« 【ラグビー】 そしてアトゥブは | Main | 【ラグビー】 寛容と敬意 »

2010.03.18

【ラグビー】 さらにハスケル

(プリントアウトしといたのを一気に読んだ。頭がゴチャゴチャしている。間違いあったらゴメン)


「我々は難しい状況が好きだが、それでも今季は異常だった。3人の十字靱帯損傷と、2人のサスペンション。19選手不在でラシン戦を戦ったし、トゥーロン戦では2トライが認められなかった…」
(マックス・グアジニ談)

かようにタイヘンなシーズンを送っているスタッド・フランセであります。
そもそもここ最近のチームのブリタニック化傾向については、それはちょっと冒険だぜと私は思っていたんだけど、今月の初めには、やはりというか、イングランドの協会との間で新たな問題が持ち上がってしまった。


6日にTop14の21節、トゥールーズ戦@SDFをひかえていたスタッド・フランセは、このクラシコに、イングランド代表に招集されているハスケルを呼び戻したかった。
シックスネイションズの3節と4節の間の週末で、代表戦はお休み。スタッド・フランセはRFUにハスケルを自由にしてくれるように頼みましたが、RFUはあっさりこれを断ったのでした。

「スタッド・フランセはイングランドのクラブではない。イングランドの協会とイングランドのクラブの間の合意にはとらわれない。我々はシックスネイションズの前のキャンプについては親切にしたというのに」
(マックス談)


RFU側は、"それについては昨年夏にスタッド・フランセとの間で合意にサインしたんだから、ハスケルを自由にする義務はない"、と主張した。
しかしそれを受けて、2日、スタッド・フランセはコミュニケを出した。RFUの主張とは反対に、スタッド・フランセは彼らといかなる合意にもサインしていない、と明言。RFUはトゥーロンかどこかと混同してるんじゃないかと。

スタッド・フランセ側は、"RFUはイングランドのクラブに報酬を払って合意にサインしているのであり、フランスのクラブはそのケースではない"、という。
そして同時に、ハスケルにクラブに戻ってくるように求めた。実際、ハスケル自身はレキップの取材に、「僕はトゥールーズ戦でプレーしたい。でも、代表は僕を放してくれないんじゃないかな」、と打ち明けてました。


3日、RFUはスポークスマンを通して、改めて、"ハスケルは週末イングランド代表に残る。彼のスタッド・フランセとの契約は、彼が代表の全ステージに参加できると定められているのだから"、と断言した。


4日、マックス・グアジニはさらに反論します。
「ハスケルの契約では、単に秋のテストマッチが始まる前の1週間と、シックスネイションズの前の1週間、選手を自由にしなければならないと記されているだけだ。しかし、彼らは越権行為をしている。我々はイングランドの処罰を求めるために、シックスネイションズの委員会に訴えた。我々にとって、損害は著しいから」

この週末は、IRBの規則の中で、代表が選手を使える期間から外れている。実際、フランスやスコットランド、イタリアの代表選手たちは、彼らのクラブに帰っている。他の国とは問題はない。どうしてイングランド代表はハスケルを人質として扱うことにしたのか?とマックス。


もめにもめた1週間の果てに、RFUは今後フランスでプレーする代表選手について、招集の方針を見直す可能性さえほのめかしました。
実際私も、波及する影響が大きいので、マックスはそこまで強硬にならなくともいいんでないかしら、とも思ってた。マックスはここ最近戦闘モードに入っちゃってるみたいだ…

しかし一方で、(昨今はプレミアシップの外国人選手も流出傾向にあるとはいえ)イングランドラグビーは他国の代表選手を集めて多くの利益を享受してきたのであり、この種のダブルスタンダードと他文化に対する不寛容は、アングロサクソンの社会に顕著な傾向であるなあ、とも思うのです。

今週、スタッド・フランセはこの件でIRBに訴えることを決めたらしい。うーんIRB。今は例の別件がなあ…

|

« 【ラグビー】 そしてアトゥブは | Main | 【ラグビー】 寛容と敬意 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/47842704

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 さらにハスケル:

« 【ラグビー】 そしてアトゥブは | Main | 【ラグビー】 寛容と敬意 »