« 【ラグビー】 フランス代表の山岳ステージ | Main | 【ラグビー】 本日のおっぱい動画 »

2011.07.16

【フランス、スペイン、カタルーニャ闘牛、ラグビー、音楽】 Llibertat per a la nostra cultura

BARCELONA.- Domingo 10 de julio(動画)
http://www.burladero.com/020181/barcelona//domingo/julio

10日、闘牛禁止の決まったバルセロナのモヌメンタル闘牛場に、当代最高であろうフィグラ3人が出場した特別な午後。牛はドミンゴ・エルナンデスとガルシグランデ。フリが耳3枚、セバスティアンが4枚、マンサナレスが2枚を切って全員がグランド・ポルトを開けた。
それぞれのクアドリージャのバンデリジェロ3人もまたオベイションを贈られた。

カタルーニャ州旗を掲げたアフィシオナード達に囲まれ、肩車で闘牛場を去るフィグラたち。Llibertat!

                        Laceg_2

14日、サン・フェルミン最終日のカルテルはファン・モラ、フリ、セバスティアン。
うずくまったきりテコでも動かない牛、ムレタに首を振って後ずさりする牛、危険な牛…この日のヌニェス・デル・クビジョのトロはどうしたことだろう、という感じだった。
唯一、2頭目でこの午後一番いい牛に当たったフリが耳を2枚取ってグランド・ポルト。でも、私はその前のベテラン、ファン・モラのコルナーダで気持ちが切れた。

角傷に包帯を巻き痛みをこらえながらも、モラのファエナは気高く何一つ牛に譲歩しなかったけれど、再び角に2度突き上げられて重傷を負い、医務室に運ばれた。

セバスティアンは動かない弱い牛、難しい牛を努力してつないだけれど、そこまでしかできなかった。


音楽がすごい闘牛場というと、やはりパンプローナははんぱない。鳴りっぱなし。観客は楽団の演奏にあわせて歌い、踊り、飲み物をかけ合う。
しかもレパートリーが広い。セバスティアンの闘牛の時は、ヨーロッパの"ファイナル・カウントダウン"とボン・ジョヴィの"リヴィン・オン・ア・プレイヤー"だったような気がするんだけど…

                        Laceg_2

先月末、トゥールーズ近郊リュムのノビジャーダでももに15㎝と10㎝の角傷を負い、ヘリでトゥールーズの病院に搬送されたノビジェラのコンチ・リオス。
ももに角が突き刺さったまま引きずられるひどいコルナーダだったけれど、2週間ぶりに復帰し、10日マドリードのラス・ベンタス闘牛場で耳を2枚切り、歴史的なグランド・ポルトを果たした。

ラス・ベンタスで女性闘牛士が1頭の牛の耳を2枚切るのは初めてのことらしい。彼女の前には、1995年にクリスティナ・サンチェスが耳1枚と1枚を取ってグランド・ポルトしている。

Conchi

                        Laceg_2

フランスでは今日からモン=ドゥ=マルサンでマドレーヌのフェリアが始まる。初日午後のカルテルはフリ、ルケに地元トマ・デュフォーのアルテルナティブ。

トマは史上56人目のフランス人正闘牛士になる。彼がデビュー以来注文している仕立屋のサントス・ガルシア・モレノが作ったアルテルナティブの衣装は、白と…銀。
「僕が初めてのノビジャーダの時に着た衣装と同じ。その時は友達が貸してくれたんだ。伝統的に、アルテルナティブには白を着るのが望ましい。だから、伝統を尊重する。銀の刺繍はよりオリジナルかもしれないけれどね」


闘牛とラグビーが人気のあるモン=ドゥ=マルサン。トマは昨年冬以来、スタッド・モントワのフィジカルトレーナーとトレーニングしている。
自分の剣の問題に悩んでいた時、子供の頃からの友人であるスタッド・モントワの主将Julien Tastetから、クラブのトレーナーを紹介されたという。

Costume

|

« 【ラグビー】 フランス代表の山岳ステージ | Main | 【ラグビー】 本日のおっぱい動画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/52216424

Listed below are links to weblogs that reference 【フランス、スペイン、カタルーニャ闘牛、ラグビー、音楽】 Llibertat per a la nostra cultura:

« 【ラグビー】 フランス代表の山岳ステージ | Main | 【ラグビー】 本日のおっぱい動画 »