« 【ラグビー】 ハイネケンカップ ラウンド1 | Main | 【ラグビー】 ひっそりチャレンジカップ »

2010.10.13

【ラグビー】 ザウザウの新天地と若手の試練

サッカーでの幾多の苦い経験から、まあ私は移籍のニュースには必要以上に懐疑的かもしれない。
今回のザウザウの話も、なんだか終始ミョーな感じだと思った。ラグビーファンも、最初は彼は国外か南半球に帰るものと思っていたようだった。
その後、移籍金ナシならほしいよ、というクラブが続々と噂に上ったれど、気にかかったのは、今後、裏取引でわざと騒ぎを起こして解雇になろうとするような選手が出てきやしないかということでしたナ。ええかつてそんなことがありましたよPSGで…。アジャンは後できっちり移籍金を請求したけれども。


そのザウザウの行き先は、最終的にトゥールーズでした。3月まで長期離脱中のダヴィド君のジョーカーです。
メディアの注目の下、月曜から始まった彼のトレーニングは非公開で行われた。いくぶんナーバスな雰囲気。ザウザウの代理人は、彼は1人でトレーニングしてすでに10㎏は落とした、と四捨五入的なことを言っている。

トゥールーズのスリークォーターラインには、すでにフィジアンのデラサウがいる。フランスで何年もプレーしているザウザウをあえてノヴェっさんがチョイスしたのは、シーズン中に南半球の選手を呼ぶよりは適応のリスクが少ないということもあるのかも。
しかしいずれにしても、まだコンディションの整わないザウザウと契約するのは「大博打」とノヴェっさんは言う。BKコーチのエリサルドは、ザウザウをウィングかセンターで起用するかについては明言しなかった。
「今のところ、私には他にしなければならないもっと大事なことがある。まあ1ヶ月後には分かるさ…」


Remitoulouseもちろんこれは新規の獲得ではなくジョーカーだ、という前提での話だけれど、
ラグビーファンの間では、下部組織出身の期待の若手センター、Rémi Lameratが使われなくなるかもしれないのを残念がる人も多かった。20歳。彼はウィズネスキやメルモズのように、出場機会を求めて出て行くのではないかと心配するファンもいる。
ミシャラクやポワトルノーといった育成の黄金世代のイメージが強いけれど、トゥールーズはここ2シーズンだけでもピカモール、ダヴィド、シルヴァン・ニコラといった、すでに他のクラブで活躍したフランス若手を補強しています。

クレルモン、トゥールーズ…優秀な育成組織を持つクラブはあれど、育った選手の多くをトップチームに上げているという点ではモンペリエやUSAPかもしれない。
育成や地元選手の起用は、スタッド・トゥールーザンの美しい価値だった。競争の激化でただちに結果が求められる現在のTop14で、それが強豪ならなおさら、若手を育てる余裕がなくなりつつあるのかもしれません。

マルク・リエヴルモンは代表監督の立場から、
Top14は攻撃的な選手を優遇しないので、いいセンターを見る機会がなかなかない。ザウザウが並外れた選手であることに変わりはないし、彼を見るのはかまわないが、私はこのポジションにフランスの選手を上げる方がよかったし、Lameratの方を見たかったのだが…といった話をしている。

|

« 【ラグビー】 ハイネケンカップ ラウンド1 | Main | 【ラグビー】 ひっそりチャレンジカップ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/49710043

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 ザウザウの新天地と若手の試練:

« 【ラグビー】 ハイネケンカップ ラウンド1 | Main | 【ラグビー】 ひっそりチャレンジカップ »