« 【フランス闘牛、スペイン闘牛】 セビージャのフェリアと、バイヨンヌのカルテル | Main | 【ラグビー、闘牛】 パスがつなぐ文化 »

2010.04.18

【スペイン闘牛、フランス闘牛】 フェリア・デ・アブリル@セビージャ 8、9日目

4月17日 トロ: ガビラ

モランテ・デ・ラ・プエブラ
アレハンドロ・タラバンテ
ダニエル・ルケ


コリーダの進行中、ブルラデロ・コムの中の人は、「セビージャではいつになったら牛はトレロに向かっていくのだろう」とツィートしていたものだった。
前日フリが皇子の門から名誉の退場を果たした時には、久々にちゃんと動いてる牛を見たような気がしたのですが、この午後のガビラ牧場の牛はまたもディシプリンなき牛たちだったのであり、しばしばムレタを通過して走り去る牛をトレロたちは懸命に追いかけるはめになったのでした。

実際、モランテさんは1頭目のファエナを早々に切り上げた。(えっもう剣?)
気の毒だったのは最近ちょっとツキのないルケで、3頭目の牛が交換になった後、出てきた牛は2度ほど馬から逃げた。6頭目の前には、逆さまに落ちた帽子を即座に直し、砂を一握り載せて重しまでしたルケでしたが、この牛もまたいけなかった。

そんな中で、もっとも観客の拍手が大きかったのはタラバンテ(と、ルケのカポーテ)。2頭目の牛は比較的扱いやすく、5頭目の牛は難しかったけれど、頑張ってよくパセをつなぎ、最後は牛をコントロールしてマエストランサを沸かせた。
耳も取れたかもしれないけれど、残念ながら剣がよくなかった。2頭目については、ちょっと時間も短かったのかもしれない。

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

16日の8日目はどしゃぶりの雨。セバスティアンとペレラは牛にも恵まれなかったけど、実際今のフリ(耳3枚でポルト・デュ・プランス)は勢いが違った。彼の後では何をやってもキビシかろう。

それにしてもセビージャ、天気が不安定。砂場の雨よけマットを大の男たちが数十人がかりで片付けるのに、何度か開始がちょっと遅れている。
この季節はそんな感じなのかどうか、2年ほど前のフェリア・デ・アブリルの映像を見たことがあるけれど、やはりムレタを支え持つのがせいいっぱいな感じの強風と、断続的な豪雨の中でした。(そして見るからに重馬場に強そうなマンサナレスがグランド・ポルトしたのである)


カポーテをくわえててるてる坊主と化す。「まあ人生も闘牛も照る日曇る日ですよ」

201004sevilla4

|

« 【フランス闘牛、スペイン闘牛】 セビージャのフェリアと、バイヨンヌのカルテル | Main | 【ラグビー、闘牛】 パスがつなぐ文化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/48116840

Listed below are links to weblogs that reference 【スペイン闘牛、フランス闘牛】 フェリア・デ・アブリル@セビージャ 8、9日目:

« 【フランス闘牛、スペイン闘牛】 セビージャのフェリアと、バイヨンヌのカルテル | Main | 【ラグビー、闘牛】 パスがつなぐ文化 »