« 【ラグビー】 どっちが本物 | Main | 【切手、猫】 世界の猫切手 猫と人と »

2011.02.19

【ラグビー】 Top14今週のいくつか

Beauxis à Toulouse
C'est la fin d'une longue période de rumeur autour de Lionel Beauxis. L'ouvreur du Stade Français a signé à Toulouse avec qui il évoluera pour trois saisons.

ということで、長い長い噂の果てに、ボクシスがトゥールーズと3年契約にサインです。トゥールーズはスクレラに続きスタッド・フランセからSOを引き抜いて、30過ぎたスクレラと若いのを取り替えたことになりますが、しかしよくやるよねえ。

                        Laceg_2

Top14で今週起きたことといえば、フランス代表に招集された選手たちが週末のクラブの試合に出られないため、アイルランド戦であまりプレーしなかったクレールとジョジオンをビアリッツ戦で使いたかったノヴェっさんがムカムカしている、と。トゥールーズは6選手取られてるからね…

まあ風物詩的な話題ではありますが、昨季までと違うのは、FFRとは反対にイングランド代表がウィルキンソンを自由にしたため、彼はトゥーロンの試合に出られるということであります。Mジョンソンとサンタンドレ間で合意したらしい。

                        Laceg_2

前のエントリに追記しますと、シャバルろう人形のプレゼンテーションのとき、特筆すべきはベルナール・ラポルトが出席してスピーチをやったことでしょう。
「何年もの間、多くの人間が我々を対立させようとした。まあ、私がここにこうしていることで、我々が実際はアミだということがお分かりいただけたかな」

|

« 【ラグビー】 どっちが本物 | Main | 【切手、猫】 世界の猫切手 猫と人と »

Comments

そして、3年後にはボクシスをクビにして、プリソンをとるのでしょうね。噂通り、元祖エルマーゴがやって来るのでしょうか。そんなことしたら、二代目エルマーゴが泣いちゃうかも?

これでバス太郎まで出て行った日には、パリは一から出直しですね。
まあ、スタッド・フランセなんかにいると、やってもいない「危険なタックル」で20日の出場停止処分をもらったり、代表監督がパリの会長を名指しで攻撃したりしますもんね。選手も馬鹿ではないのでしょうから、短い選手生命においてたとえ3年でお払い箱になったとしても、強豪チームに移りたくなる気持ちは分かります。

本心を言うと「ありえんっ」ですが。

Posted by: machvili | 2011.02.19 at 01:40

逆に言えば、現状プリソン君がそのくらい、ものになってくれることを願いますが…
というか、放蕩息子ご帰還ですか??


しかしトゥールーズサポは昨年の対戦のとき、思いっきりボクシスにブーイングしたはずだけど、メディアもトゥールーズサポも「ボクシスにとってはいい話」という方向に持っていきたいみたいで、ちょっと、なんだかなあと思ってしまいます。

最近右寄りのフィガロ・マガジンがドラノエネタにからめて、事実じゃない情報でスタッド・フランセを叩いたという話をフォーラムで見かけました。ラグビー勢力図だけでなく政治の方でも、裏でいろいろあるのでしょうかね。

Posted by: つき | 2011.02.22 at 19:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/50908533

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 Top14今週のいくつか:

« 【ラグビー】 どっちが本物 | Main | 【切手、猫】 世界の猫切手 猫と人と »