« 【ラグビー】 釣り堀ですね | Main | 【ラグビー】 昨日の移籍市場 スタッド・フランセとトゥールーズ(とバイヨンヌ) »

2011.02.04

【ラグビー】 代表と大人の宿題

ラポルトの時代でも、1列スタッド・フランセ、BKトゥールーザンみたいな試合はあった。
「代表スタッフの考える野心的なゲームをやるには、準備期間が足りない」、というシャバルの言葉を思い出してもいいのだけれど、リエヴルモンはそれぞれのクラブで成熟したオートマティスムを、代表チームで有効活用するつもりはないらしい。結果、実戦的なユース相手の練習試合が増えて、怪我人も増える。


秋のワラビーズ戦大敗の後、代表スタッフと選手の間にはそれなりに真剣で包み隠さぬ話し合いがあったみたいです。
「ものを言い合えることが大事なんだ」、とはパラ。選手たちはスタッフに、より以上の指標を求めた。

彼らの直截な意見を聞き入れたリエヴルモンは、実はこの2ヶ月かけて彼が構想するゲームのマニュアルブックを作っていたらしい。そしてシックスネイションズに招集された選手1人1人に、この手帳を手渡した。
コンビネーション、サーキュレーション、ポジショニング、ディフェンス、アタック…トライユによれば、「全部この中に書いてある」


「僕達の宿題だよ。ちょっと小学校を思い出しちゃうな(笑)」、とはルージュリー。
彼は結構いつも冗談ばっかり言ってる人で、こういうところがリエヴルモンからするとちょっと軽く見えるのかもしれないけど、ともかくルージュリーは真顔に戻って話を続けた。

「でもこれは必要だし役に立つ。もう分かってることでも、こんな風に黒板に書いてあると新鮮だね。僕達には、共通の指標を持つためにまさにこれが必要だったんだ」


パラによれば、テストマッチ以降全員が努力して批判を受け入れ、個人それからチームの問題を見直し、今ではグループから緊張が消え、笑顔が戻ったという。
大敗はフランス代表の新たな出発点になったんだろうか?On verra!

                        Laceg_2

ところでこの手帳、誰かが紛失でもしたらえらい騒ぎになりそうだけど、「代表で手帳をなくしそうな人」といって思いつく何人かの選手たちが、きれいにリストを外れていることに気がついた(・∀・)

|

« 【ラグビー】 釣り堀ですね | Main | 【ラグビー】 昨日の移籍市場 スタッド・フランセとトゥールーズ(とバイヨンヌ) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/50765121

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 代表と大人の宿題:

« 【ラグビー】 釣り堀ですね | Main | 【ラグビー】 昨日の移籍市場 スタッド・フランセとトゥールーズ(とバイヨンヌ) »