« 【ラグビー】 デュピュイ、五輪委員会に訴える | Main | 【ラグビー】 さらにハスケル »

2010.03.17

【ラグビー】 そしてアトゥブは

ちょっと今月の初めに話を戻しますと、デュピュイと同じく、ハイネケンカップでの目つぶしの疑いで70週間のサスペンションを科されたアトゥブ。彼の異議申し立ては、4日にERCによって棄却されました。

アトゥブ自身は「大して期待はしてなかった」とのことで、今後はFFRとLNRの調停委員会に訴え、それから必要があればCNOSFに訴えるという。スポーツ仲裁裁判所に行かなければならないのなら、行くよ、と話してます。


彼はERCに対して怒っている。委員たちは、1回目の審議の時の同僚(イングランドのジェフ・ブラケット氏ですナ)に逆らいたくなかったように感じられた、と。
そして、「フランス人の処分が、異議申し立てで軽減されたことはないことを忘れないで」、と記者たちに訴えかけました。

「僕は1枚の写真でとがめられた初めてのラグビー選手だ。写真はたった1枚。鑑定結果もあれが故意の行為じゃないことを示していたのに」


アトゥブはさらに、アイルランドHOフラナリーがパリソンに対するラフプレーで受けたサスペンションが、たったの6週間だった件についても尋ねられた。
「少し腹立たしいよ。フラナリーのファウルは、通常少なくとも8週間の出場停止が科されるものだ。彼も再犯*で、最終的に最小限以下の罰しか受けなかった。僕には理解できない」

* アトゥブの重い処分は、彼が以前6週間のサスペンションを科されたことがあるのを考慮に入れたものらしい。5年前に対戦相手を殴ったため)

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:

今後アトゥブは、デュピュイと同じように、国内リーグでプレーするために処分の分離を求めていくことになります。
それに関して昨日、IRB会長のラパセが、"規律上の処罰はすべてのコンペティションに区別なく適用される"、というIRBのレギュレーションの原則を改めて確認する発言をしました。

ラパセはデュピュイとアトゥブのケースについては言及を避けましたが、世論によって処罰に差が生じないように、というような話をしたみたいなのね。

ラパセの発言が、デュピュイとアトゥブのこれからの調停にどのような影響を与えるのかは分かりません、が…ならばそもそも最初の段階で、ネイションによりけり処罰に差があるっぽいことについてはどうですのん、会長?

|

« 【ラグビー】 デュピュイ、五輪委員会に訴える | Main | 【ラグビー】 さらにハスケル »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91018/47836978

Listed below are links to weblogs that reference 【ラグビー】 そしてアトゥブは:

« 【ラグビー】 デュピュイ、五輪委員会に訴える | Main | 【ラグビー】 さらにハスケル »