« 【スペイン闘牛】 エンリケ・ポンセ ディナーショー | Main | 【ラグビー】 まずはこれ »

2010.12.21

【ラグビー】 年末進行ななめ読み 欧州カップでの出来事(1)

フランスの他クラブの選手たちはクリスマス休暇に入っているだろうこの火曜の夜、トゥールーザンは何が悲しゅうてかハイネケンカップのグラスゴー戦を戦います。

そもそも土曜に予定されていたこの試合がのびのびになったのは、実は欧州の悪天候のせいではなかった。グラスゴーの選手たちが試合で着用するジャージその他の入った荷物が、トゥールーズに移動中に行方不明になったらしいのです。
予定通りに開催したいトゥールーズは、必要なものはすべてそろえてお貸ししますよ、と提案した。しかしグラスゴー側は選手個々に合わせたたとえばコンタクトレンズとかシューズなしでプレーするのはハンディキャップであるということにかこつけて(と書いてある)、トゥールーズの申し出を断ったらしい。

そんなこんなで試合はいったん日曜に延期、しかし荷物は依然届かない。結局これも中止され再度火曜に延期となりましたが、月曜の時点で、荷物はまだロンドンでブロックされているという…


ノヴェっさんのすごいところは、広報を通さずに(たぶん)どんどん電話取材に答えちゃうところだと思うんだけれど、ともかくノヴェっさんは、この試合を楽しみにしていた約2万人の観客のことを思うと憤慨に堪えない、とピキピキしてます。私の選手たちはシューズくらい自分で持ち運ぶわい、と。
「サッカーのチャンピオンズリーグなら、試合は延期になったかな?考えられない。こんなことがあるのは我々のスポーツくらいじゃないかね。たまげたよ(#^ω^)」


もちろん話はこれにとどまらない。この延期で、チケット払い戻し経費人件費もろもろあわせて、トゥールーズ側の損害額は現時点ですでに10万ユーロと見積もられている。
ERCは試合の延期について、トゥールーズ側に一度も連絡しなかった。「我々はコミュニケを通して、プレスと同時に延期を知ったんだ」、とトゥールーズのブスカテル会長。

ブスカテル会長自身は論争を起こすのは望まないとしながらも、スコットランドのラグビーはフランスのレベルにないことを再確認した、と言っている。
トゥールーズでは、試合は観客2500人の前半戦とは違う。それはイベントでありエコノミーだ…そのように、会長はグラスゴー側と、それからERCの"アマチュアリズム"を嘆いてます。さて今夜。

|

« 【スペイン闘牛】 エンリケ・ポンセ ディナーショー | Main | 【ラグビー】 まずはこれ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/50361040

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 年末進行ななめ読み 欧州カップでの出来事(1):

« 【スペイン闘牛】 エンリケ・ポンセ ディナーショー | Main | 【ラグビー】 まずはこれ »