« 【フランス闘牛】 2011ニームのカルテル | Main | 【音楽】 ウェイヴス・オブ・フィアー (Lou Reed) »

2011.04.09

【ラグビー】 カップ戦のあれこれ

昨夜のチャレンジカップは、最近では"マックスが持ち株を売るらしいよ"なんて話も出てきてるスタッド・フランセが、モンペリエを後半逆転で破って意地を見せたりしとります(32-28)
もっともモンペリエはスタメンを見る限り、プライオリティはTop14かナと…

                        Laceg_2

さてフランス勢のハイネケンカップ。アノエタに乗り込むトゥールーズは、ジョジオンがベンチに回ってポさまとフリッツがセンターのスタメンという。ここ数試合復調してきているエマンスはFBをやる。
怪我のミシャラクに代わってSHは若手ベジがスクレラとハーフ団を組む。

一方のビアリッツは、木曜のトレーニングでトライユが負傷し棄権するという痛手。

USAPは、サスペンションを軽くしてもらったマルティがスタメン入りしました。

                        Laceg_2

ピレネーのあっちで開催される今回の準々決勝2戦で、このところにわかに脚光を浴びているスペイン代表監督Régis Sonnes氏。元トゥールーザン。

「私はただプロフェッショナリズムの方向に流れるラグビーとは違うものを探していた。私はここで、自分の愛するラグビーのいくつかの価値を見つけました。しかしスペインには、価値はあっても金がない!
スペイン協会の予算は2,3Mユーロ。モン=ドゥ=マルサンのようなProD2のクラブでも、5Mの予算があるというのに…。メディアのカバーは無きに等しい。我々は今選手登録を進めること、そして学校にラグビーを導入する努力をしています」

「フランスがスペインに向ける注目は、この国のラグビーを動かすかもしれない。しかしそれはカタルーニャとバスクにしかかかわっていない。スペイン全土には及んでいないし、今回のイベントにも国レベルのフォローはあまりありません。
新聞にこの試合が採り上げられれば、我々がもう少し注目を集める助けになるでしょう。我々に足りないのはそれなのです」

|

« 【フランス闘牛】 2011ニームのカルテル | Main | 【音楽】 ウェイヴス・オブ・フィアー (Lou Reed) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/51342398

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 カップ戦のあれこれ:

« 【フランス闘牛】 2011ニームのカルテル | Main | 【音楽】 ウェイヴス・オブ・フィアー (Lou Reed) »