« 【ラグビー】 寛容と敬意 | Main | 【ラグビー】 書き忘れてたけど »

2010.03.20

【ラグビー】 パリソンとブリーヴのイングランド人

なんにしても今回、代表でのパリソンのプレーを見られたのは嬉しいですハイ。

ブリーヴの前のコーチ、オリヴィエ・マーニュは、パリソンのことを「とても勇敢で、ちょっとドミニシを思い出す」、という。
マーニュ去りし後のブリーヴのラグビーが、彼に合ってるのかどうかは分からないんだけれど、ともかく若いパリソンは、仏英の2つのラグビーの間でいろんなことを学んでいるようなのです。


「僕は特にジェイミー・ヌーンと、ちょっと英語で話をしてるよ。彼がフランス語で話しかけて、僕が英語で答えるんだ。そんなふうに、僕達は2つの言語を学んでる。トレーニングは2カ国語で行われる。よく理解できるようになったし、ラグビー用語ももうちょっと話せるようになった。
彼らはすっかり溶けこんでる。僕達より勉強熱心だよ。彼らのラグビーはより戦術的な枠の中にあって、彼らはそこから出ない。僕達はというと、図式はあるけど、それでもうまくイニシアティブがとれている。ブリーヴにはちょっと違った2つのラグビーがあるけど、どっちも有効だよ」

Malzieupalisson

Marcoussis2010317

|

« 【ラグビー】 寛容と敬意 | Main | 【ラグビー】 書き忘れてたけど »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/47855576

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 パリソンとブリーヴのイングランド人:

« 【ラグビー】 寛容と敬意 | Main | 【ラグビー】 書き忘れてたけど »