« 【ラグビー】 その発想はなかった | Main | 【本】 販促キャンペーンに乗るのはシャクなんだけどなあ »

2011.01.20

【ラグビー】 リストについてもうちょっと

今回のリストはシックスネイションズを戦うために招集された30選手であって、ワールドカップのそれではない、とリエヴルモンはゆっている。
ただしこのグループは何人かの負傷が考慮されていて(シュステール、ザルゼウスキ、ミロ=シュルスキ、バルセラ、ミシャラク、ダヴィド)、それを除けばほぼワールドカップのプレリストに近いと考えられます。

リエヴルモンの選択は、例のごとくポリバレンスと選手間の相補性に応じて。しかしポリバレンスとはいっても、リストを見て、もはや誰をどこで使うつもりなのかサッパリ分かりません。
それに何人かのポリバレンスは、やはり中途半端だ…。そのポジションではもっと優れていると思われるスペシャリストが外れている。

どのスポーツであれ基本的には、ハイレベルで指揮する監督はシロウトが思いつくようなことは100ぺん考えた上であえて選択をしているのだろう…と、常日頃そう考えるようにしてますけれども、しかしなあ。チームの継続性?それは問題の継続?
試合を観るまで待とうじゃないか。その通り。そう言い続けてはや3年。

                        Laceg_2

フランスのラグビーファンの反応はやはりというか失(絶)望に満ちてます。なぜリエヴルモンが何人かの選手にここまで固執するのか分からない。ベテランは休ませて他にプレー時間を与えるべき選手がいたんじゃないのか。等々。
特にバスタロー、ピカモール、マルジューがリストを外れたことには、大いに疑問の声が上がってます。バスタローなしですませるとは、この監督は頭がおかしいのか、とまで言う人もいる。ただしマルジューに関しては、リザーブリストの筆頭です。

リエヴルモンはすでに秋のテストの前、バスタローにフィジカルコンディションとメンタルの向上を求めましたが、いぜん自覚とパフォーマンスの向上が見られない、と判断したようです。
今彼のポジションにはもっといい選手がいる、ということらしい(そうですかナ?)。あのパワーは代表の他の誰も持っていないものだけど…

リエヴルモンは仮にアウトサイドのポジションに怪我人が出ても、バスタローでなくウィングのマルジューを呼ぶ、とさえ言っているのだけど、つまりその際はポワトルノーにセンターをやらせる気満々らしいス。
ルージュリーとポさまで解決策には事欠かない、と言うんだけれど、どっちも本職じゃないジャン…


ピカモールについては進歩は認めたらしいけど、リエヴルモン的には、ヒエラルキーをくつがえすにはまだ十分ではない。
リエヴルモンは現状、シャバルとアリノルドキ、ボネールの働きに満足しているという。

                        Laceg_2

その他で特筆すべきは、まずトゥールーズのトライアングル(メダール、クレール、ポワトルノー)の復帰。
秋のテストマッチを外れたクレールは、その経験とメンタリティによって代表に戻されましたが、リエヴルモンの目には、彼のパフォーマンスは2年前ほどではない。リエヴルモンは彼の完全復調に期待している。


マルコネの代表復帰は、彼が前のワールドカップを棄権したいきさつや、NZへのチケットを手にするために今季ビアリッツへ行きいいシーズンを送っていることなどを考えれば、本来はいい話。
でもこうした背景のために、34歳の彼の復帰がちょっとネガティブなとらえ方をされるかもしれないのは気の毒な感じです。

今回のマルコネの招集は、直接的にはシュステールが負傷棄権したため。カストルのForestierやトゥールーズのプクスの名がささやかれていましたが、リエヴルモンは仏代表プロップ最多キャップであるマルコネの経験と、ポリバレンス(左も右もできる)、競争者のスピリットに信頼を寄せたのです。


ハーフ団。ここも論争を招きそうなポジションではあるけど、ともかくトラン=デュックは怪我から戻った。クラブの来季の契約の件で、集中を乱されなければいいんだけれども…
秋にSOで結果を出せなかったトライユは、ヒエラルキーの3番目になるらしい。トライユは最近ビアリッツで、一時スタッフの判断でセンターに戻ったこともある。

復帰も噂された好調ボクシスでしたが、これでワールドカップにはさよならなのかな、という論調です。
スタッド・フランセの彼の相方デュピュイについては、「いい試合をしているが、それはパラとヤシュヴィリも同じだ」、とリエヴルモン。


ちょっと気になったのは、あれリエヴルモンはこのリスト発表の会見を1人でやったのかな?ということです。いつもは3人で出ていたような気がするけれども。

|

« 【ラグビー】 その発想はなかった | Main | 【本】 販促キャンペーンに乗るのはシャクなんだけどなあ »

Comments

大方のフランス人の見方に反して、パリファンにとってはバスタローが外れたのは特に不思議ではありません。太郎ちゃんを生かすには太郎ちゃんシステムにしないといけないわけで、フランス代表がそこまでやる必要はないのではないかと。

不思議はピカモールとマルジューが嫌われてることですね。シャバルよりピカモールですよ。あと、フランカーが軽すぎだと思いませんか?

賛否両論はあるけれど、フォワードに関してはそれほど問題はなさそうですが、バックスは…、スクラムハーフ以外、まさに絶望的ですね。
ユジェ、パリソン?ルジュ、ポワトルナッド????レギュラーが誰も怪我しないことを祈りますです。
スタンドオフは…、いまのところ、トリンがスタメン、トライユがベンチ、スクレラがベンチ外な感じですかね。そして、試合を重ねるたびに順番が変わっていくという…淡い希望が残されているかも?

Posted by: machvili | 2011.01.20 at 21:22

タロちゃんはバーバリアンズでメルモズとのコンビが良かったそうなので、ちょっと見てみたかったです。やっぱり彼中心のシステムでないと駄目?
あとは、秋に単体では空転気味だったメダールをどう使うかというのも…

ピカモールとマルジューは、どちらかというとメンタル面であまりリエヴルモンに好感を持たれてないような気がしてます。

現スタッフはフランカーは走力重視みたいですよね。ちょっと似たようなタイプがそろってますでしょうか。リーグ屈指のタックラーたちだとは思いますけれども。
なかば冗談で「ヴォスルー(とBジェームス)を呼ぶっきゃないっしょ」みたいなことを言ってるフランス人がいましたが、そういやその方向性もあったね、と思ってしまいました…

バックスはなぁ…(;´д`)
ユジェ、パリソン、トライユあたりは批判多いですね。選手が悪いわけではないのであまり言いたくはないけれど、パリソンのポリバレンスはウィングとしてはマルジューの方が決定力があるし、FBとしてはポリカルの方がキックも含めて確実だという気がします…

Posted by: つき | 2011.01.22 at 00:06

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/50636093

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 リストについてもうちょっと:

« 【ラグビー】 その発想はなかった | Main | 【本】 販促キャンペーンに乗るのはシャクなんだけどなあ »