« 【音楽】 誤解があってはいけないのですが、 (Andreas Dorau) | Main | 【ラグビー】 追記でーす »

2010.07.05

【ラグビー】 降格、また降格

DNACGがモントーバンに言い渡した3部降格は、先週FFRによって認められました。タルネガロンヌ県のプロラグビー終了のお知らせです。
昨年、DNACGの権限が強化されるという話があったけれど、ここ最近の大鉈がそれに関係しているのか、さっさと片付けてバカンスに行きたいからなのかは存じない。

ともかく、先週DNACGはD2のアルビとタルブにサラリー総額の制限を言い渡し、マルセイユに正式に4部降格の引導を渡し(クラブはCNOSFのスポーツ仲裁裁判所に訴えるとみられる)、そしてクライマックスはブルゴワンをめぐる二転三転の連載小説でした。


ここ数年慢性的な財政難。先週水曜までに準備金を作りギャランティを提出しなければならなかったブルゴワンは、この時点でD2降格の不安のただ中にいた。DNACGはもはや、「もうすぐ新スポンサーが…」では納得しません。
しかし水曜夜のLNRとDNACGとの緊急会議の後、木曜の午前に報道には一転、楽観ムードが漂いました。ブルゴワンは来季もTop14でプレーするだろうと報じられ、事実ブルゴワン幹部も、LNRとDNACGが1部残留を認めたと主張した。同じ日に発表された来季のスケジュールにも、クラブの名はしっかり記載されている。

ところが事態はその日の内に一変。DNACGはブルゴワンにTop14どころか、プロディビジョン(Top14とProD2)への来季のエントリーを認めないことを決めたのでした。すなわちこのままいくと、モントーバンと同じく3部降格です。
ブルゴワンはリーグに対し、司法手続きを起こすことを決めたらしい。


先日元ブルゴワンのシャバルは、マイヨ愛の話の中で、古巣への思いもまた語っておりました。人々は今でも、シャバルといえばあの空色とガーネットのマイヨの俺を思い描く。俺は一生ブルゴワンのカラーを心にしまっておくよ…
なんとか踏ん張ってもらいたいものですが、一方、昨季最下位でD2に降格したアルビは、サラリーカットなどで健全化をはかりつつ、もしもブルゴワンが降格した場合の敗者復活に備えてアップしている模様。

|

« 【音楽】 誤解があってはいけないのですが、 (Andreas Dorau) | Main | 【ラグビー】 追記でーす »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/48804903

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 降格、また降格:

« 【音楽】 誤解があってはいけないのですが、 (Andreas Dorau) | Main | 【ラグビー】 追記でーす »