« 【自転車】 ツールはボルドーへ | Main | 【自転車】 »

2010.07.25

【自転車、フランス闘牛】 凱旋門がプロトンを待っている

今年のツールも今日が最終ステージ。いろいろと見逃しているので、再放送を見ながら恒例の"いまさら日記"でもやろうかと思います。
特に18ステージは、フランスの闘牛最マッド地帯の1つ、ランド県縦断のコースだったのにあんまり見られなかった。ガルディアンは南部海岸地帯のカウボーイだけど、あのあたりにも牧場があるんでしょうね。

前のエントリの画像は、カマルグのサント=マリー=ド=ラ=メールの闘牛フェリア。馬に乗っているのはエル・フリやファン・バウティスタといった本職の闘牛士たちです。


ほんとのことをいうと、このツールが始まる前には、自転車はもう潮時かなと思ってたんだけれど、やっぱり捨てたもんじゃないなぁと思えたのはカヴのおかげ。
スプリンターにもいろんなタイプがある。去年も書いたことだけれど、カヴに関して言えば、彼はすべての情熱をスプリントにかたむけて、誰よりも早くゴールラインを越えることだけを考えるのが一番いいんじゃないかな。それが一番彼らしい。マイヨヴェールがどうこうは、その後の話。

|

« 【自転車】 ツールはボルドーへ | Main | 【自転車】 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/48970732

Listed below are links to weblogs that reference 【自転車、フランス闘牛】 凱旋門がプロトンを待っている:

« 【自転車】 ツールはボルドーへ | Main | 【自転車】 »