« 【音楽】 梅雨明け | Main | 【自転車】 レースの一部 »

2010.07.20

【自転車】 彼らに幸運を

ユーロスポールのサイトを見に行って絶句した。トップページは鮮血の中で倒れている若い自転車選手だった。15年前にポルテ・ダスペの下りで亡くなったイタリア人選手。

あまりにも凄惨で悲劇的な写真…しかし非常に誤解を招く言い方だということは分かっているけれど、同時に、胎児のようにうずくまった姿勢で目を閉じ、血の海の中に横たわる彼は美しかった。


自動車の速度で走る選手たちを助けているのは、技術と経験と勇気と、ほんのわずかな運なのだろう。
それがサッカーでもラグビーでも自転車でもかわりはないけれども、私はジャーナリズムがなによりもまず、一流の選手と競技への敬意、そして人間への共感を伝えてくれればと思う。

|

« 【音楽】 梅雨明け | Main | 【自転車】 レースの一部 »

Comments

ファビオ・カサルテッリ。彼の事故死の翌日は、全選手が喪に服し集団でゴール。確かその翌日には、チームメイトのLanceが、彼に捧げるステージ優勝を成し遂げました。
それまではヘルメットをかぶるのを渋っていた選手達に、義務づけることにつながる大きな出来事になりました。
ヘルメットなしの昔のレースを見ると、今より断然格好いいとも思いますが、やはりロードレースには間違いなくヘルメットが必要だ、と思います。

Posted by: neuron | 2010.07.20 at 20:19

ランス・アームストロングのチームメイトだったのですか…ショックだったでしょうね。
たまたま事故の写真を見ましたが、頭からおびただしい動脈血が流れていて…一目見てこれは駄目だ…と分かるような状況でした。
教えていただいてありがとうございます、忘れられない名前になりそうです。

当時ヘルメットが義務づけられていなかったとは驚きです。昨年のフォイクトでしたっけ、ヘルメットをかぶっていても大怪我になりましたよね。
カサルテッリの死と引き替えに、命を救われた選手もいたのでしょうね。

たしかに女性といたしましては、ヘルメットなしで顔が見えた方が嬉しいのですが…

Posted by: つき | 2010.07.21 at 01:20

そういえば、自分が観始めた頃は「くだりはヘルメットしなきゃダメだけど、のぼるときは好きにしていい」というルールでした。だから、山頂でヘルメット持って待ってるチームスタッフがいたりしましたね。ヘルメットかぶらないでのぼってきた選手たちは、お腹に新聞紙入れたり、レインウェア着たり、と同時に「兜の緒を締めたり」忙しそうにいろいろやってましたわ。

その後、ずっとかぶってなきゃいけないルールになりました。・・・あれぇ? つきさんが最初に観た頃って、かぶってない選手いませんでした? 最近歳のせいか、記憶が・・・。

Posted by: miki | 2010.07.23 at 22:04

そういえば、自分が観始めた頃は「くだりはヘルメットしなきゃダメだけど、のぼるときは好きにしていい」というルールでした。だから、山頂でヘルメット持って待ってるチームスタッフがいたりしましたね。ヘルメットかぶらないでのぼってきた選手たちは、お腹に新聞紙入れたり、レインウェア着たり、と同時に「兜の緒を締めたり」忙しそうにいろいろやってましたわ。

その後、ずっとかぶってなきゃいけないルールになりました。・・・あれぇ? つきさんが最初に観た頃って、かぶってない選手いませんでした? 最近歳のせいか、記憶が・・・。

Posted by: miki | 2010.07.23 at 22:06

すいません、全然カンチガイかもです。山頂ゴールの時は脱いでのぼってもいい、だったかも。まあ、どうでもいいですね今さら(笑)

あ、暑中お見舞い申し上げます。あつい・・・

Posted by: miki | 2010.07.23 at 22:21

あっついですねえ…。冷房嫌いなので、軽く死ぬる感じです。去年買った○芝の扇風機はひと夏でモーターが焼き切れたので、今年は戦闘機から扇風機までプロペラならまかせろの○菱にしてみました。

ツールはまじめに見始めて3年目くらいですよー。
選手を見分けるのに苦労したから(ロットと毛ガニとか)みんなヘルメットかぶってたと思うんですが、うーんどうだったかな…

ヘルメットについては最近まで意外とゆるかったのですね。
あれって空気抵抗減のためかムレ防止か穴が開いてますが、スキンヘッドの選手などはあの形に日焼けするのかどうかが興味深いです。メーカーによってはかなりグロい!

たしか今年は冷夏と聞いたよーな気がしますが、長期予報なんてタコにやらせた方が幾分ましかもしれないですね。 mikiさんもご体調にはくれぐれも気をつけてくださいね。

Posted by: つき | 2010.07.24 at 02:34

おお、私もみつびしの扇風機です!去年買いました。インバーターの元祖ということで静かだし、信頼度高し!そういや去年の今頃は「いつガンダムを見に行ったらいいんだ?」で迷ってましたが、実は猛暑日が少なかったんですよね・・・。

「ヘルメットだって重くて上るのにジャマだ」って反発してた選手たちがいましたけど、のぼりでコケる(!)メンショフみたいな選手もいるわけで、義務化もやむなし。

『Rouleur』という有名なマガジンに、ゴール直後の選手たちを激写した生々しいポートレートが載ることがあって、「あの形」に髪型が波打ってんですよね。

スキンヘッドだった“あの”パンターニはバンダナを巻くのが好きだったので、ゆえに「海賊」というあだ名がついたんです。個性を出せる時代でした。そもそも直射日光はイタそう・・・。

つきさん、以前は「くだりで酔う」って仰ってましたよね。慣れたようでなによりです!ボーネンがカヴェンディッシュ並みに無敵だった頃につきさんが間に合わなかったのが残念ですー。でも、今のペタッキみたいに復活するかもしれんので、今後もよろしくです。

Posted by: miki | 2010.07.24 at 14:05

>私もみつびしの扇風機です!
同志!操作ボタンがイマドキのタッチパネルじゃなくて、足で押しやすいのもいいですよね(←女としてそれもどうか)

そうか、ボトルだって捨てるくらいなんだから、ヘルメットの重さは馬鹿になりませんよね…
山頂のヘンタイを見てると、登りで観客巻き込んで落車とか、いつかありそうな気がしますよ。ボラット今年もいましたが、年々芸のレベルが下がっていて残念です。

パンターニさん、サッカーでいうならジョージ・ベストのような人だったのでしょうかね。私はちょっとアクが強いくらいの選手が好きだな…
今個性を出すなら…私は最後のツール、アート好きランスの痛車をひそかに期待していました。

おかげさまで下りは鍛えられました!
ボーネンは、でも、マイヨヴェールを見ましたよ。あんなカッコいいマイヨヴェールって、まだ他に見たことないです。石畳無双も!今年のカンチェはありゃしょうがない、電チャリ以前に人間かどうかもあやしい…
ボーネン怪我が重いんでしょうか、早い復帰を願っております。

そういえばそろそろ撮影旅行の時期でしょうか?あのガンダムは素晴らしかったですー。

Posted by: つき | 2010.07.25 at 02:29

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/48915549

Listed below are links to weblogs that reference 【自転車】 彼らに幸運を:

« 【音楽】 梅雨明け | Main | 【自転車】 レースの一部 »