« 【ラグビー】 Top14第16節 | Main | 【美術】 画集と思い出 »

2011.01.11

【ラグビー】 Tout ça ne vaut pas l'amour, la belle amour,

スタッド・フランセ×トゥールーズ@スタッド・ドゥ・フランス(31-3)、ハイライト
http://videos.stade.fr/video/iLyROoafzMwq.html

アトラクションの模様。オッパイはすでにお約束
http://www.stade.fr/actualite/article/view/7816


以前ラシン会長のジャッキーが、「SDF試合開催にスタッド・フランセが協力してくれない」とブーたれたとき、何を甘えたちゃんなことを言っているのだろうと思ったものだけど、もちろんトゥールーザンがピンクのパリジャンのお祭りに力を貸したことはない。
トゥールーズが欧州カップの温存などを理由に、パリにBチームを送るのはもはや恒例であります。(たまに超豪華なんちゃってBだったりすることもある)

今回は前節負傷のセルヴァとピカモールが棄権。センサス、アルバセテ、ケラハー、ミシャラクといったあたりも、ハイネケンカップをにらんで遠征を外れた。
それでも豪華布陣であることには変わりないのですが、トゥールーザンの最大の誤算は、直前のスクレラの負傷でした。ハーフ団は最終的にもうすぐ20歳のドゥサンと21歳のベジ(彼はスタッド・フランセの下部組織にいたことがある)。若いハーフ団は彼らにできることをしたけれど、かなり苦しんだ。

先週1週間をラグビー選手としてよりもハッピーな一児の父として過ごしたクレールにとっては、めったにない散々な夜。まーそれはしょうがないよねー。
パリジャンの1トライめ(アリアス)のきっかけを作り、2トライめ(太郎)ではボクシスにハンドオフをくらった。ちょっと、いつになくディシプリンを欠いたこの夜のトゥールーザンを象徴してしまった新米パパだったのでした。
「彼らは勝利にふさわしかったし、何も言うことはない。全体的に、大部分のセクターで圧倒された。規律の欠如はいつもどこかで、相手の支配に関係している。まったく当然の結果だ」、とノヴェっさんは言う。

                        Laceg_2

勝ったスタッド・フランセは、先週負傷したパリセと師匠もスタメンに入り、体調を崩していたグルチャガもベンチに戻り、この一戦にほぼベストメンバーで望むことができた。
首位のトゥールーズ相手にボーナスポイントを取って勝つとは誰もが予想しなかった試合で、会心の勝利。試合後、大喜びのパリセに抱きしめられたマックスは、危うく彼に絞め殺されかけたらしい。

両チームのハーフ団の出来は結果に影響を及ぼしたかもしれない。ラインアタック、キックのインスピレーション…SOボクシスのパフォーマンスが試合ごとに向上していて、デュピュイとの相互理解も進んでいる。

パリジャンの最大のモチベーションはおそらく、79,578人の大入り満員の観客。試合の前、チームの低迷する順位に、マックスはちょっと客の入りを心配していた。
「スタッド・フランセは首位ではないし、難しい試合になることも分かっていたのに、我々には我々を愛し、見に来てくれる観客がいるということの表れだ。スポーツのパフォーマンスが必要だが、感情は時にそのすべてを越える」

                        Laceg_2

前にも書いたけれど、私にはパリジャンのお祭りはちょっとジャン・ルノワールの映画"フレンチ・カンカン"のイメージです。ショーこそ人生、スターを発掘して客を楽しませてなんぼのジャン・ギャバン演じる興行師。
会長同士のマイク・パフォーマンスも前座に過ぎない。SDFのお祭りをムーラン・ルージュのドリス・ガールたちが彩るのは、偶然じゃない気がする。
「観客はチケット代の元が取れるのではないかな」(マックス談)

French Cancan 1954 Moulin Rouge (YouTube)

試合前のアトラクションでは、フランスの人気若手テノール歌手、アモリ・ヴァシリのミニコンサートもありました。なかなかですなー買っちゃおうかな。で、パリジャンの3トライめを挙げたイングランドのお祭り男ハスケルに敬意を表しましてこの曲を。

Clip France Bleu "Amaury Vassili - Lucente Stella"(Dailymotion)

|

« 【ラグビー】 Top14第16節 | Main | 【美術】 画集と思い出 »

Comments

会心のできでしたよ!特にボクシスの気合が空回りせず、バックスもよく走っていたし。アトゥブは元気そうだし。
トゥールーズの方は、3列が弱かったですねぇ。ミロシュルスキも試合途中からダウンしていましたし。
悪かった印象はクレールというよりは、P…。あと、エマンスのシュミレーションは非常にみっともないです。イエローカードを取れたので、正解といえば正解ではありますが。

調子に乗って大量につめかけていたトゥールーザンサポの静まりかえりぶりも含めて、スバラしかったです。
この試合を見てもわかるように、チームにスクレラが必要なのは明らかなのに、まだ雇用もしてない選手とレギュラーを両天秤にかけるなんて、どこまでおごっているのでしょう。ひとさまの正スタンドオフをお金でぶちぬいておいて、契約一回で粗末に扱うなんて許しがたい所業ですよ。
ラグビー選手も馬鹿ではないし、下克上激しいリーグだけに、心をいれかえないとどうなるかわかりませんね。

Posted by: machvili | 2011.01.12 at 21:47

試合見に行かれたのですか?いいお祭りでしたねhappy01パリサポの皆さんにはチケット代以上の大満足だったんじゃないでしょうか。
アモリ・ヴァシリのCD買っちゃいましたよ。マックスご紹介ありがとう。なんだかんだでまだまだ業界に顔が利きますね。

>P…。
あの伏せ字のようです(゚ー゚;
ポさまはやらかしてなんぼのネタ系ですし。クレールもポさまを信じて内に返したのでしょうが、あれはボクシスのキックも絶妙でしたね。
エマンスのはハイタックルのでしょうか、彼は前にもSDFでシミュレーションをやって、パリサポが嘆いてるのを見ましたが…


トゥールーズはトライユの線は消えたけど、SOの補強の噂はいろいろありますね。ミシャラクも怪我がちだし。
最近は話題にも上らなくなったけど、ボクシスの件はどうなったんだろう。

選手も年々「プロフェッショナル」になって、生活のためのシビアな選択をするようになりましたもんね。
トゥールーズの主力にいろいろ声をかけてるらしいバイヨンヌの強気には驚きですが(ラポルトかなー)、それも時代ですね。もう看板だけでは…

Posted by: つき | 2011.01.13 at 11:35

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/50557116

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 Tout ça ne vaut pas l'amour, la belle amour,:

« 【ラグビー】 Top14第16節 | Main | 【美術】 画集と思い出 »