« 【ラグビー】 カタラン、振り出しに戻る | Main | 【ラグビー】 Top14第16節 »

2011.01.08

【ラグビー】 中央山塊からブリタニックまで

Vosl【俺たちはまだ死んでいない】

金曜夜の中央山塊ダービー、ブリーヴ×クレルモンは、29-22でホームのブリーヴが勝利。あまり美しくはなかったかもしれないけれども、ハートはそこにありました。
今季アウェイで勝てないクレルモンは、23-3とリードされた後半の初めに何人かの主力を投入しますが、このコーチングは明らかに効いた。特にパラ。しかし20点差を埋めるには遅かった。
ブリーヴは一時はスコアを8ポイント差にまで詰められますが、FW陣の奮闘は何度もチームを救った、特にスクラムで。

今週、来季のクレルモン加入の口頭合意を打ち明けたヴォスルーは、65分に交代で下がるとき、スタッド・アメデ=ドメネクの観客からオベイションを贈られました。彼はいつでも100%でマイヨを守り、一番最後までグラウンドに残ってファンと交流する選手の1人です。この試合後も、大勢のファンに囲まれて彼らと勝利の喜びを分かち合っていた。
ヴォスルーは母国南アフリカにはびこる暴力から家族を守るためにフランスに来た。カストルで3年、ブリーヴで3年。来季からはクレルモンでキャリアの新たなチャレンジとなりますが、当面はブリーヴの1部残留をかけた戦いが続きます。


【スクレラと30代の壁】

移籍市場に関することでともかく私が嫌いなのは、選手がもっぱら自分の(コマーシャルな)イメージを守るために、古巣を批判して非を押しつけるようなことですね。彼らはファンに向けてではなく、スポンサーに向けて笑顔を作る。

08年にスクレラがスタッド・フランセからライバルのトゥールーズに行ったのは、それなりにインパクトのある出来事でありました。彼は基本ぼん気質で鷹揚なところがあるようで、トゥールーズ加入はお金の選択でもあるということを打ち明けたのだけど、そう正直に言われてしまうとむしろ、「まあプロは生活かかってるからしょうがないよねえ…」と思う。

スクレラは何よりキャリアの最後を、生まれ故郷の(父と同じ)クラブでプレーするためにトゥールーズに帰ったのだけど、今季末に契約が満了する彼は、まだ来季プレーするクラブが決まっていない。トゥールーズに残りたがっているけど、彼ももうすぐ32歳になる。


【文化文化言い出すと結局なんの結論も出ない、って問題はある】

これは雑談レベルの話。あんまり真面目にとらないで。
マンスター戦で相手キッカーをリスペクトしましょう、とトゥーロンのクラブが呼びかけている件で、どこのアンケートかは知らないけど、トゥーロンサポ間のアンケート調査が行われているらしい。その途中経過によれば、現時点で、
60% ブーイングしないよ
30% トゥーロンを応援するよ
10% もちろん野次るよ

トゥーロネの中にももちろん「僕自身はブーイングしたことない」というサポもいるのだけれど、マイヨールで野次り倒すトゥーロネはどうも、「ブーイングはラテンの文化」と考えている、建前として。プレイスキッカーへのリスペクトはブリタニックの文化であり、沈黙はトゥーロンの文化じゃないんだそうだ。騒ぎたいだけじゃないかと思うんだけどね。
前に、「フランスはどのスタジアムだってブーイングくらいあるじゃん」と言うトゥーロネに、もっと北の方のサポが「一緒にすんなボケ」、と…そんな罵り合いを見たことがある。

今回のは、わりと感化されやすいブジェラルの「あれやってみてえなあ」の一環じゃないかっていう気がしなくもないけど、たとえばトゥーロンの今季の空色と白のマイヨが不評なように、クラブの伝統を軽んじるブジェラルの方針に対するアンチサポというのも一定数存在するように見える。


【だと思ったのねー '`,、('∀`) '`,、】

チャレンジカップでラ・ロシェルのトデラスクの顔面を蹴った罪に問われたイングランドのホープ、アトウッド(グロスター)ですが、このほどERCの規律委員会から9週間の出場停止を命じられた。
彼はシックスネイションズの最初の2試合、ウェールズ戦とイタリア戦には招集されないかもしれない。

アトウッドにスタンピングされたトデラスクは、ほほに数針縫う切り傷と、歯を1、2本折った。
ちなみにこの処分は、ハイネケンカップのサラセンズ×クレルモンで、ビデオにはさっぱり映ってなかったスタンピングのためにカドモア大将がくらったサスペンションより1週間短い。

ついでながら、ハイネケンカップでノーサンプトンのハートリーに対し目つぶしをしたとして召喚されたカーディフのウェールズ代表、リッチー・リーズには12週間の出場停止。
ちなみにこの処分は(略

|

« 【ラグビー】 カタラン、振り出しに戻る | Main | 【ラグビー】 Top14第16節 »

Comments

スクレラ、カムバーック!

ひとのチームの正スタンドオフを金でぶちぬいておいて、契約一回で、まだ雇用もしていない選手と両天秤にかけるなんて、まったくもって許しがたい所業ですよ。
しかも、使えない選手ならまだしも、スクレラは不動のレギュラーじゃないですか。スクレラいないと負けるじゃないですか。
本当にいつまで大名のつもりでいるんでしょうね、トゥールーズは…。

まあ、他のチームを強くするくらいなら飼い殺しにする方を選ぶチームですから、スクレラは残ると思います。

Posted by: machvili | 2011.01.11 at 07:18

ああー、すみませんでした!…本来全然引っかかるような言葉じゃないのに、ごめんなさい!

トゥールーズも最近はあちこちのクラブから主力を狙われるようになって、Top14も変わりつつあるのね…と思ってます。

スクレラは交渉でせり上げをやるようなタイプにも見えないから、残留しそうな気がしますよね。怪我がちだし、なんだか低い条件で合意してしまいそう。

スクレラが気の毒なのは、どうもサポーターにそれほど愛されていないように見えることなんです。彼らが好きなSOはミシャラクやトラン=デュックみたいなタイプだから…

Posted by: つき | 2011.01.11 at 21:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/50525231

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 中央山塊からブリタニックまで:

« 【ラグビー】 カタラン、振り出しに戻る | Main | 【ラグビー】 Top14第16節 »