« 【ラグビー】 ハイネケンカップ・ラウンド2(2)、とチャレンジカップ | Main | 【小説】 『野火』のこと »

2010.10.20

【日記、スポーツ】 誰にも等しく朝は来る

張り切って早起きしたオット(ミランファン)は意気消沈して仕事に行ったけれども、「まあそんな日もあるよね」という思考のできる人なので、気は合っている。あったりまえじゃない勝負事なんて勝つ日も負ける日もありますがな。
というかむしろ、私はスポーツなんてのは人生で負け方を学ぶものだと思っているし、そこに機微といったものがあるんだと思う。

世界ではワールドカップで負けたといって女房をぶん殴るDV男が社会問題になるようなケースも聞くけれども、はっきり言ってそんなのは競技への愛じゃなく、ゆがんだ自己愛の投影にすぎない。
大岡昇平の『野火』の一文を恐れ多くもお借りしていうならば、

降格争いを知らないスポーツファンは、半分は子供である。

|

« 【ラグビー】 ハイネケンカップ・ラウンド2(2)、とチャレンジカップ | Main | 【小説】 『野火』のこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/49797102

Listed below are links to weblogs that reference 【日記、スポーツ】 誰にも等しく朝は来る:

« 【ラグビー】 ハイネケンカップ・ラウンド2(2)、とチャレンジカップ | Main | 【小説】 『野火』のこと »