« 【ラグビー】 ハイネケンカップと民族の誇り | Main | 【音楽、映像】 Fall on Me »

2011.04.05

【ラグビー】 1人、また1人

とりあえず、5ヶ月後の日本と世界を信じて続けますです…


クレルモン&代表プロップの子牛ちゃんことドミンゴが、先週末のビアリッツ戦で前十字靱帯を断裂し、彼のシーズンが終了しました。
シックスネイションズでも評価を上げ、代表に欠かせない選手となったドミンゴですが、通常復帰までに6ヶ月はかかる怪我でもあり、ワールドカップ出場が非常に危ぶまれています。

ドミンゴ本人は、努めて楽観的であろうとしている。
「ラグビー選手のキャリアではいつでも起こりうる怪我だ。僕はまだワールドカップをあきらめていないし、あきらめたくない。それでもしNZに行けなくても、できる限りのことをしただろうから悔いはないよ」

リエヴルモンは5月11日に発表される代表30選手のリストで、ドミンゴを31人目に加えて最後まで回復を待つことも検討しているらしい。
それは協会との話し合い次第だろうけれど、このポジションではやはりワールドカップに間に合うか微妙なバルセラがいて、難しい判断になるかと思われます。


ドミンゴに奇跡が起こることを期待しながら、一方で彼の代わりは誰かという話になるのはまあ仕方がないことなのかもしれないけれど、まず名前が上がるのはマルコネ。
マルコネ自身も、前回ワールドカップを足の骨折であきらめざるをえなかった。彼は左も右もでき、経験もある。ただ、ベテランの彼が全試合でプレーできるかどうかということと、何より彼はイタリア戦の後でチームを外された1人でもあります。

USAPのシュステールはパワーと機動性を兼ね備えたモダンなプロップだけど、代表経験に乏しい。トゥールーズのプクスはここまでリエヴルモンのプライオリティではなく、むしろ控えとして理想的と見られている。
その他では、ここ最近注目を集めているカストルのフォレスティエールにも言及されてます。彼もまた06年の秋にドミンゴと同じ怪我をして、ワールドカップに別れを告げた経験を持つ。

|

« 【ラグビー】 ハイネケンカップと民族の誇り | Main | 【音楽、映像】 Fall on Me »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/51308920

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 1人、また1人:

« 【ラグビー】 ハイネケンカップと民族の誇り | Main | 【音楽、映像】 Fall on Me »