« 【ラグビー】 Top14第2節(1) 魔の10分間 | Main | 【ラグビー】 トゥーロンがモテモテな件 »

2010.08.25

【ラグビー】 Top14第2節(2) あるいは自滅

Tlievremontバイヨンヌ×アジャン 27-0

バイヨンヌの夏のお祭りは続きます。マイヨールでトゥーロンを下したアヴィロン・バイヨネが、スタッド・ジャン=ドージェに帰ってきた。彼らを熱烈に迎える観客は17094人、動員記録らしい。

バイヨンヌはリアリズムをもって試合を掌握し、アジャンを完封。アジャンはスクラムで優位に立ちながらも、おびただしいハンドリングエラーでついにリズムを作れなかった。早くも非常に心配な感じだ。

スクラムについていえば、今季からバイヨネのFWコーチを務めるトマ・リエヴルモンは、ムッシュ・ラフォンのレフェリングについて小一時間問い詰めたいらしい。
「解説はスクラムを除けば良かったと言っていた。そうじゃない、スクラムは良かったがレフェリングがひどかった、それだけだ」
なんだかロリポップがトレードマークになりつつあるね。(画像)


Jmgonzoビアリッツ×トゥーロン 3-13

チケットがたちまち完売した一戦。開幕戦にホームでまさかの敗戦を喫したトゥーロンは、1981年以来のビアリッツのホームでの勝利。

ビアリッツはアリノルドキ、ローレが復帰。一方、RCTは前節微妙な出来だったハーフ団をコンテポーミ-ヘンジャックからウィルキンソン-シブレィに変更。
シブレィは昨年、コンテポーミがイタリア国籍取得でゴタゴタしてヘンジャックのEU外枠はどうすんだ、なんて話になってる間にジョーカーとしてビアリッツから来た若手SH。彼は負傷中のミニョーニに代わった。
怪我から戻ったウィルキンソンは、63分に正確なDGを決めている。

ビアリッツは、モンペリエ戦後半の不安がそのまま継続しているかのようなパフォーマンス。らしくないハイボールのキャッチミスで、26分にトゥーロンのこの試合唯一のトライを許したアリノルドキに象徴されるように。
ビアリッツだけでも17のアナヴァン(ノックオン、スローフォワード等ボールを前に出す反則を一括していう)。うち後半に12。

この敗戦の後、ビアリッツのFWコーチ、ジャン=ミシェル・ゴンザレズは、ブランコに辞任の意志を伝える決意をしたようだと報じられた。ミディ・オランピックは、スタッフと選手間の軋轢の存在さえ伝えている。
ブランコは昨日はパリにいて、その話はよく分からないと言っていたらしい。いずれにせよブランコはビアリッツに戻ってゴンゾと会い、今日にも公式発表がでるみたいだ。っていうかすごい胸!(画像)

そんなビアリッツの良い知らせは、トライユが復帰間近とみられること。4月末以来の不在、彼は昨日のトレーニングに参加し、金曜はエスポワールの試合に出る予定とか。


Teuletカストル×トゥールーズ 22-16

カストルの6ポイントリードで迎えた終了1分前、カストルがラックでファウル。「ラインアウトだ!」と叫ぶノヴェスコーチ。しかしトゥールーザンのラインアウトはカストルFWに気迫で阻止され、ボールはタッチに蹴り出される。終了の笛─
そのクラブ史上初めてスタジアムを移して開催されたリーグ戦、カストルはベジエのメディテラネに17,000人の観客を集め、昨季欧州王者に勝利。

前の週に昇格チームに敗れたカストル。しかもこの試合は昨季プレーオフの再現でもある。モチベーションにはことかかない。
一方のトゥールーズはピカモールとジョジオンが前節負傷、またスクレラとポワトルノーは休みをもらった(今週末はスタッド・フランセとのクラシコだからね…)。ハーフ団はベルガジョと19歳のSOジャン=マルク・ドゥサン。彼は初スタメンです。

しかしこの日のトゥールーザンは不調。ラックでディシプリンを欠き、ボールを失い、ラインアウトは劣勢、そしてハンドリングエラー。開始後30分で8のペナルティ。そして11のアナヴァン。「我々のプレー内容を考えれば、今夜は勝てるわけがなかった」、とノヴェスコーチ。
トゥールーザンには不運もあった。というのは、14分のカストルのマソエのトライは、グラウンディングの前にボールを離したようだったから。

カストルのFBトゥレ(この画像なんだかジャンフランコ・ゾラみたいよね)は髪型から歩幅のはかり方まで何から何までアヤシイが、その正確なキックはよくチームを助けた。

ところでこの試合中継の解説はファビアン・プルースでしたが、プルースさん最後に一言、なんて訊けるような雰囲気じゃありませんでした。へい…

|

« 【ラグビー】 Top14第2節(1) 魔の10分間 | Main | 【ラグビー】 トゥーロンがモテモテな件 »

Comments

つきさん、カヴ出場@ヴェルタ、よかったです。
ところでアリノルドキですが、鼻を護る奇っ怪なお面、すでに取れているんでしょうか? トレードマークになって、ずっとつけっぱなしとか!?

Posted by: neuron | 2010.08.26 at 18:02

はいー!ツール終ってさびしかったもので。でも世界選の調整なんですよね?途中で帰りそう…

アリノルドキの鼻ガードはダイジョウブ、取れてます。あれは怪しすぎる!
鼻ガードをつけてる選手は時々見かけますが、彼は鼻折って数日後だし(普通出ない…)、"スペシャル仕様"なんでしょうね。
ガムテープじゃんそれ!みたいな。あんなの見たことないです。

Posted by: つき | 2010.08.26 at 19:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/49240050

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 Top14第2節(2) あるいは自滅:

« 【ラグビー】 Top14第2節(1) 魔の10分間 | Main | 【ラグビー】 トゥーロンがモテモテな件 »