« 【ラグビー】 今週のいろいろ | Main | 【ラグビー】 スタッド・フランセとオールブラックスのお話 »

2010.12.03

【ラグビー】 オスカーの夜

Oscar2010b←金、銀、ブロンズのお三方
ミディ・オランピックのオスカー授賞式も58回目(らしい)。今週月曜、パリのPavillon Gabrielで200人以上が出席して行われたセレモニーの様子をちょっと。

まず、世界最優秀選手に選ばれたダン・カーターでしたが、アディダス販促のため欠席。喜びのコメントを録画したビデオと、お詫びのサイン入りジャージが寄せられた。
欧州最優秀選手はジョジオン。それからTop14最優秀外国人選手賞に輝いたウィルキンソンには、元フランス代表のフランク・メスネルがトロフィーを手渡しましたが、ウィルキンソンの大ファンだというメスネルがむしろ感激していた模様。

                        Laceg_2

さてコーチ賞の方では、読者の投票では欧州王者トゥールーズのノヴェスコーチと、フランス王者クレルモンのコッターコーチのどちらか1人を選ぶことができなかったため、2人そろって受賞ということになりました。
ノヴェっさんは映画"Le Fils à Jo"の主演俳優ジェラール・ランヴァンからオスカーを贈られた。

一方コッターにトロフィーを渡したのは、昨季準決勝でクレルモンに敗れたトゥーロンのサンタンドレコーチだったという。どういう演出なんだろう。
もっともサンタンドレコーチは、クレルモンは勝利にふさわしかったと、その栄誉をたたえました。

そして、週末はマルセル=ミシュランでクレルモンと激突する予定のノヴェっさんもまた、コッターを持ち上げる。
「私は彼(コッター)に言いたい。彼はいいやつ、なごやかな時を共に分かち合う真の男だと。我々の友情が今まさに生まれようとしている」
ノヴェっさんが"キツネ"と呼ばれるゆえんである。
このエントリもあわせてお読みになられるとなおいっそう趣が深いかと思われまス)

                        Laceg_2

それからセレモニーはTop14の年間最優秀選手の表彰へ。ブロンズのアリノルドキは、この機会を"心のクラブ"ビアリッツへの愛を伝えるために役立てた。
銀のセルヴァのプレゼンターは元サッカー代表GKファビアン・バルテズ。そして、栄えある金のオスカーは、オランジュのデルフィーヌ・エルノットの手からパラに。

                        Laceg_2

この夜特筆すべきは、ラグビーのレジェンドへのオマージュ。会場には、世界の偉大な10番たちが招かれました。
フランスのピエール・アルバラデジョ、フランク・メスネル、ジャン・ガシャサン、ジャン=ピエール・ロムーとジャン=パトリック・レスカルブラ。アルゼンチンのウーゴ·ポルタ。ウェールズのニール・ジェンキンスとフィル・ベネット。南アフリカのナース・ボタ。スコットランドのジョン・ラザフォード。そしてイタロ=アルゼンチンのディエゴ・ドミンゲス。

かつての名選手たちは、ミシャラク、トラン=デュック、スクレラの現役SOたちから賞を受けとった。

Oscar2010c

(photo: La Depeche, rugbyrama)

|

« 【ラグビー】 今週のいろいろ | Main | 【ラグビー】 スタッド・フランセとオールブラックスのお話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/50195264

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 オスカーの夜:

« 【ラグビー】 今週のいろいろ | Main | 【ラグビー】 スタッド・フランセとオールブラックスのお話 »