« 【音楽】 死ぬほどワラタ (Jim O'Rourke) | Main | 【音楽】 フランス音楽代表と言語学 (追記上げ直し) »

2011.03.02

【ラグビー】 イタリア戦の23人

同じです。ただ、負傷のメダールは戻ってきました。イングランド戦で痛めた膝が心配されたトラン=デュックもどうやら大丈夫。
報道は、イングランド戦で敗れたメンバーと同じでいいの?と言いたげだけど、ここでノヴェっさんが一言。

「私はリエヴルモンの支持者になる気はないが、彼はチームをころころ変えすぎるというのでずいぶん批判され、今ではチームを変えないといって批判されている。今、彼のやっていることは比較的一貫性がある。どこかで、我々は全員が代表監督だ。私は自分が監督なら誰を選んだかは言わない。今は彼のやることを尊重している」

もっともノヴェッさんは、シャバルが批判されるのは彼に無理な期待をかけすぎているからだ、と言いつつさりげなく「私はむしろピカモール」、とつけ加えたりしているわけなんだけれど…


Avants (13): Nicolas Mas (Perpignan), Thomas Domingo (Clermont), Luc Ducalcon (Castres), Sylvain Marconnet (Biarritz), William Servat (Stade Toulousain), Guilhem Guirado (Perpignan), Lionel Nallet (Racing-Métro), Julien Pierre (Clermont), Jérôme Thion (Biarritz), Thierry Dusautoir (Stade Toulousain, cap.), Julien Bonnaire (Clermont), Imanol Harinordoquy (Biarritz), Sébastien Chabal (Racing-Métro)

Arrières (1O): Morgan Parra (Clermont), Dimitri Yachvili (Biarritz), François Trinh-Duc (Montpellier), Yannick Jauzion (Stade Toulousain), Aurélien Rougerie (Clermont), Vincent Clerc (Stade Toulousain), Yoann Huget (Bayonne), Maxime Médard (Stade Toulousain), Damien Traille (Biarritz), Clément Poitrenaud (Stade Toulousain)

                        Laceg_2

さて、スタッド・フランセは週末USAPとの大事な試合だけれど、イングランド協会が(前節のウィルキンソンのケースに反して)パーマーとハスケルを自由にしないというので、マックスは「今後はもうイングランド代表クラスは取らん」、とおかんむりです。
ではどちらに路線変更するかというと…やっぱアルヘンかい?という話。スタッフのことですが。

ワールドカップ後に現役を引退するであろうクレルモンのレデスマ兄は、スタッド・フランセのFWコーチに就任するんじゃないかというウワサがある。すでに先週チェイカに会ったんじゃないか、とか。

Medardtrinh

|

« 【音楽】 死ぬほどワラタ (Jim O'Rourke) | Main | 【音楽】 フランス音楽代表と言語学 (追記上げ直し) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/51006792

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 イタリア戦の23人:

« 【音楽】 死ぬほどワラタ (Jim O'Rourke) | Main | 【音楽】 フランス音楽代表と言語学 (追記上げ直し) »