« 【ラグビー】 追記ね | Main | 【ラグビー】 Top14第5節(4) その他の試合 »

2010.09.08

【ラグビー】 Top14第5節(3) 勝つ理由

ビアリッツ×スタッド・フランセ 19-11

今季ここまで3敗、必勝を期してアギレラにパリジャンを迎えたビアリッツが、後半の猛攻で圧倒。

向かい風の前半を6-6でしのぎ、ビアリッツはHTの後で一気に攻勢に出ます。押し込んで44分にカリッサのトライ。後半はほとんどスタッド・フランセ陣内でゲームは展開。
それでもボールをつなぎ始めると攻撃の形はできてるな、と思わせるのがパリジャンで、数少ないチャンスにバスタローが1トライを返す(67分)。しかしその直後、この日もインペリアルなヤシュヴィリが、48メートルの見事なDGでパリジャンからディフェンシブボーナスを奪った。


・この試合で復帰が見込まれていたトライユは、先月末にエスポワールの試合に出場した後、新たに内転筋に炎症を起こしたとのことで、もう少しかかりそう。
ヤシュヴィリの横でSOを務めたのは19歳のバラク。

・デュピュイにとっては古巣への帰還だけれど、彼は前半の終わりに足首を捻挫して交代した。

・ビアリッツの側ではマルコネが54分に出場、13年間過ごした元のクラブのチームメイト達と再会。
「いや、彼らとは電話もメールもしてないよ。僕達の間には敬意がある。試合の後で一緒にすごせるさ。でも試合の前はそれぞれがそれぞれの準備をしている。そんなものさ。沈黙は最高の準備なんだ」(マルコネ談)

・この夜のアギレラの観客席には、マルク・リエヴルモンの隣にA代表監督のマーニュ。そして視察にやってきたアルゼンチン代表のフェラン監督の顔。なるほど効率がいい。

                        Laceg_2

またビアリッツは急遽、11日にスペイン側のサン・セバスチャン、アノエタスタジアムで開催予定だったトゥールーズ戦を、最終的にアギレラで行うと伝えた。

どうやらチケットがアボネ(6000)のほか4000席しか売れていなかったようで、ビアリッツの幹部は興行的失敗を恐れ、リスクを負わないことにしたらしい。損益分岐点は全32,000席につき20,000席。ファンはおそらくチームの不振に失望して、遠征をためらった。

ビアリッツが勝ってサポーターの信頼を取り戻さなければならぬ背景は、こんなところにもあったのでした。先日カンプノウでのリーグ戦開催を発表したUSAPにとっても、ちょっと心配な話題かもしれない。

|

« 【ラグビー】 追記ね | Main | 【ラグビー】 Top14第5節(4) その他の試合 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/49382620

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 Top14第5節(3) 勝つ理由:

« 【ラグビー】 追記ね | Main | 【ラグビー】 Top14第5節(4) その他の試合 »