« 【ラグビー】 さらばバラ色の街 | Main | 【ラグビー、写真】 ポワトルノーの"決定的瞬間" »

2011.04.29

【ラグビー】 今週まとめ ヒゲと寵児とトラブルメイカー

今年の連休は予定なんか何もないので、ブログでもやりますわ。

私がパリセを"王子"と呼んでいるのはトロイのパリス王子にちなんでなのですが、ロイヤルウェディングの中継を見ながら、そういえばウィリアム王子はパリセにちょっと似てるかなー、と思った。
5、6年前のウィリアム王子とは、そんなに似てないかもしれない。いや、だから頭頂(ry

                        Laceg_2

今週、フランスのスポーツ紙面を賑わせたラグビーの方々を挙げろと言われれば、やはりシャバル、ミシャラク、ヘンソンでしょう。


協会を巻き込む大論争を引き起こしたシャバル舌禍(筆禍)事件。折しもサッカーチャンピオンズリーグで、バルサの元通訳が似たような騒動を起こしてますが。

RMCラジオの中の人は、シャバルのスポンサーにまで突撃したらしい。彼のスポンサーは、当然の反応ですがおおむねコメントを避けてます。
プーマ・フランスのマーケティングチームは、誰も彼も「ドイツでミーティング」につき手が空いてない。電話取材でつかまったマーケティングディレクター氏は、明らかに返事に窮し、開口一番すっとぼけた。「何をおっしゃりたいのか分かりませんな」

イメージのビジネスは、ある意味メフィストフェレスとの契約のようなものでしょう。つかの間の富と脚光、でもメディアも広告も、もう利用価値がないと判断すれば即座に手のひらをかえすかもしれない。私は常々、選手たちがこの波をうまく乗りこなしてくれればいいと思っているんだけど。
シャバルは問題のインタビューを掲載したJDDでの連載を止めることにしたという。

シックスネイションズ以降、メディアはシャバルよりも、トゥールーズで好調のピカモールをワールドカップの代表№8にすえたがっているように見えます。あるいはラカフィアのサプライズ。
シャバルの発言は、もちろんフランスラグビー界のスキャンダル告発とも取られかねない重大なものではあったんだけれど、今回の騒ぎの拡大には、どうもその種のメディアその他の"思惑"が働いていなくもないよーな気がする…

いずれにしても、リエヴルモンのリスト発表は5月11日。
スクレラ父は、今回の件について「時には看過できないこともある」と言い、もしシャバルが出場停止処分を受けたなら、彼はワールドカップのリストから落とされるかもしれない、と話している。

                        Laceg_2

ミシャラクはトゥールーズを恨んではいない。僕は怪我も多かったしね、と。
もう戻ってくることはないと思う、それでも僕はいつまでもトゥールーザンだよ、と言っている。
まあ、私はせめてミシャラクにくらい、育ったクラブで引退してほしかったさ…

「僕はここでキャリアを終えようと思っていたんだ。これはプロラグビー。全キャリアを通じて同じクラブに残るのは、ますます難しくなっている」

                        Laceg_2


Ghenson2011_2トゥーロンはそもそも月曜にヘンソンの今後について発表をする予定だったのが、1日伸びた。ブジェラルはその会見で、ヘンソンはもうトゥーロンのマイヨを着ることはないだろう的なことを言ったらしい。
どうも、ヘンソンが火曜に行われるはずだった話し合いをすっぽかしたんじゃないか、という噂もあることはあるんですけれども…

ともかくそのヘソソソさんは、水曜と金曜にトゥーロンの幹部と会った。なんやら事情は複雑らしく、ブジェラルは解雇を決める前にもう少し調査をしたいということで、決定を延期したらしいス。最終決定は月曜とな。


しかしまあメディアの反響は見たところ、そもそも2月に、そこまで21ヶ月で4試合しかプレーしてないヘソソソさんを加入させるという話が持ち上がった時の方が、その衝撃は大きかったと思う。
で、今回彼がたった2試合でトゥーロンを去るかもしれないといっても、その反応は「だよねえ」が主たるトーンである気がいたします。

思い起こせば、サラセンズはやけに気前よく彼を自由契約にしていたのでした。近年ヘンソンのカラータイマーは、おおむね2ヶ月で点滅を始めるようである。でも実は私、こういう人嫌いじゃないです。

画像は本文とはまったく関係ないマッパ南極物語です。ワールドカップまで4ヶ月、裸一貫出直しということになってしまうのだろうか。頑張ってヘソソソさん!

|

« 【ラグビー】 さらばバラ色の街 | Main | 【ラグビー、写真】 ポワトルノーの"決定的瞬間" »

Comments

がんばって、ヘンソンさん!

今度のワールドカップにはおそらく出ないのだろうけれども、彼のいないウェールズ代表は寂しいばかりと思い始めて久しいです。
陽光あふれるトゥーロンでは日サロに行く必要がないだろうになぁ。

Posted by: machvili | 2011.04.30 at 01:46

いい意味で澄み切ったバカっぽさが魅力のトゥーロンには、むしろウィルキンソンあたりよりマッチしているような気がしたのですが…カラー的に。

出れば出たで仕事しますしね(やられたけど)。ワールドカップ、見たいですよぅ…。


>日サロに行く必要がないだろうになぁ

絶対パンツの跡残したくない人ですよね。思いっきりパパラッチされそうな気がしまっス(・∀・)

Posted by: つき | 2011.05.01 at 04:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/51525158

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 今週まとめ ヒゲと寵児とトラブルメイカー:

« 【ラグビー】 さらばバラ色の街 | Main | 【ラグビー、写真】 ポワトルノーの"決定的瞬間" »