« 【自転車、ラグビー】 TO線上のスプリンターと、青いグランプールたち | Main | 【自転車】 火曜のガリビエ »

2011.07.20

【フランス闘牛】 海のマリア

もしカサスとセバスティアンが共に闘牛のモダニゼーションを考えているとしたら、マリー・サラもまた同志のようなものかもしれない。マリー・サラは今テンポラーダで初めてカサスの協力から独り立ちして、サント=マリー=ド=ラ=メールのフェリアのディレクターに就任した。

広大な湿地帯を白馬が駆けるカマルグの、海を臨む闘牛場。町を守護する聖女と同じ名を持つ騎馬闘牛士の彼女は、このフェリアの企画に際して、「闘牛の音楽を進化させたい」と意欲を語っていた。
闘牛においてはすべてが進歩した。技術、牛…でも音楽はそうではない、とマリー・サラは言う。コンセプトは"Toros y Gipsy"。サント=マリー=ド=ラ=メールとは切り離せないフラメンコとジプシーの文化、彼女はフェリアにアイデンティティをもたらしたがっている。

マリー・サラは今回のフェリアに、フラメンコの大物たちを招待した。8月6日の"コリーダ・フラメンカ"はハビエル・コンデとセバスティアンのマノ・ア・マノ、そしてフラメンコ奏者・歌手のディエゴ・カラスコとのコラボレーションになるらしい。
セバスティアンはマリー・サラのオファーなら断らないだろう。彼がサント=マリー=ド=ラ=メールの闘牛場に立つのは初めてということになるのかな。


Smdlmcf

|

« 【自転車、ラグビー】 TO線上のスプリンターと、青いグランプールたち | Main | 【自転車】 火曜のガリビエ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/52259050

Listed below are links to weblogs that reference 【フランス闘牛】 海のマリア:

« 【自転車、ラグビー】 TO線上のスプリンターと、青いグランプールたち | Main | 【自転車】 火曜のガリビエ »