« 【ラグビー】 Top14第7節、など | Main | 【映画】 映画の記憶、2つ »

2010.09.23

【ラグビー、サッカー】 パリところどころ

Mardi Rugby Club : Cali TV avec Dimitri Szarzewski

美しいディミトリ師匠にカリファノが突撃。ここジャン=ブアンのそばのドミニシのお店だなあ。
この顔でこのオッパイ胸筋、パリの標高最高地点はテレグラフ通りだと思ってる人もいるかもしれないけど、違うね!

                        Laceg_2

ボクシスのトゥールーズ行きは"かもしれない"という段階で、まあ残る可能性もゼロではないんだから現時点でどうこういうことではないけれど、すでにトゥールーズと合意したなんて噂もあって、残留の可能性は低そうな感じだ。

決めるのはボクシス自身、と言ったマックスが、ある程度後継のあたりをつけているのかどうかは定かでない。前にも噂があったみたいに、レンスター(チェイカの前のクラブ)のセクストンが来るんなら、ぼかぁ悲しかないなあ、的なことを言っているパリファンもいる。
今季予算を縮小したスタッド・フランセに、どの程度の補強ができるのかは謎。あるいはグルチャガのコンバートで、またしてもアルゼンチン代表10番を育成するとか…?
いずれにしてもワールドカップ終了後に、選手の大移動が起きるだろうことは確か。チェイカ、どうする…

                        Laceg_2

モンペリエの好調は嬉しい。選手層を考えればシーズン後半が心配ではあるけど、まあガルティエはやりくりのうまい人だから。
移籍市場もサッカー並みに何が起きても驚かなくなりつつある昨今、モンペリエの出身や育成育ちの若者たちが、少しでも長く彼らの"心のクラブ"で、ユースの頃から応援してきたサポーターのもとでプレーできればと思う。マイヨの愛の物語のために。


私がサッカーに失望した理由はいろいろあるけれど、7割方の原因はオランピック・マルセイユ(以下OM)だといっていい。
私はライバルクラブだからといって闇雲に目の敵にするほど狭量じゃありませんが、OMが数々の疑惑の移籍でPSGの選手を引き抜いたやり方は、さすが黒い関係の噂が絶えないクラブだけのことはあると思わされたものだ。

昨年の夏には、かつてPSGの魂と言われ愛されたアルゼンチン人選手がOMに行った。パウレタは彼の立場に理解を示しながらも、最後に、でもパリで彼と再会したかったよ…ともらした。
正直その移籍の話を聞いたとき、今季のフランスダービーは死者が出ると思った。そして実際1人のPSGサポーターが亡くなった。あまりニュースを追っていなかったから不正確かもしれないけど、彼の死自体はパリのサポーター同士の衝突が原因だという。OMのサポーターがパルク・デ・プランスに来ていたら、もっと恐ろしいことになっていたかもしれない。

実際OMのサポーターは、警備の問題にかこつけてパリに応援に来なかった。来られるはずがない。パリのウルトラの中には、昨年10月に新型インフルのためマルセイユホームでのダービーが寸前で延期になったとき、両クラブのサポーターの衝突で、パリサポの1人がマルセイエの車にはねられたことの報復をしたがっている者もいた。
また、延期された試合が1ヶ月後に開催されたとき、マルセイユのサポーターは、06年に警官に撃たれて死んだPSGサポーターを当てこするような横断幕をベロドロームに掲げて、パリサポの怒りに油を注いでいた。

迎えたパリホームでのダービーの日、パリのウルトラのフラストレーションは味方同士の間で爆発した…


ジャッキーがラシン=メトロの会長になってから、まるでパリにプチ・マルセイユがあるようだと思っていた。お返しのようにスタッド・フランセによるウィズネスキ獲得の噂が流れた時には、それが本当の話なら、両クラブの遺恨が気にかかった。
スタッド・ドゥ・フランスほど入れ物が大きくなると分からないけれど、パリのラグビーファンは比較的フェアプレーな人たちだという印象がある。でも、ラシンのスターシステムは新たなファン層を呼び込むかもしれない。これまでサッカーファンだったような、たとえば、本拠地の北の郊外の…

PSGのウルトラの対立は、非常に大雑把にいえばパリ対シテだと言われている。私はあの町のラグビーファンが、十分にパルク・デ・プランスの教訓を知っているはずだと信じている。

                        Laceg_2

バスタローとパリソン。太郎のシューズがピンクでかわいいんだよね。
NZでの騒動のとき、うさんくさいいろんな噂が流れたけれど、その中で唯一、早朝廊下で1人で泣いてる太郎をパリソンが見つけてドクターのところに連れて行った、というイメージが好きだった。

太郎がピカモールに殴られて云々なんて噂はどうでもいいけど、パリ市出身のピカモール(PSGファンでもある)と、郊外のシテ育ちのバスタローのケンカの噂は、なんだかパルク・デ・プランス両ゴール裏のウルトラ抗争を彷彿とさせるような話でもあった…

Bastapalisson

|

« 【ラグビー】 Top14第7節、など | Main | 【映画】 映画の記憶、2つ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/49526409

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー、サッカー】 パリところどころ:

« 【ラグビー】 Top14第7節、など | Main | 【映画】 映画の記憶、2つ »