« 【ラグビー、サッカー】 狼と鷲のすみか | Main | 【フランス、スペイン、カタルーニャ闘牛、ラグビー、音楽】 Llibertat per a la nostra cultura »

2011.07.15

【ラグビー】 フランス代表の山岳ステージ

マルク・リエヴルモンはまあ堅物ではあろうけど、常人には非常に分かりづらいユーモアを有していることは確かだと思う。
しかもいまだに現役気分が抜けず、「まだまだあいつら(選手達)には負けん」と張り合っているふしがある。

男30余人、2ヶ月の準備期間。あの気まぐれなフランス代表をいかに飽きさせないか、連帯を強め意識改革を図るか(この1年の試合内容を見ればねぇ)は、スタッフにとって大きな課題の1つでしょうが、見たところ、スタッフは選手達にサプライズを仕掛けることに生きがいを感じているようでもあります。


先々週末、FFRからヴェルサイユでのデジュネに招かれ喜んで出かけた代表選手たち。実は彼らは"客"ではなかった。
選手たちには秘密にされていたことでしたが、彼らは数チームに分けられ、クリスティアン・コンスタンら有名シェフの指導のもと、決められた食材で招待客50人の食事を用意する…という"Top Chef "(という番組がある)形式料理コンテストをやらされたのでした。


そして代表は、先週金曜からオート=ロワール県のル・シャンボン=シュル=リニョンでキャンプに入ってます。
土曜の午後にホテルを出て、メザンク山にほど近い自然の中で選手たちを待っていたのは、マウンテンバイク、オリエンテーリング、アーチェリー、丸太切り…などなど、スタッフこだわり盛りだくさんのプログラムでした。
これはそれなりに真剣勝負だった、というのは、ソーセージとチーズとワインのボトルがかかっていたので。

負傷明けのバルセラ、セルヴァ、アリノルドキ、ウドちゃんは、メディカルスタッフの意見に従ってトレーニングの全部には参加せず、夕食のバーベキューを用意した。雷雨にたたられたみたいなんだけど…
その夜スタッフはホテルに戻り、選手たちはテントで山中の一夜を過ごしたという。

翌朝カニクロスの犬たちの吠え声に叩き起こされ、それから選手たちは自分でふくらませたゴムボートを担ぎ、サン=フロン湖でラフティングとラン&バイク。
湖一周に出るためマウンテンバイクのサドルにまたがりながら、トライユは「早くラグビーをやりたいよ」、とぼやいたらしい。そしてこの日曜は、農家での農作業で終った。案外ユジェは喜んだかもしれない。

48時間の林間学校を終え、へとへとでホテルに戻りベッドに倒れ込んだ代表選手たちは、月曜にようやく外出許可をもらった。
ある者はゴルフ(トラン=デュック、エマンス、マルコネ、トライユ、マルティ、ラカフィア)、ある者は釣り(アリノルドキ、ヤシュヴィリ、スクレラ、ナレ、ボネール)、ある者は観光(ミロ=シュルスキ、メダール、メルモズ、ウドちゃん、ユジェ)。それぞれのつかの間の自由時間を楽しんだらしいです。

このキャンプでチームの一体感が深まったのかどうかは知らない。私としては、トライユ先輩の声援を受けて打ったボールが隣のホールに飛んでいったというラカフィアのゴルフ上達を見守りたいです。


スクレラ料理しなさそうねー
Topchef

力持ちのお仕事
Saintfront1

おっとメルモズ。パラはなんだかんだでサボってそうだ
Saintfront2

ヘアバンドがかわいい師匠
Stage2011

代表きってのゴルファーといえばこれまではエリサルドやエマンスといったところが思い浮かびましたが、トラン=デュックもなかなかのゴルフ好き
Trinhducgolf

表情に注目。メダール24歳、トラン=デュック24歳、エステバネズ29歳お疲れ気味
Stage2011b

選手以上に楽しそうな代表監督である
Stage2011c

|

« 【ラグビー、サッカー】 狼と鷲のすみか | Main | 【フランス、スペイン、カタルーニャ闘牛、ラグビー、音楽】 Llibertat per a la nostra cultura »

Comments

MTBぢゃなくて、しゃれたroadbikeに乗って欲しかったっす。まぁ、彼らが乗れば、フレームや何かが折れちゃうかもしれないですけど。
JKを擁する某国の協会には、逆立ちしてもできない企画であろうと思います。Riis監督率いるTeam CSCの軍隊トレーニングを、ちょっと思い出しました。

Posted by: neuron | 2011.07.15 at 20:40

>彼らが乗れば、フレームや何かが折れちゃうかもしれないですけど

私もそれが心配です…!
レース用のロードバイクはきっと、なるべく軽量に作るんですよね。どの程度の重量にまで耐えられるんでしょう…
マウンテンバイクも小さく見えます。

このエントリは内心、日本ラグビー協会さーんフランスこんなことしてますよー、とチクる気持ちで上げておりまッす(・∀・)

軍隊トレは前のワールドカップの、監督ラポルトの時にやってましたね。今回はもうちょっとゲーム的というか遊びの要素があって、スタッフも楽しんで考えてるんじゃないかと思います。

Posted by: つき | 2011.07.16 at 01:32

クリスチャン・コンスタンは大のラグビーファン、というか元モントバンの選手ですからね!きっと、びしばししごいてくれたことと思います。

それにしても、トラン=デュクかわいいわぁ。日本でも人気でそう。
少年っぽさは師匠にはかないませんけど。リュックとなにげない姿勢のよさがいつも小学生のランドセルを連想させます。。。

Posted by: machvili | 2011.07.17 at 00:57

ラグビー選手だったんですか!そこから星シェフってすごい!
やっぱり食いしんぼの作るものはおいしそう…ラグビー選手、食べ物関係の副業持つ人多いですよね。

トラン=デュック、私も好きですー。東洋系のせいか、いつまでも少年ぽいですね。上のボートの画像も、彼が入ると一気にボーイスカウト風になっちゃう。
世界一ランドセルと学童帽の似合うラグビー選手かもしれない!

Posted by: つき | 2011.07.18 at 14:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/52208204

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 フランス代表の山岳ステージ:

« 【ラグビー、サッカー】 狼と鷲のすみか | Main | 【フランス、スペイン、カタルーニャ闘牛、ラグビー、音楽】 Llibertat per a la nostra cultura »