« 【ちょっぴり闘牛とサッカー】 | Main | 【ラグビー】 さらばバラ色の街 »

2011.04.28

【ラグビー】 停職でござる

Chabalrtlブランコ御大は、「これがシャバルの本の宣伝だとしたら、彼も墜ちたものだ」、とお怒りでございます。大ごとに発展してしまいましたナ…(;´д`)

シャバルのレフェリー批判発言に対して、協会の反応は早かった。
FFRのカムー会長は、懲戒のためLNRの規律委員会に訴えると決定。それを受けて、所属クラブのラシンはシャバルをひとまず5月11日まで停職処分にし、その上で規律委員会の決定を待つつもりらしいです。
パリジャン紙は、彼は5月の12日に召喚された、と報じているという。100日までになるサスペンション&罰金1500ユーロのおそれがあり、リーグの決勝フェイズへの出場は処分次第であろうと。ただ、聴取の日付はシャバルとラシンの求めで早まることもありうる。

LNRのルヴォル会長も、ただちにFFRに同調。「レフェリーは完璧ではないが、レフェリングが最も難しい我々のスポーツの本質は、選手が彼らを尊重することだ」、と言い、シャバルに謝罪を促した。(しかしお偉方のこの釣られっぷりがむしろ怪し…いやいや…)


当のシャバルは、さすがに不用意であったと反省してか、RTLのマイクの前で謝罪しました。

「論争になってしまってすまない。もし傷ついた人がいたなら申し訳なかった。誰かを非難するつもりはないんだ。
この日曜、何紙かの記事に載ったことは残念だ。レフェリング、俺は自分の本の中で10ページほど悪意なくその話をしているが、文脈からあんなふうに言葉を抜き出してはだめだ。
俺はそうは言わなかったし、強く言ってもいない。におわせた程度だ。それぞれにそれぞれの考えがある。俺はレフェリングについて話すのはかまわないと思う。レフェリーたちはノン・プロフェッショナリスムを耐え忍んでいるんじゃないか。彼らは仕事をするのに道具や武器がそろっているわけじゃない。
難しい仕事だと、つくづく言いたいよ。俺だったらいくら金を積まれてもやらないな」

|

« 【ちょっぴり闘牛とサッカー】 | Main | 【ラグビー】 さらばバラ色の街 »

Comments

シャバルは本当に、グラウンド上以外でのはしゃぎぶりが気になりますね。そろそろ引退しても…?

「おまえが言うな」的な発言だけでもあれですが、コーチ陣を筆頭に、ラシンの懲罰上等でプレッシャーかけてくるクラブの方針はとても見苦しいと思ってます。
ラシンが審判に嫌われてるなんて言ったら、鼻で笑われますよ。ましてや、カストルを出してくるなんて!他のクラブの試合を見てないとしか思えません(苦)。

失礼ながらも、Top14の審判が無能なことには異論はありません。
外で文句言うくらいだったら、その多大な年俸の一部を審判協会に寄付したらいかがか。その方がよっぽど建設的ですよね。

Posted by: machvili | 2011.04.28 at 10:26

彼、年俸も高いけど、副業その他の方が収入多いんですね。

ラシンは昨季プレーオフの判定ではもめたけれど、今季に入ってはむしろ有利なレフェリングが話題になる方が多かったような気がしてます。モンペリエ戦とか、ラ・ロシェル戦とか。

ベルビジェにからまれたくないからなのか、それともジャッキーの政治力か?(考えすぎかなー…)

シャバルの指摘した点はどうかわかりませんが、笛の不公平は若干あるような気がします。技術的な面は、うーん…

Posted by: つき | 2011.04.29 at 00:13

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/51512708

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 停職でござる:

« 【ちょっぴり闘牛とサッカー】 | Main | 【ラグビー】 さらばバラ色の街 »