« 【自転車】 私的・ツールドフランス1周め | Main | 【フランス闘牛】 サン・フェルミンである »

2010.07.14

【スペイン闘牛、フランス闘牛】 痛い話

パンプローナのサン・フェルミン祭をしめくくる今日は、フリとセバスティアンとペレラのおなじみ&楽しみなカルテル。この世代を代表する3人のトレロなのだろうけど、それぞれタイプ(スタイルも、性格も)が違っていて面白いです。
特にセバスティアンとペレラは、見ていてあんまり会話の成立しそうな感じがしないんだけど、そこはフリができた人だから、うまく2人の通訳をしてるように見えた、この間。


そのフリがおとといコヒーダされたのが気がかりだ。牛が角で突き上げるちょうどいい位置に、ヒトの股間はある。スペインのTV局のスイッチャーは、ものが血に染まった睾丸だろうが容赦なし。本人は出ると言ってるようだけど…
トレロは牛にコヒーダされようと、体の動く限りは基本、闘牛続行。セバスティアンも前にここで、牛にどつき回されてズボンの前が裂けたまま剣までやったことがある。心底尊敬した。そんなわけで闘牛ファンはけっこう、トレロの"すべて"を知っているのだ。

|

« 【自転車】 私的・ツールドフランス1周め | Main | 【フランス闘牛】 サン・フェルミンである »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/48868572

Listed below are links to weblogs that reference 【スペイン闘牛、フランス闘牛】 痛い話:

« 【自転車】 私的・ツールドフランス1周め | Main | 【フランス闘牛】 サン・フェルミンである »