« 【ラグビー】 再会の物語 | Main | 【日記、猫】 絶句する時 »

2010.10.03

【ラグビー】 バスクダービーいまむかし(1)

ななめ読みまことにすまそ。


わずか6キロを隔て、バスク地方の覇権を懸けて戦われるバスクダービー。04年にバイヨンヌが1部に復帰して以来、今回で13回目を数えます。


伝統的にこのダービーについて言われるのが、"庶民のバイヨンヌと金持ちのビアリッツの対決"。バイヨンヌのサラゴイティ会長によれば、「バイヨンヌはより市民的、ビアリッツはよりブルジョワ的。今日ではもうそのような対立の話はされないかもしれないが、アイデンティは残っている」
そしてバイヨネにはなんといっても、フランス・バスクの中心都市はバイヨンヌなんだもんねという自負があるらしい。

ビアリッツの会長ブランコは、こういった根強い紋切り型には反論します。
「我々はブルジョワジーという点ではウマが合っているかもしれない。バイヨンヌには庶民的な面がある。しかし人々がビアリッツに来れば、市とクラブについて我々が彼らに与えていたイメージはたちまち壊れるだろう。とても和やかな雰囲気だから」

                        Laceg_2

フランスラグビー史をさかのぼれば、バスク地方の最初の強豪はバイヨンヌ。バイヨンヌは1913年に初のフランスチャンピオンのタイトルを勝ち取り、それから1934年に2度目の優勝を果たした…決勝でビアリッツを破って。
しかしビアリッツはこのタイトルを逃した翌年に初のブクリエを獲得し、1939年に2度目のタイトルを祝った。

この時代以来現在に至るまで、バイヨンヌは1943年にブクリエを掲げたきり。
一方ビアリッツは近年、2002、2005、2006年に3度のリーグ優勝を果たし、欧州カップの決勝も戦っている。

ビアリッツはその間に一度、1994年に2部降格が決定したことがある。実はこの時アギレラで勝ってビアリッツに引導を渡したのがバイヨンヌだったようで、バイヨネたちはビアリッツのグラウンドで踊ったという…。いまだにそのことを忘れていないビアリッツサポもいるらしい。
しかし不屈のビアリッツは1シーズンで1部に復帰した。入れ替わりに落ちたのがバイヨンヌで、以後約10年間の下部リーグ暮らしが待っていたらしいのである。

                        Laceg_2

もちろん両クラブのライバル関係は、バスクのアイデンティティの面でも存在する。たとえば、ビアリッツのサポーターにとっては、バイヨンヌのイムン、"Vino griego "(ア~レアレ~、っていうあれ。最近は代表戦でも聞かれる)はバスクの歌ではない。
1970年代にドイツ(墺のウド・ユルゲンス)やスペインでヒットした曲で、今ではパンプローナやバスク、ランド県一帯のフェリアで演奏されているのを、バイヨンヌサポが歌詞を変えて彼らの歌にした。

諸説あるようだけれども、オリジナルはポルトガルの曲と見られ、ドイツ人観光客が本国に伝え、それをまたドイツに短期滞在していたバスク人がこの地方に持ち帰った…?というようなややこしい経緯があるらしい。ビアリッツサポに言わせれば、ありゃドイツの歌だよ、ってことになるんだそーだ。


一方、バイヨネはビアリッツがクラブ名にバスクの名を冠しているのが気に入らない。かくして2006年4月、ビアリッツホームのダービーのとき、バイヨネたちは夜のうちにこっそり、スタジアム正面の"Biarritz Olympique Pays Basque "の"y"を1つ消し去った。残った文字は" Biarritz Olympique Pas Basque"。(ビアリッツはバスクじゃない)
ビアリッツのある幹部が、"Y盗難"について、被疑者不詳(contre X)のまま告訴したとかなんとか、というネタ話。
                        Laceg_2

そのような過去の因縁もありつつ、現在は両クラブとも有力なスポンサーを見つけて、財政的規模でも伯仲している。ビアリッツのスポンサーはCapgeminiの会長セルジュ・カンプ、バイヨンヌはアラン・アフルル。
バイヨンヌは88の株主と1万人のソシオを誇り、ビアリッツには7000人のアボネと465のパルトネールがいる。今季の予算はバイヨンヌが15,75 M、ビアリッツが15,39 MでTop14の6番目と7番目。

そしてスポーツの面でも、今季はわずか3ポイント差の5位と9位でバイヨンヌホームのダービーを迎えたのでした。(続)


↓なんだかんだでこんな光景が見られるのがこのダービーのいいところだと思うの

Basque

|

« 【ラグビー】 再会の物語 | Main | 【日記、猫】 絶句する時 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/49631335

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 バスクダービーいまむかし(1):

« 【ラグビー】 再会の物語 | Main | 【日記、猫】 絶句する時 »