« 【ラグビー】 アルゼンチン戦の23人 | Main | 【ラグビー】 アルゼンチン戦スタメン »

2010.11.16

【ラグビー】 ウドちゃん失意の告白

たとえばリエヴルモンがエステバネズをもう少しテストしたいと考えているとしても、そもそも所属クラブの反対で7人制の招集を断った彼らを、罰として夏のテストマッチから干して、貴重なテストの機会をむざむざつぶしたのはホント。LNRが選手たちをリストに戻すように求めたにもかかわらず。

もちろん南半球に出発する前に、6Nグランドスラムのチームのあれほどの大惨事は予想してなかったでしょうが、迷走してるな~という代表スタッフであります。

                        Laceg_2

フィジー戦でのいいパフォーマンスにもかかわらず、アルゼンチン戦メンバーからまさかの落選をしたウドちゃんが、インタビューに答えてます。(おいおいしゃべっちゃって大丈夫なの…)
彼によれば、リエヴルモンからそのことを伝えられたのは、実はフィジー戦の前、土曜の朝だったと。リエヴルモンの話はごく短いもので、たいした説明はなかった。ショックを受けたウドラオゴでしたが、

「受け入れなければならない。部屋に戻って、フランソワ(トラン=デュック)やジョフレー(ドゥメル)と電話でその話をした。彼らは"全力で自分の試合をするんだ"、と励ましてくれたよ」


アルゼンチン戦の会場は地元モンペリエ。ウドラオゴは家族や身近な人たちの前でプレーしたかった。それは1年前のメダールのケースとよく似ています。
でも、リエヴルモンは30選手にそれぞれチャンスがあることを最初から伝えていたんだから、自分が外されたことを不当だとは言いたくない、と彼は言います。

「怪我と7人制の招集の問題で、僕は長いこと代表に呼ばれていなかった。それからまた最初の試合をプレーする前に、それがもう終ったことを知った。すごいフラストレーションだし、難しい状況だ。スタッフに本当に信頼されているのかよく分からない。その後で、気を取り直そうとした。フィジー戦でプレーできるなんてツイてるんだと自分に言い聞かせてね。それでも、ナントのグラウンドではとても幸せだったよ。
僕の試合がどうであれ、監督の考えは変えられないと分かってた。僕は全力でいい試合をした、そういうことさ」


フィジー戦の後で、リエヴルモンは彼にオーストラリア戦に呼ぶかもしれないと言ったらしい。
土曜の夜、ウドラオゴは、チームメイトを応援するためにスタッド・デ・ラ・モソンに行くつもりでいる。それでも僕たちは1つのチームなんだ、がっかりしたくらいどうってことないよ…そんな話をしてます。

|

« 【ラグビー】 アルゼンチン戦の23人 | Main | 【ラグビー】 アルゼンチン戦スタメン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/50046473

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 ウドちゃん失意の告白:

« 【ラグビー】 アルゼンチン戦の23人 | Main | 【ラグビー】 アルゼンチン戦スタメン »