしてるとはいってもね。
でも僕はもう、オールブラックス戦に気持ちが向かってる。スタメンと同じように準備するよう努めるよ。もし必要とされれば、モルガンを助けながら。僕は自分のポジションを取り戻したい」
(トラン=デュック談)

                        Laceg_2

その他のポジションでは、フランカーには(日本戦後にリエヴルモンから批判されたと伝えられた)アリノルドキではなく、ボネール。カナダ戦でいいプレーをした1人で、リエヴルモンは彼を「チームで最も完全なラグビー選手」、と評価する。
アリノルドキは師匠のスローをよくキャッチしてくれてたので、多少の心配はあるけど、ボネールもその道のスペシャリストなんだ…大丈夫だ!きっと!

カナダ戦のMOM、ピカモール(クレールのトライの前に決まってたのだろうか)は、ダブリンでの雑なプレーぶりが嘘のようにコンスタントなパフォーマンスで、監督の期待に応えた。リエヴルモンはいつでもピカモールを買っていた、というんだけど、いやー結構干したよね?
同じようにむらがないということで、2列はピエールではなくパペが選ばれた。

起用法にがっかりしてちょっとフラストレーションもあった、というザルゼウスキ師匠は、この日(火曜)はご機嫌であった。

|

« 【ラグビー】 代表監督とPTSD | Main | 【ラグビー】 そう考えるのが自然ね »

Comments

なるほど、スクレラを早めに追い返したのも、ドゥサンを招集したのも、パラOSへの布石でしたか!
パラは比較的クレバーで抜け目のない選手ですけれど、これ、引き受けていいものなのかどうか、微妙な気もします。
大失敗したところで、リエーブルモンに完全責任転嫁はできない状況ですが。

選手に信頼をおくことができないのに、15人を選ばなくていけないのはなんとも苦しそうですねぇ。
最後にはすべてを精神論で片付ける。まるでどこかの国のスポーツマスコミみたいですけど。

そして、アラン・プノーの分析は凡人のロジックを超えていない気がする…。同世代だし、マルクの不思議ちゃんぶりはよく知ってそうですけど。

ただひとつだけ間違いないのは、つきさんがおっしゃるとおり、楽しませてくれるということっでしょうね!堪能しましょう♪

Posted by: machvili | 2011.09.21 at 11:15

結果が期待できそうなコンポジションではないけど(むしろ大惨事)、これで体よくベンチに葬り去られそうな選手もいそう…パラは捨てるものがないかもしれないけど、師匠要注意ですね。

私はもうあきらめました!現状が変わらないならせめて楽しく見る工夫をしようと思ってます。
ネタだと思えばこんな大ネタはめったにない…

アラン・プノーのは、ロジックというか、「フランスの指揮官がまさかそこまでイッてしまっているとは思いたくない」という願望半分な気がしてます…
勝ち抜けてなんぼのプール、ああ考えれば説明がつくのですが。どうかなあ。

自業自得とはいえ、さすがにちょっとリエヴルモンがかわいそうに思えてきた自分がいます。
ドメネクのような筋金入りのヘンタイならともかく、あんなに追い込んで大丈夫かな…

Posted by: つき | 2011.09.21 at 19:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/52786574

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 NZ戦スタメン:

« 【ラグビー】 代表監督とPTSD | Main | 【ラグビー】 そう考えるのが自然ね »